1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

これは「MARLMARL」の主力商品のまあるいよだれかけです。汚れても回すことで綺麗に使うことができます。
「STUDIO MARLMARL」ではこのような洗練された子どもの写真を撮影することができます。
我々はフィロソフィーに則り、 自社ブランドのプロダクトやサービスを通じて"社会貢献"をしています。 日本の大きな社会問題である、「少子高齢化」や「待機児童」をどのように捉えているでしょうか。現代ではなぜここまで子育てに関する問題が多いのでしょうか。 そこには、保育士不足、女性の社会進出問題、子育てへの意識、経済不況、など様々な問題があると思います。もちろん弊社1社だけの力ではこの問題は解決できません。 政治・行政・他社企業・お客様すべての方と上記問題に真摯に向き合いながら それらの社会問題を解決すべく、現在4つのサービスを行なっています。 ◆「MARLMARL」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 機能性とデザインに優れた、出産ギフトの生産、販売を行っているブランドです。 ◆「MATO by MARLMARL」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 自分らしいスタイルを大切にする大人の女性のためのブランドです。子どものいる暮らしに役立つ機能を盛り込み、表情豊かな女性のライフスタイルにマッチするアイテムをご提案します。 ◆「STUDIO MARLMARL」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "一瞬の、非日常へ" がコンセプトのベビー・キッズフォトスタジオです。ヘアメイクや衣装スタイリング、影の質感を重視した照明など、すべてにおいて非日常体験を楽しめる環境を用意しています。 ◆「CADO MARLMARL」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 子どもが主役の誕生祝い。CADOでは、子どもの出産祝いやバースデーのギフトだけでなくママにも「おめでとう」や「お疲れさま」の気持ちを贈りたい、という想いに寄り添う「花のあるギフト」をご提案しています。 現在行なっている、サービスたちだけで全ての社会問題が解決されるとは思っていません。 今後も様々な方法で社会へ貢献をしていきます。

なぜやるのか

実際の”お食事エプロン”です。機能性は勿論、デザインにもこだわっています。
子ども向けの商品だけではなく、ママがおしゃれに子育てができるアイテムも販売しています。
"子どもがいるライフスタイルを自由にデザインできる社会"  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 日常に溶けこんで当たり前になってしまっている課題を、第三者の目線から見つけて解決する。これがYomの使命です。 例えば、赤ちゃんは物を食べるときにどうしても食べこぼしてしまうため、床を掃除する、服を着替えさせるなど、両親への"ジョブ"が発生します。当たり前のように受け入れてるこの"ジョブ"を、「しなくてもいい」ようにできるのではないか。そんな疑問からYomの商品であるお食事エプロンが誕生しました。 このように、Yomは、お客様の"潜在ニーズ"から機能性のある商品を作っています。 デザインにとてもこだわっていますが、一方で、デザインありきのアイディアを創造することはありません。デザインは、お客様に機能を知ってもらうための"方法"です。 "ライフスタイルを自由にデザインできる"ような選択肢をお客様の潜在ニーズに沿って創出していきます。

どうやっているのか

「子どもにギフトを、ママには花束を」 子どももママも巻き込み、喜びの連鎖を作っていきます。
「七五三といったらこんな感じの衣装」そんな概念もYomの手にかかればこんな風に様変わり。
Yomは、「子どもがいるライフスタイルを自由にデザインできる社会」を実現するために、3つの軸で価値提供を行います。 ◆「喜びが連鎖するストーリー」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 旅行へ行くとお土産を買うように、人は思い出にお金をかけます。では人にとっての大きな思い出となり得るものはなんでしょうか。私たちは「子ども」だと考えています。 そんな子どもが誕生し、新たな生活がはじまる喜び。その子どもにギフトを選ぶ喜び。ギフトを貰う喜び。貰ったギフトを使う喜び。そしてその喜びを共有するため、また他の人へ私たちのギフトを。このような、ギフトを通じて、次々と生まれる何色もの素敵な物語に「寄添い」ます。 ◆「デザインと機能の共存する美しさ」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ デザインが美しい。それは素晴らしい事です。しかし、Yomではデザインだけが美しいものを良しとしません。何故ならば、私たちの提供するものの全ての根底に「顧客の潜在ニーズを満たす」ことがあるからです。子育てをもっと楽しく、ラクにする機能性と見た目のデザインが共存する美しい商品・サービスを作っています。 ◆「子どもの未来もギフトに」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ Yomの商品は子どもが大人になった時にでも、一生の思い出であるように、商品もサービスも設計しています。ギフトを使う子ども自身は、その価値をその時には理解できませんが、大人になった時、なんて愛されていたのだろう、と、Yomのプロダクトを使う、その両親の愛を感じるはずです。そんな幸せな未来を作るのと同時に、私たちのプロダクトで社会にある課題を一つでも解決し、子どもが大人になった時に、安心して暮らせる文化・環境のある未来作りしていきます。 この行動指針をもとに、Yomが目指す社会に向け、価値を提供し続けます。