1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

大手とベンチャーのいいとこどりの会社とは?

Photo by Andréas BRUN on Unsplash

初めまして、こんにちは!
コーポレート部シニアマネージャーの長島です!

コーポレート部という言葉をあまり聞き慣れないかもしれませんが、No.では事務や総務全般を担うような部署で、いわゆるなんでも屋さんです。
お客様に提出するレポートの作成や請求関連、採用に労務、経理財務法務などなどコンサルタント業務以外のことをほぼコーポレート部のみんなで分担しています!

新卒からずっと営業職だった私は経理部署に自らジョブチェンしキャリアを築いていったのですが、この話は一旦置いておき、今回はベンチャーと大手で働いてきたからこそ伝えたいNo.の魅力を紹介したいと思います!

最近よく新卒採用の面接に参加させてもらっているのですが、
学生との会話の中で「大手」「ベンチャー」という言葉がよく出てきます。
自分はベンチャー向きなんじゃないかと思い直し再就活しています!ていう学生もいれば、
大手のネームバリューに安心感があるんですが、と相談を受けることもありました。

皆さんも就活時一度は大手かベンチャーのどちらに行くか考えませんでしたか?悩みますよね。
私も悩んだ結果1社目は外資ベンチャー、2社目は誰もが知っている大手に転職したのですが、
性質の違う二社を経験したことで、就活当時は全ての会社を「大手」と「ベンチャー」で白黒のように分けがちだったこと、そしてもっと企業分析すれば良かったと実感しました。

業務の進め方や社風など実際に入社しないと具体的に見えてこない部分もあるので仕方ないですが、
例えばベンチャーでイメージしやすい裁量権の多さやハードワークさ一つとっても会社個々で全く違いますよね。

そんな中私が思うNo.は大手とベンチャーのいいとこどり。
業務のやりがいや柔軟性がありつつ、社員を大事にしたいという社風(代表の想い)が行動でも伝わってくるのはとても大きいと思います!
オフィスを覗いてみてほしいくらい毎日笑っちゃうやり取りがあるし、ユニークな研修制度・福利厚生制度もあるんですよ。
頑張りをタイムリーに全社で共有し臨時ボーナス・臨時昇給があるのも嬉しいです!笑

結局は大手ベンチャー関係なく自分の求めていることとの相性やバランスが大切だと感じていますが、
一児の母としてもNo.で働きやすくとても貴重な経験が出来ているので感謝しています!

株式会社No.では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
今週のランキング