1
/
5

なにをやっているのか

initが運営するプログラミングスクール事業「iOSアカデミア」
initが運営するシステムエンジニアリングサービス事業「init TECH」
init株式会社は2019年創業以来、「個の成長を通じて日本のテクノロジーを牽引するトップランナーになる」をミッションに掲げ、ITエンジニアがいつまでも成長を楽しめる事業を展開しています。 ■ プログラミングスクール事業「iOSアカデミア」|iOSエンジニア専門のオンラインプログラミングスクール「iOSアカデミア」を運営しています。 未経験からでもゼロから学習してiOSエンジニアとして就職まで導くため、 高品質なカリキュラムと挫折率を極限まで低減させるメンタリングサポートを提供しています。 卒業後もOB・OGとしてiOSアカデミアのコミュニティに継続して所属して貰うことによって、継続的なコミュニケーションによる情報のシェアや学習機会の促進を図ります。 将来的にはエンジニア人材数を増加させ、その後の学習機会も作ることで、 日本全体の開発力の底上げに貢献しています。 ■ システムエンジニアリングサービス事業「init TECH」|スマホアプリ開発をご予定の企業様に対して、最適なスキルを持つエンジニアをご紹介する、システムエンジニアリングサービス事業です。 【実績例】 スマホアプリエンジニア/プログラマー/エンジニアリングマネージャー/プロダクトマネージャー/プロジェクトマネージャーなど、 様々な開発現場に最適な人材をご紹介する事業を展開しております。

なぜやるのか

エンジニアとしてキャリアを築いてきた代表・山田。自身がエンジニアだったからこそ「エンジニアが安心して働ける環境をつくりたい」と強い想いが、今のinitに反映されています。
リモートワーク制度も導入しているinitですが、「全員で集まる環境を作る」ことも意識しています。個に合わせた柔軟な働き方が叶います。
ビジョン:誰もが安心して成長できる環境を創る ■ 最新技術を求められるIT業界で活躍するITエンジニアは、たえず自身のスキルや能力を磨きあげ、個の成長に対して意欲的な方が多いと考えています。 そのような成長欲があるにもかかわらず、さまざまな障壁で満足いく成長が叶わない場面が多くあると感じています。 「より高度な能力を身につけたいが、参考になるITエンジニアと出会えていない」 「ある程度能力が身についてきて、新しいことにチャレンジしたいけどできる場所がない」 「成長に時間を費やしたいのに、 エンジニア以外の業務や通勤時間にしばられ、非効率な時間の使い方になってしまっている」 initは成長意欲の高いITエンジニアに対し、これらの障壁をできる限り軽減し、全員が個の成長と向き合い、安心して成長を目指せる環境をつくりたいと考えています。 ====================== ▼initが取り組む環境づくり ・フレックス制度(コアタイム11:00~16:00) ・リモートワーク制度(週1~2出社) ・学習教材購入費用支給 ・ガジェット購入費用支給 ・レジャー費用支給 ※釣船、ダーツなど趣味となる遊びに対しても適応 ・退職金制度 ※勤続年数3年以上より適応 ・各種休暇|産前産後休暇、育児・介護休暇、子の看護休暇、慶弔休暇、特別休暇、公務休暇 他 ・各種手当|役職手当、営業手当、家族手当、通勤手当、残業手当、休日手金手当、深夜残業手当 他

どうやっているのか

仕事で成長するためには、仕事以外の時間が充実することが重要だとinitは考えています。initでは、定期的に従業員同士でリフレッシュと親睦を深めるために、さまざまなレクリエーションを実施しています(写真は、去年に実施した社員旅行で釣りをした時の様子です)。
自身の開発スキル向上や、会社のさらなる発展の為に技術カンファレンスにも積極的に参加。
initは3つのバリューを大切にしています。 ■ バリュー:「会社として大切にしたい価値観」と定義し、 initとして意思決定する際の大切な価値観として、これらを大切にしています。 ====================== ①成長<Growth potential> 成長に終わりはなく、完成はない。 成長は「手段」だが、我々にとっては「目的」でもある。 この成長がITサービスの成長に寄与し、ITサービスの成長は日本全体のテクノロジーの成長に寄与する。 ②持続可能<Sustainable> 持続できない成長環境は、意味がない。 成長とは短距離走行ではない。終わりなく走り続けることであり、継続できる期間が長いほど大きく成長できる。 肉体、精神、生活のすべてが豊かな状態であることが、成長し続ける条件である。 ③心理的安全<Psychological Safety> 痛みなくして成長はない。成長とは時に辛く、不安で、諦めたくなるものだ。 成長し痛みを知る人は、他者に対して優しくできる人である。 我々は成長を求める仲間の痛みを知り、時には支え合うことができる存在でありたい。 ====================== そして、これらの価値観を大切にするために、 initはクレドを基準に行動します。 クレドを「会社が心がける行動指針」と定義し、 initの行動の信条として、これらを大切にしています。 ====================== ①常に変化を求めて挑戦する 成長とは常に変化し続けることであり、常に上を目指して挑戦し続けることである。 現状維持は「衰退」と捉え、常に自分の限界を超えていく。 ②無理をしすぎない 成長を目指す人たちは「無理をする」のが大得意だ。 無理をすれば爆速で伸びるけど、すぐにバテて続けられなくなってしまう。 短期的な成長よりも長期的な成長を大切にする。 ③成長するために、プライベートを大切にする 成長を目指す人たちは「プライベートを生贄に捧げる」のが大得意だ。 人生を走りきった時に「充実していて幸せだった」と言える人は、仕事もプライベートも同じくらい時間をかけて大切にした人である。 成長し、幸せな人生を送るためには、仕事もプライベートも両方大切にする必要がある。 ④スキルよりも、人柄を重視する 発言と行動に問題があるけどスキルがあれば許される、は間違っている。 人柄が良く、まっすぐで、素直に向き合える人であれば、スキルが劣っていても構わない。 相手の話を聞き、相手を想いやり、相手の視点に立って行動できる人を最大限に評価する。 ====================== initは、成長意欲の高いエンジニアが、いつまでもチャレンジできる環境をつくることに力を入れています。 会社もメンバーも共に成長を楽しむ状態でありたいと考えています。 エンジニアとしても、人としても、いつまでも成長し続けていたい人にとっては、最高の環境を用意しています。