1
/
5

なにをやっているのか

初めまして、株式会社アトモニ代表取締役の栗田です。2023年1月に開業、人事課題、まずは採用課題を解決できるパートナーとして広島県をベースに瀬戸内エリアで活動しております!
法人登記をした場所は「いいオフィス広島」さん。ベンチャー企業様が多く利用されており、23年度には隣に広島大学法学部も移転されてくる場所です。更に盛り上がる場所になります!
株式会社アトモニは、2023年1月に広島県で創業をした、採用活動の支援を行う会社です。 もう少しご説明をすると、採用した「あとも」考えながら、アドバイスだけではなく「ともに」手を動かす、企業の人事課題を解決するためのパートナーです。 特別なIT技術を持ったHR Techサービスでもなく、革新的な新しい採用概念を生み出したわけでもありません。 私にあるのは、関西圏でのエージェント経験、首都圏での人材採用コンサルタントの経験、そして地方企業での人事経験。合計で10年少しの人材領域の経験があります。 これらの経験から下記を事業として進めています。 ①企業様の人事活動の支援(特に採用) 代理店を行う予定はなく、限られた媒体を売ることはしません。企業様の本質的な課題を特定し、フラットな立場でご提案および共に行動をしていきます。それはパッケージ売りではなく、企業様1社ごとにカスタマイズをしていきます。 ※詳細はホームページご確認くださいませ! https://atomoni.co.jp/ ②江田島での教育研修事業 江田島「フウド」さんと連携をして、今期はアイディアを形にします。越境学習といった言葉がありますが、まさしく普段と異なる場所、異なる仲間と時間を共に過ごすからこそ、学びがあり、日々の業務に活かすことができるような教育研修事業をスタートします。 ※フウドさんホームページ https://fuudo.jp/ フウド代表の後藤さんとは「23年7月にモニター研修、23年10月に第1回目の研修」を行っていきましょう!と、先にスケジュールだけ決めました。 ③中高生向けのキャリアコンテンツ制作 まだアイディア段階ですが、まずは社会人の皆さんのインタビューをいったん100人くらいまとめたいと思っています。何が生まれるかは正直分かりません。 でも中高生に読んでもらった時に「あ、こういった生き方もあるのか」「こういった生き方をするには、こういった仕事もあるのか」など、1ミリでも影響を与える何かをこの数年かけて考えて手を動かしていきます。

なぜやるのか

知っていて選ばない。 知らなくて選べない。 この2つには大きな違いがあります。 関西圏でのエージェント経験、首都圏での人材採用コンサルタントの経験を経て、広島県に初めて来たのは2018年11月のことでした。 関西・首都圏では当然のように使っていた人事系サービスが、地方ではほぼ知られておらず、びっくりしたことを覚えています。 私は広島県生まれ、愛媛県育ちになり、大学も北海道と地方を選択しました。 「選択をしました」ではなく「あまり考えていなかった」が正しいです。 だからこそ偶発的に、最高の友人に出会えたり、もしかすると他の方が経験できていないこともあったかもしれません。 とは言え、こと「キャリア」で考えると、大学在学は10年以上前になるのですが、その時から就職合同説明会は首都圏が早く、実践型のインターンシップは地方には少なかった記憶があります。 企業様が人事活動をする、地方に住む若者がキャリアを考える。 この2点をとっても、悔しいですが、地方と関西・首都圏は「差がある」と思っています。 地方と首都圏(関西圏)の情報格差は今に始まったわけではありません。 5年後、10年後を考えたときに、今こそ行動するべきだと信じ、創業をしました。 まだ私1名の会社になります。 この数年で同じ志の仲間を集め、採用領域だけではなく、労務や制度設計など、人事領域のお困りごと全般にお応えができるような会社にしたいと考えております。

どうやっているのか

江田島での研修を一緒に進めていく、フウド後藤さん。すでに研修事業を複数進めていて、学ぶことがたくさん。アトモニ社は(今のところ)私1名だけですが、地域のプレイヤーと共に地域を盛り上げていきたいと思っています!23年7月にモニタープラン、そして23年10月には第1回目の研修事業を一緒に進めていく予定です!
前職の株式会社サン・クレア代表の細羽さん。独立をしても変わらずご期待を頂いていることに不義理をしないよう、変わらずご支援を続けています!サン・クレアは瀬戸内エリアで7ホテルを運営、コロナを契機に細羽さんは広島から人口270人の愛媛県松野町、目黒地区に移住。ホテル運営だけではなく、農業やこころの豊かさを追及しています。
私と業務委託の方4名で動いております(2023年5月時点)。 今期(2023年1月~12月)では、インターン生の採用、そして同じ志がある社員の方、もしくは委託パートナーの方を迎え、より強固なワクワクするチームで活動できるようにしていくことが目標です。 アトモニ社の考え方を再掲します。 ----- 採用した「あとも」考えながら、アドバイスだけではなく「ともに」手を動かす、企業の人事課題を解決するためのパートナーです。 ----- スカウト代行や面接代行などの採用活動の一部をご支援をすることもありますし、いわゆる採用戦略を立案、立案したものを実行、入社後のオンボーディングや制度設計までご支援することもあります。 人材業界のご経験がある方であれば、すぐに「労働集約型」と感じると思いますし、私もそのように思っています。 上記のことをやろうと思うと、採用目標数やご期待の範囲で変わってきますが、1名当たり3社様前後が限界と思っています。売上だけを考えると、すぐに頭打ちになります。 ただ、闇雲に社数を追いかけて、せっかくご期待をいただいたことに対して100%コミットできないことが続くと信頼も損ないますし、何より私含めこれからジョイン頂く皆さんの「心の健康」が保てないと思っています。 これは決して既存の人材系企業様を否定批判するのではなく、やっぱりご支援する以上は、業務の一部だけではなくて「入社した後も」支援をしたい!といった私のワガママになります。 ※企業様によって「入社前の募集団形成にコミットして!」といったご要望を頂きます。その場合は、もちろんその点にコミットを致します! 何よりも、人事における採用支援だけではなく、江田島での研修事業や中高生向けのキャリアコンテンツ制作を行っていこうと思うと、なおさら「心の健康」が必要と思っているのです。 これは、売上から逃げるということではありません。 むしろ逆で、やりたいことのために、シビアに売上を積み立てる。経費は最小に抑える。 この繰り返しで、やりたいことの実現に向けて進んでいきたいと思っています!