1
/
5

手作りにこだわった本格中華を自宅で。「トミーズキッチン」

こんにちは、KitchenBASEです。

今回はKitchenBASEにニューオープンした「トミーズキッチン」の魅力をご紹介。お話を伺ったのは同店シェフの富谷宗久さんです。

33年間、料理人として腕を振るってきた富谷さん。その豊かな経験を生かしてKitchenBASEでは本格的な中華料理を提供します。なぜ独立後の出店にKitchenBASEを選んだのでしょうか。


「長年の夢だった独立にデリバリーを選んだのは、多くの人の生活のお隣にあるような親しみのある中華料理をいつでも楽しんでいただきたいという思いからでした。キッチンカーなども検討しましたが、スペースに限りがあるため提供できるメニューがどうしても少なくなってしまう。清潔で充分な設備の整った厨房に惹かれて、KitchenBASEさんへの出店を決めました」(富谷さん、以下同)


レストランでシェフを務めていた時代とは、また違ったスタイルの働き方が新鮮だそう。


「僕はもう還暦なので普段、若い人と話す機会がありません。特に料理人という仕事は厨房にこもってしまうので、なかなか他の人の意見が入ってこない。その点、KitchenBASEさんではフレッシュな年代の方々とオープンな環境で意見交換ができるのが面白い。また、お寿司屋さんやカフェなど異なるジャンルの飲食店と肩を並べて営業するのも刺激になります」


和気藹々としたKitchenBASEの空気感が楽しいと笑顔で話す富谷さん。トミーズキッチンでは、どんなお料理をいただけるのでしょうか。


「目指したのは王道の中華料理。チャーハン、麻婆豆腐など誰でも馴染みのあるメニューを揃えています。『何を頼んでも美味しいよね』と言っていただけるような、どんなシーンでも安心して注文していただけるお味を提供したいですね」


注目はその品数の多さ。チャーハンだけでも五目、天津餡かけ、豚肉餡かけなど5種類! エビチリ、回鍋肉などがたっぷり乗ったボリューム満点のどんぶりメニューやお酒のお供にもぴったりの青椒肉絲など、デリバリーとは思えないメニューの充実っぷりです。


「仕込みにたっぷり時間をかけているので、そのぶんデリバリーでも多くの料理を提供できるんです。オリジナルの出汁を始め、パンや餃子の皮など、すべて心を込めて一から手作りしています。特製の中華出汁は、僕が足掛け17年働いた六本木の『香妃園』で学んで研究を重ねた自慢の出汁なんです」


手作りの味にこだわり、丁寧に作られた一品一品。富谷さんこだわりのお出汁が、料理の旨味を一層引き出します。


デリバリー経験もあるという富谷さん。下準備に時間をかけているからこそ、これだけ多くの料理数にも素早く対応できるのだとか。


「デリバリーはスピード感も大事。可能な限りお待たせせずに、できたてのお味を提供したいと思っています」


そんな富谷さんの思いをサポートするのは、富谷さんの奥様。夫婦二人三脚で営むトミーズキッチンのお料理は、本格中華でありながらどこかホッとするお味。


「中華料理を研鑽して33年。幅広い世代の方に愛される中華料理を目指したいと思い、今回スタートしました。暗いニュースが続いていますが、毎日のご飯で少しでも明るい気持ちになってもらえたら嬉しい。そのために心を込めてお届けします」


『一皿一皿に心を込めて(One dish One heart)』がモットーのトミーズキッチン。お店の味を自宅で楽しみたい時に。いつもの晩酌に中華を添えて。手軽に頼める本格中華が毎日をちょっと明るくしてくれるはずです。


----------------------------

KitchenBASEでは一緒に挑戦する仲間を募集しています!
◆詳しくはこちらをご覧ください!

----------------------------

株式会社SENTOEN's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more