1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

会社ロゴ
私たちは「スポーツ/エンターテインメント」「ホテル」「リテール」といった全業界にダイナミックプライシングという市場の需給バランスをもとに適切な価格を算出・提供するサービスを提供しています。特にスポーツ領域に関しましては、Jリーグ様やプロ野球球団様に導入していただいております。 【事例】 〇Jリーグ Jリーグデジタル様…Jリーグ主管試合「2019年2月16日(土)FUJI XEROX SUPER CUP 2019」において初のダイナミックプライシング導入、継続してご利用頂いています。 横浜Fマリノス様…2019年より全試合でダイナミックプライシングを導入、継続して御利用頂いています。 名古屋グランパス様…2019年より全試合でダイナミックプライシングを導入、継続して御利用頂いています。 湘南ベルマーレ様…2019シーズンの後半戦ホーム開催試合(6月以降)において、ダイナミックプライシングを導入頂いております。 ベガルタ仙台様…2019シーズンの後半戦ホーム開催試合(9月以降)において、ダイナミックプライシングを導入頂いております。 〇プロ野球 福岡ソフトバンクホークス様…2017年シーズンより試験導入頂き、2020年シーズンより福岡PayPayドームで開催される 全ての主催試合にて需要と供給に応じてリアルタイムで価格変動する当社サービスを導入頂いております。 オリックスバファローズ様…2018シーズンより一部試合・席種にてダイナミックプライシングを継続導入頂いております。 ※2021/2/24(水) - 26(金) 第4回 Japan Sports Weekに弊社が出展いたします。

なぜやるのか

【ミッション】 "価値と価格を科学して、世の中の「新たな機会」の創造と課題解決に貢献する" 世の中に「モノ」があふれるなか、人々は経験・体験といった「コト」「サービス」に価値を求めています。 しかし「コト」「サービス」は決まった価格での売買が多く、実際の人々のニーズにあった価格で提供されていないのが現状です。 私たちはダイナミックプライシングという手法を用いることで「価値と価格を科学し」、人々の需要と供給に合った最適な価格を算出・提供することで、世の中の「新たな機会」の創造と課題解決に貢献します。 【ビジョン】 "最先端のテクノロジーを通じて、お客様の「Outperform」を支援する企業を目指す" ダイナミックプライシングの導入により、消費者の方には「より多くのサービスを受けとれる機会」を提供します。興行主様には「より多くの消費者、ファンの方にサービスを提供する機会」の実現と、価格を適切にコントロールすることで価値を毀損することなく収入の最大化へとつなげます。

どうやっているのか

提供しているD+ Dashboardです。こちらから各イベントの推奨価格および予想収益が計算され、閲覧することができます。また、価格を自由に選択して売上シュミレーションを行うことも可能です。
データサイエンティストが推奨価格算出モデルを作成します。
【最先端のアルゴリズムを使用】 私たちは世界最大手のチケットプレイガイドであるTicketmasterで採用されている米Nuestar社のDynamic Pricingアルゴリズムをもとに、日本のチケット業界に合わせたDynamic Pricingアルゴリズムを開発しています。 【Dynamic Plusサービスの提供】 上記アルゴリズムをもとに、スポーツ/エンターテインメント領域では以下のサービスを提供しております。 ①推奨価格算出モデルの作成 興行主様からいただいた過去データから特徴を分析し、推奨価格を算出するモデルの作成を行います。 ②日々の推奨価格算出と効果レポートの提供 ブラウザ上からアクセスできるD+ Dashboardを提供し、販売開始から日々の推奨価格および予想収益が計算されるとともに閲覧・価格の変更が可能です。 ③チケット戦略に関するコンサルティング プラットフォーマーとしての知見を活かした、ファンの方へのアナウンスや新本拠地の席種割等のチケット販売戦略に関するコンサルティングを行います。