1
/
5

リモートについて考えてみる

こんにちは!
ブリッジの西です。
今回は何かと話題なリモートについて考えてみました。

今コロナの影響と私の諸事情(ヘルニアで入院して先日退院w)でリモート勤務になっています。
幸いこの業界はリモートで仕事ができる企業が多いと思います。
私なりのメリットとデメリットを挙げてみます。

メリット
・通勤時間が無い分仕事に時間を費やせる
・今回のコロナのように感染者との接触の機会が減る
・私のように入院したり何かあってもPCと携帯さえあれば仕事ができる

デメリット
・リモート会議で討論が始まると終わりが見えない
・ちょっとの質問も気軽にできない(電話したりしないといけない)
・進行状況が見えにくい

メリットが大きいように思いがちですが、仕事がやりにくい部分もあるなと思いました。
会議は本当に長引きます・・・。
今話題のリモート飲み会も同じです。
お開きのタイミングが分からず永遠に飲んでしまいます(笑)
気づけば寝ていたこともしばしば・・・。
そこで私は友達とリモート飲み会をする時は19時〜22時までなどと時間を決めてやっています。
このように工夫が少し必要と感じました!

今社内では基本的に朝、昼、夕方の3回ミーティングをして進捗確認や、日々のタスク確認をし、何かあればすぐに連絡を取れるような状況にしています。
リモートに限らずですが、報連相がしっかりできる社内は強いと思います。
人間なので間違えることは必ずあります。
何かトラブルが起きてもその流れを把握しているだけでも周りがカバーできたりします。

結果、リモートを充実させるには工夫が必要であるということですね。
この記事を書きながら改めて自分でも考え直すことができたので
初心に返り仕事がスムーズに進むように心がけたいと思います!

株式会社ブリッジでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング