1
/
5

DropインターンシップインタビューVol,1

Dropで活躍中のメンバーに、Dropで働くことってどんな感じなのかお話を伺っています。

記念すべき5番目は夏からDropでインターンシップに関わってくれている大学4年生の押新之助さん。

Dropでインターンをすることになったきっかけ

もともと営業やSNSマーケティングの領域でインターンを探していました。
WantedlyでたまたまDropを見つけて、いろいろな業務が経験できそう、かつぼんやりとSDGs・サステナビリティに興味を持っていたため応募しました。

どんなところに魅力を感じてインターンに?

社員の人数も少なく、様々な業務を経験できそうだと思ったからです。
SDGsのワードは広まっている印象があったので、企業の現場を知ることができたり、企業経営に関われそうだと思ったのもあります。

Dropのおすすめポイント

社員のみなさんが優しくフラットなところですね。
あと、きれいなオフィスで働けます(笑)

どんな人がフィットすると思いますか?

パソコンの操作が苦ではない人ですね。
あと、目的意識をもって業務ができる人や何事も楽しめる人には向いていると思います。


インターンシップは、一緒に整えている最中です。
なので、何かを丁寧に教えてもらえる環境はまだ整っていないのですが、むしろ一緒に環境を作って頑張りたい!と思ってくださる方と一緒に働くことができると、とても嬉しいです!

Dropでは、現在2022年3月に短期インターンシッププログラムを実施する予定で、絶賛募集中です!
ぜひ応募ページからエントリーください!

株式会社Dropでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう