1
/
5

なにをやっているのか

あらゆるコミュニケーションがDX化していく現代、より人と人との接点の真ん中にメディアコミュニケーションがあると考えます。 コンサルティングからクリエイティブまでをワンストップで実行してクライアント貢献&新しい事業を生み出す、ハンズオン・コンサルティング投資会社。それがイーストブローです。 課題の見える化と分析を通じて、事業開発、事業・プロジェクト推進コンサルティング、ペーパーアプリケーション、Webコミュニケーション、映像プロモーションなど強力な実務力を発揮する各事業会社が連携しながら事業展開しています。 株式会社イーストブローは「風」を起こす企業体です。プロデューサー、ディレクターのプロ集団の会社を経営する中で、社員には「かまへんで精神」でチャレンジ精神を育み、お客様には「give(与える)精神」で信頼関係を築いていきたい、というのが会社の考えです。

なぜやるのか

<企業理念> メディアコミュニケーションで、ワクワクする未来をひらく。 <私たちの使命> •情熱的に、リスクを取って失敗を恐れず、「顧客第一」で貢献する •3C(Consulting & Creative Company)の力で、事業開発および顧客企業をパワーアップさせる •事業開発および顧客企業支援を通じて社会課題解決と地方創生の実現に寄与する <3つのバリュー> Try to 果敢にやろう Be a Professional プロフェッショナルであれ Turn a Profit チームで貢献、確かな利益を <仕事のスタイル> 安定志向ではなく新しいことにチャレンジすること。 ①目の前にいるお客様を喜ばせる ②お客様の後ろにいるエンドユーザーを喜ばせる ③社会の為に役立つのかまで考える仕事をする

どうやっているのか

イーストブローは「メディアコミュニケーションでワクワクする未来をひらく」を理念に、現在は①コンサルティング・クリエイティブ事業、②映像制作事業の2事業会社で構成されています。 ①について⇒金融関係や保険業界のセールスプロモーション・企画制作、ベンチャーをはじめとする企業へのハンズオンコンサルティングおよび事業推進業務 ②について⇒セールスプロモーションの中でも映像に特化していて、テレビCMや企業のVP(ビデオ・パッケージ)、YouTube用の広告動画などをシナリオ制作や俳優のキャスティングから撮影に至るまで基本的に映像に関すること全般を担っています。 <なぜクライアントから求められ、新たな事業を創り出せるのか> ●社長をはじめ役員から従業員、アルバイトスタッフまで自由活発に意見が言えるオープンな社風です。 ●学歴は不問。だけどメンバーは自分の仕事に真剣で、常にどうすればよいかを徹底的に考えぬき、全力で立ち向かう。 ●寝ている時間以外はすべて仕事であり趣味。ゴリゴリに働き、ゴリゴリに遊び、サクッとしっかり休む。ベテランでも新人でも任された仕事の重要度は一緒。トライしてみたいことがやれるから、辛いこともあるけれど楽しい。合言葉は「夢中になろうよ!」 ●失敗は財産以外の何物でもない。反省は大切だけど、恐れる必要なしマインド。メンバーが成長する失敗なら上司の仕事は尻を拭くこと! ●どんな仕事であっても創造性と革新性なきものは無。ほんの小さな仕事でも、確かに僕らは世界を変えているんだ!だからイーストブローはメンバーの高い自主性と成長をエンジンにする。果敢に挑戦しよう! ●Be a Professional プロフェッショナルであれ!最初から最後まで責任を持って、自分の脳と身体を使って全力で取り組むのがプロフェッショナル。単なる専門性を獲得すればよいわけではない。誇りを持てる仕事を自由裁量で取り組むからこそ、感謝される。 <実績> 年間100件を超えるプロジェクトを実行し、数々のクライアントの事業を加速させてきました。 大手代理店から直クライアント、新規事業開発まで多種多様。 一部はポートフォリオに掲載中です。