1
/
5

なにをやっているのか

キッズドクター
子供の健康不安をすぐに解決
ノーススター社では「医療をもっと身近に」するため、アプリサービスの企画・運営を行っています。主なサービスは子どものオンライン診療サービス「キッズドクター」です。 ■ キッズドクター 子どもが体調を崩した際の「不安を誰に相談していいかわからない」「兄弟をつれての受診のハードルが高い」といった子育て世帯の課題を解消するために生まれたアプリです。看護師がチャットで相談に答える「健康相談」、スマホで医師の診察が受けられる「オンライン診療」、自宅に医師が来てくれる「往診」などを通して子どもの健康をサポートし、保護者の不安に寄り添います。 https://kids-doctor.jp/ iOS: https://apps.apple.com/app/apple-store/id1280972234 Android: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.eversense.kidsdoctor

なぜやるのか

代表取締役社長 田北浩大
私たちのミッションは「医療をもっと身近に」。 人々が本当に必要な医療に辿り着ける一助となること 患者さんが自分の健康について向き合うきっかけとなること。 現場の医療従事者の方に寄り添ったプロダクトを世に届けること テクノロジーを通じてこれまでにない医療体験を作ること これらが私たちのミッションです。 医療を身近にすることで、人々が以前よりも、ちょっと幸せでいられる未来。 微力ながら、そんな世界を作っていきたいと考えています。

どうやっているのか

ノーススター社は2021年2月に三井物産とエバーセンスが共同で立ち上げた会社です。 三井物産は医療分野において国内外に多くの投資先ネットワークを保有し、事業経営に参画しています。一方エバーセンスは2017年にオンライン診療アプリ「キッズドクター」をリリースし、「医療のことを気軽に相談できる安心」を届けてきました。 100年以上の歴史のなかで幅広いネットワークを構築してきた三井物産と、ユーザーに寄り添うアプリを作り続けるエバーセンス。それぞれ異なる強みを持つが組織が1つとなって、これからの医療の未来を創っていこうとしています。 医療という難しいテーマの中、価値あるプロダクトとこの組織を一緒につくってくれるメンバーを探しています。立ち上げ期のワクワクするフェーズで、一緒にチャレンジしてみませんか? noteでも社内の様子を公開しています! https://note.com/northstarjp 弊社への出資が、日経新聞社にも取り上げられました! 三井物産、遠隔医療ベンチャーに出資 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC08CH40Y1A400C2000000/