1
/
5

ダンスに夢中なITリテラシーほぼゼロの学生でしたが、要件定義を行う上流工程チームに配属されました!【2021年新卒 Vol.2】

私は新卒3期生として当社に入社し、今はシステム開発保守部門で働いています!

当社が運営する結婚準備のECサイトCORDY(コーディ)の新規機能リリースのための仕様を考えたり、機能が実装された後のテストを行ったりするのが私の仕事です!

元々パソコンが苦手で開発の仕事も志望していなかった私ですが、自分が考えたものが実際に形になって誰かに使ってもらえるというのは、実感が沸かないくらいすごいことで、とてもやりがいを感じています。

学生時代に結婚式場でアルバイトをしていたこともあり、結婚式の仕事に魅力を感じてはいましたが、一生キャリアウーマンでいたいという思いがある私にとって、ブライダル関係のお仕事は勤務時間が長く、体力面などからも女性が続けるのは難しい職業という印象がありました。

でも、ブライダル関係の仕事も諦めたくない。

そんな風に思いながら就職活動をしている時に、「ブライダル ○○」で検索したら偶然ハイパードライブが出てきました。

コロナ禍ということもありオンライン説明会に参加をしましたが、直接目の前で話を聞いているような感覚になってワクワクしたのを今でも覚えています。また、選考中に出会う先輩方全員が、CORDYと担当業務に夢中で、自分の仕事に誇りを持っている姿がとても魅力的に感じました。サービスに将来性を感じたのはもちろん、自分が働いている姿をリアルに想像できたため、ここで働きたいという思いが強くなり、選考に進みました。


実際に入社し、研修中の面談で配属先の希望を聞かれた際には、広報PRディビジョンへの配属を希望していました。会社全体・業界全体に影響を与える仕事ができると思ったからです。

しかし、配属先は開発保守チームでした。

自分のどこに素質があるのかわからなかったし、機械関係や開発を得意とも思ってない。パソコンと向かい合い、黙々と機能を開発するチームなんだろうと、思い込みが先走って不安しかありませんでした。

でも、自分の思い込みと実際の仕事内容は全然違いました。

私の担当する仕事は、多くの人の思いを叶えるために、さまざまな部署と連携をとり、相手の意図することや実現することによる未来予想図を正しくイメージし、現状から実現までの手引書や関わる人への指示書を作るような仕事でした。

「開発職」の中にも、色々な職種があるのだと知りました。

新卒で担当するには少し荷が重い業務な気がして、不安はしばらく続きましたが、6月中旬頃に不安が楽しいに変わった瞬間がありました。

CORDYの大きな改修を任せていただいたのです。

こんなにも早いタイミングでサイトに大きく関わることに携わっていいのかと思いましたが、教育係の先輩やチームの先輩方がいろんな言葉をかけてくださり、自信をつけてくださったおかげで、不安だった気持ちが楽しいものに変わりました。

また、元々負けず嫌いで、できないことやわからない事があるのが嫌という性格なので、配属された当初は「勉強しなきゃ」と必死でしたが、少しずつ先輩方の話す専門的な内容が理解できるようになってきた事も楽しくなった要因の1つです。

6月頃に実装された改修には私が担当したものもあります!

クーポンの取得前と取得後のデザインを変えるといったものなのですが、実はもともとクーポンの利用に関する事は課題に上がっていて、使いやすくするにはデザイン変えた方がいいかも!と教育係の先輩に直接提案したことがきっかけで、デザインや機能全般を改修する担当を私に任せていただいたのです。

現在のデザインがこちらです!ただデザインを変えるだけと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、お会計のページに反映される仕組みを考えたり、それを実装するエンジニアの先輩にわかりやすい仕様書を作ったり、ユーザー目線で使いやすいかなど、考えることは山のようにあります。

私の初めての担当案件は、要件定義+仕様作成に20日、プログラミングに20日、単体テストに30日、全体テストに10日と約3か月ほどの期間を要してリリースされました。

小さな改修かもしれませんが、実装されて沢山の方に見てもらえるようになると、とても嬉しい気持ちになり、多くの方が利用する機能だからこそ、気が引き締まる思いになります。

仕事を進めていくうえで叱られることもあります。

そういう時も業務上のミスのことだけでなく、周りの人と協力して仕事をする上で、あと少しの心遣いが自分の未来をより良いモノにするであろうことなど、人としてどうであったほうがより素敵なのかを真っ直ぐ伝えてくださいます。自分自身が社会人としても成長できる環境だと感じています。

褒めてくださるときも、「唯にしかできない仕様だね」と自分らしさを褒めてくださるので、存在意義を強く感じることができます!

ハイパードライブで働く人はみんな「良い」も「悪い」も言ってくださるので、自分の考えを見つめ直せる。そんな環境です。

実は、入社以来ずっとお世話になった教育係の先輩が、家庭の都合で11月からスイスに行ってしまいました。最初に聞いたときはとても驚き、不安な気持ちが戻ってきたらどうしようかと思いましたが、「スイスからリモートで続けるから、何も変わらないよ!2022年の5月には日本に戻ってくる事が決まっているから心配しないで大丈夫だよ!」そう言われ

戻ってきたときに成長したと言ってもらえるよう頑張ろう。

と、気持ちをすぐ切り替えられました。時差の関係上、先輩とのミーティングは15時以降と限定されますが、画面を通じていつもと変わらない指導を受けることができています。

今後CORDYに不具合が出たときは、その対応を私が担当することが決まっています。そのためには機能を知り尽くしていないといけないので、これからは機能面の知識をつけていきたいです。

実装前のテストでの見落としを無くしたり、何か潜んでいるんじゃないかという検知力を上げることで、不具合もバグも限りなくゼロに近づけることができると信じて取り組み続けます。知識と経験を増やし、能力以外に人としても全体的にレベルアップして活躍の幅を広げたいです。

私にはこれからやりたいことが沢山あります。

CORDYをより使いやすくするのはもちろん、他のサイトからも学んだりしながら、CORDYに必要なアイデアをどんどん出していきたいです。

2024年卒業の新卒エントリーはこちらから

株式会社ハイパードライブでは一緒に働く仲間を募集しています
17 いいね!
17 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社ハイパードライブからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?