1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

W CREATIVE代表 小川_動画マーケティング×動画クリエイターに特化したクラウドソーシングの可能性

弊社、W CREATIVE株式会社 代表取締役社長 小川のインタビューです。会社・仕事の魅力や、今後の展望についていろいろとお話してもらいました!

―――W CREATIVEのミッションについて教えてください。

■動画マーケティング×動画クリエイターに特化したクラウドソーシング

スマートフォンとモバイルブロードバンドインターネットの普及は我々のコミュニケーションに大きな変化をもたらせました。しかも、もの凄いスピード感で!このスマートフォン革命で、特に重要な役割を果たしているのが、「動画」です。

1分間の動画が伝える情報量は約180万語と言われるように、圧倒的な情報伝達力を有する「動画」はデジタルコミュニケーションの中心的存在となりつつあります。W CREATIVEは世界100カ国に渡る動画クリエイターネットワークを基盤に動画コンテンツ制作、動画マーケティング、動画広告事業を展開。従来の動画事業のビジネスモデルを超えて、デジタル時代に適したサービスを提供し、さらなる成長を目指します。

ーーーサービスの強みはどう行ったところにありますか?

■企業の課題に応じた「動画マーケティングプランの設計」と世界のトップ動画クリエイターが制作する「ハイコスパクリエイティブ」

動画マーケティングにおいては「コンテンツへの導線設計」と「視聴環境に応じたコンテンツ」が求められており、動画制作だけがゴールではありません。我々は企業の課題に応じて「動画マーケティングプラン」を設計します。また、「動画制作」では世界の動画トップクリエイターをネットワーキングしたクラウドソーシングを活用し、予算に応じたクリエイティブを制作します。制作後の「YOUTUBEチャンネル運用」、「動画広告配信」をワンストップで実施しておりますので、総合的に動画マーケティングを支援し、さらにハイコストパフォーマンスな動画制作が弊社の強みです。

―――今後どういったことに挑戦していく予定ですか?

■「動画マーケティング×動画クリエイターに特化したクラウドソーシング」の可能性を追求する

2007年にIPHONEが誕生してから今日に至るまで「動画マーケティング」は進化を遂げてきましたが、それは未だ黎明期です。テクノロジーの進化と共に「動画マーケティング」はさらにイノベーションを遂げるでしょう。W CREATIVEは

中長期的にAIを活用した「動画マーケティング×動画クリエイターに特化したクラウドソーシング」の可能性を追求し、企業に貢献します。

―――この仕事の面白い部分はどこですか?

■ 市場環境の変化・進化はスピーディー

兎に角、目まぐるしいスピードで変化・進化が繰り広げられていることを実感します。これらに適応するにはPDCAを高速で実施する他ありません。当然、顧客もマーケットも日々変化しますので、変化・進化は常態と言えるかもしれません。柔軟性と継続的な成長を求められるこの環境の中で、戦える喜びを感じます。

―――どんな人と一緒に働きたいですか?

■ 志を持ってチャレンジしたい人が会社に必要です

変化を楽しめる、成長意欲が高い、目標に対する執着心が強い、チャレンジ精神が旺盛、好奇心が旺盛、学びの姿勢が高い、こんな方とぜひ一緒に働きたいですね。

W CRATIVEは2019年に設立したばかりのスタートアップ・ベンチャーです!一緒に会社を創っていきましょう!

W CREATIVE株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング