1
/
5

なにをやっているのか

社員1人1人とコミュニケーションをしっかりとる。ざっくばらんに語り合える共有スペースや、フランクに相談し会える環境はLULLならではです。
全員で喜びを分かち合う。大きな目標を成し遂げた瞬間も、ほんの少しのイイことでも、みんなで喜び称賛し合える。そんなオフィスではいつも明るい声が広がっています。
私たちLULL(ラル)は、人の持つ可能性を最大限に高め、価値を創るということをミッションとしています。そして価値を創るためには「挑戦の場」が必要不可欠だと考えています。 今大きく問題視されている日本のIT人材不足の問題。 経済産業省は、10年後には80万人のIT人材が不足になると発表しています。 しかし実際は今からでも”手に職をつけたい”という方や”IT業界に挑戦をしたい”という方が沢山いらっしゃいます。 この理想と現実の乖離は「挑戦の場」がないことが原因だと我々は考えています。 そこで未経験からでもWEBデザイナーやエンジニアを目指せるよう、徹底したサポート体制が整った「TECH FLAG」というスキームを構築しています。 TECH FLAGでは、自社運営によるWEBスクール「LULL Tech Academy」を運営し、確かなスキルを持ったプログラマーとデザイナーのもとで制作されたWEBカリキュラム「Atlas」を使用、ゼロからでもプログラミングを学べる仕組みがあり、またそれらを支える個人の技術レベル管理、社員同士のアイデア共有を行うコミュニケーションツールを内蔵した「Compass」を開発し、自社の社員全員で使用しています。 今では多くの受講生が未経験から代替されないIT人材へと成長し、さらなるステージへと羽ばたいています。 □主な事業内容 ・WEBスクール「LULL Tech Academy」の運営 ・WEBカリキュラム「Atlas」の運用 ・技術レベル管理・コミュニケーションツール「Compass」の開発・運営 ・自社サービス開発 ・コンサルティング事業 ・人材アウトソーシング事業 ・受託開発事業 ・SES事業 ・WEBサービス事業

なぜやるのか

【WEBカリキュラム:ATLAS】 完全自社オリジナルのWEBカリキュラムATLAS(アトラス)。 直訳で地図という意味になります。 未経験からプログラミングを正しく学ぶための指南書であるWEBカリキュラムは、まさしく「地図」であるためこの名前がつきました。
【社内コミュニケーションツール:Compass】 LULL Tech Academyを通してエンジニアとなった未経験上がりの3名が作り上げたLULL専用のコミュニケーションツール。 WEBスクールの予約、自身のレベル確認、掲示板、Q&Aなど始め、これまで煩雑だったものを1つに集約した超便利ツール。
LULLは、そのすべてが「人」との関わりを1番として行動をしています。 確かに、誰もがチャンスを掴み取れるわけではありません。 しかし、誰がチャンスを掴んでもおかしくありません。 価値を産み出すのは人にしか出来ないからこそ、人と密接に関わり人を疎かにしない。 より豊かなる未来のために、LULLは日々「挑戦の場」を創り上げています。

どうやっているのか

【研修中は自分のペースで◎】研修中の勉強は、自分のペースで行うことができます。スクールに参加する場合はオンライン・担当講師の横で勉強できるオフラインから選ぶことができ、勉強時間や勉強ペースなども自身のライフスタイルに合わせながら進めることができます。
【豊富な自社グッズ】グッズ制作にも力を入れております!マグカップ、Tシャツやパーカー、ステッカーなど種類豊富です!年賀状コンペを行って会社の年賀状として使用したり、クリファイルデザインを社内のコンペで募り従業員に配布しています。
LULLでは、未経験の方からでもIT業界へ挑戦できるスキームを用意していますが、「技術のみ」ならず「ポータブルスキル」というその人の可能性を広げるお手伝いもさせていただいています。 また未経験から挑戦するからこそ、困難や不安も出てくるものです。そこでそんな困難や不安もしっかり社員同士で支え合う環境も社員同士で用意しています。 【ITキャリアセミナー】 月1~2回の頻度で、IT技術・IT業界の知識・自身のキャリアを見つめなおしキャリアビジョンに沿った自身のアクションプランの組み立てなどを、同じIT業界へと挑戦をする社員と共に考える時間を設けています。 講義型ではなくディベート型なので、自身の考えを共有でき、また仲間の考えから自身の考えを深めることができます◎ 【社員率先型の勉強会・自習室】 勉強は一緒に頑張る仲間・ライバルがいるからこそ、モチベーションもさらに上がります。 LULLでは自習や勉強会を社員同士が率先して行っています。 毎日参加するメンバーもおり、コミュニケーションを通して技術や知識も上げながらお互いに切磋琢磨できる環境があります。 【オンボーディング】 同時入社時のメンバーの有志で集まり、自身のカリキュラムの進み具合やプライベートなことまで話せる環境があります。 入社後はやはり環境も変わりライフスタイルにも変化があるからこそ、同期と共に不安や嬉しいことを共有できる環境があるのとないのでは大違いです。 自分の悩みを打ち明ける環境のひとつであり、また一つの息抜きの時間でもあります。