1
/
5

なにをやっているのか

"私たちは動画制作会社ではありません" MAGIAは「テクノロジー×クリエイティブ」をテーマに M (MANGA) A (ANIME) G (GAME) I (ILLUST) A (AUDIO) 領域で、DXによる産業構造のアップデートを実現します。 【OUR business】 ■Y Hacker AI、データを活用した動画メディアの最適化を実現し DX時代における企業のコミュニケーション課題を解決します。 ■MangaX マンガを動画化し配信するYouTubeチャンネルを各出版社と 共に展開し、 マンガの産業構造をアップデートする取り組みです ■X-Creation 自社スタジオでテクノロジーを活用したコンテンツを 企画・制作しデジタルシーンへの最適化を実現します。 ■EXE 国内外のパートナー企業と協業し、DXを活用した事業開発、 メディア設計、コンテンツ展開を行っています。

なぜやるのか

私たちが愛するマンガ文化を恒久化するためです。 現代社会では受動的でアクセスコストの低いエンターテイメントの蔓延により、 若年層を中心にマンガが選択される頻度が減っています。 このままでは『マンガ』という文化自体が将来的には失われてしまう可能性があります。 MAGIAはテクノロジーや映像技術を通して、 マンガという表現形式やユーザーとの接触手段を再構築し、 マンガが選ばれ続ける未来でありたいと願っています。

どうやっているのか

全社員が漫画を愛する気持ちを持ち続ける 一つ一つの作品が漫画家や編集者の魂の結晶であるという意識を持ち、 より多くの方々へ新たな出会いを提供すべく 社員一人一人が当事者意識をもって作品のために全力で仕事をしています。