【スタッフインタビュー】 施工管理の仕事

これが私の仕事

戸建住宅やマンション、店舗のリフォーム・リノベーション工事において、現場調査から工事進行・工程管理・原価管理・メンテナンスを行っています。

ひとえに建物といっても構造・設備・施工に同じものはなく、またお客様が求める空間も異なります。
お客様が満足する空間に対し、施工方法を考え、工程と原価を管理していきます。

営業と設計、さらに施工業者も加わると、一つの案件に何人もの人が関わります。
チームが一丸となり、お客様のご要望をカタチにしていくことが私の仕事なので、お客様に喜んでいただけたとき、非常にやりがいを感じることが出来ます。

1年目に手掛けた仕事

小規模な工事から始まり、1年目の最後には、先輩にフォローをしてもらいながら全面リノベーション。

まずはトイレ・UBの入れ替え工事などの小規模な工事から始まりました。
その後内装工事のみの物件を任され、1年目の最後には、先輩にフォローをしてもらいながら全面のリノベーションを担当しました。

はじめの方に担当した物件はお客様が住みながらの工事が多かったので、そこで工程の調整方法やお客様とのコミュニケーションを学びました。

1つとして同じ現場はないので、担当してきた物件を通して、様々な新しい施工方法を覚えることができ、次回に活きるようなるべく手順など見ておくことを心がけました。

心に残っている仕事のエピソード

現場管理の仕事は(私だけかもしれませんが・・・)、出来上がると見えてこない部分に、苦労していたりこだわっていたりすることって結構多いんです。なので、そういった部分をお客様や周りの方々から認められた時はとても嬉しく思います。

ある担当物件で、お客様から、プランや仕様だけでなく、きれいになった窓枠や広くなったユニットバスの施工に対するお褒めの言葉をいただきました。また管理人さんからも、工事携わっている方々が丁寧な対応していると感謝のお言葉を合わせていただくことが出来ました。

お客様が喜んでいる姿はもちろんですが、工事に関わる近隣の方々や管理人さん、社員、施工業者が満足できることが私の目標なので、この時は非常に嬉しかったです。


私がこの会社を選んだ理由

元々、新築のマンションなどの施工に携わっておりました。もう少しお客様の近いところで仕事がしたいということと、住宅の施工方法がもっと知りたいということがあり住宅リノベーションの会社を探しました。

経験年数も短かったことと住宅リフォームの知識がなかったので、やる気があれば共に成長していこうと元気のある弊社に決めました。

営業・施工・設計ともに自社で行っている会社は意外と少なく、施工事例に独自性があることも強い決め手でした。

今後の目標

たくさん経験し、率先して情報を得て、信頼される施工管理になることです。

まだまだ現場ごとに新しい知識があり、自分の物件で精一杯な毎日です。個人の目標としてはたくさん経験し、率先して情報を得て、信頼される施工管理になることです。また、会社としても全員で安定して品質の高いものをつくっていきたいと思っています。若い世代も多い会社ですので、みんなで盛り上げて何年も続く会社にしていきたいです。

担当したリノベーション案件


広々としたLDKに、収納付造作畳が丘やルーバー造作間仕切り、キッチン腰壁タイルなど、施工管理として色々な技・知識があってこそ実現できる、機能性・デザイン性に優れた事例です。


キッチン、洗面台ともにお施主様の「好き」が詰まった造作設備の多い事例。お客様のこだわりと施工面の調整を細かく行ったことで実現できる、まさに「お客様の好きをカタチに」が表現された事例です。

株式会社FIND's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more