1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

見える化エンジンはシェアトップ製品です
一番新しいソリューションの"タレントパレット"
私たち株式会社プラスアルファ・コンサルティングは、様々な形で顧客の声を「見える化」する自社開発ソリューションを有しています。 『ベストベンチャー100』に5年連続認定されています! 【プロダクト一覧】 様々な形で顧客の声を「見える化」する、プラスアルファ・コンサルティングのソリューションです! https://www.pa-consul.co.jp/corporate/product.html 【主な事業内容】 1. 見える化ソリューション事業 ・クラウド型テキストマイニング「見える化エンジン」の提供 ・見える化技術を使った協業ビジネスおよび新規事業創出、新商品開発 ・顧客の声の収集、分析、共有、活用の仕組みの構築 ・コンサルティング、人材育成の支援 ・ナレッジマネジメントシステム「アルファスコープ」の提供 ・社内ナレッジ、営業ナレッジの共有システムの構築 2. CRMソリューション事業 ・クラウド型顧客育成CRMシステム「カスタマーリングス」の提供 ・顧客獲得、顧客育成のためのコンサルティング 3. タレントマネジメント事業 ・タレントマネジメントシステム「タレントパレット」の提供 ・人材の見える化による科学的な人事業務のための支援 「見える化エンジン」は、SNS上のクチコミやアンケートなどに書き込まれたテキストを分析することで、お客さまの声を“見える化”します。 「タレントパレット」では、これまで社内に散在していた人事情報やスキル、適性検査、キャリア、人事評価、従業員アンケート、採用情報などの様々な人事情報を集約し、分析・見える化することで、人材の最適配置、適正な評価、有望人材の発掘・採用、退職の離脱防止など「科学的人事戦略」を実現する人事情報プラットフォームです。 【ユニークな特徵】 それぞれの事業の中核にはテキストマイニング技術があり、テキスト分析やCRM、人材マネジメントのツールに展開しています。当技術の言語エンジンを自前で開発しているのが当社の強みです。

なぜやるのか

開発エンジニア・営業・コンサルタント・デザイナー・コーポレートスタッフのメンバー。職種や事業部の垣根を超えてコミュニケーションを取っています。
役員/社員・社歴・職種など関係なく、仲間みんなで取り組むことが当社の強みです☆
プラスアルファ・コンサルティングは、 突き抜ける感動と広がる可能性を提供する付加価値創造企業です。 ■ミッション……お客様のビジネスにプラスアルファの価値を創造します。 もともと当社代表の三室がテキストマイニングのツールの他社の開発にコンサルタントとして携わっており、定量だけではなく定性のお客様の声をどうにかカタチにできないかと課題に思っていました。もっと安価に使ってもらえるツールをクラウドで提供したいとの思いから当社を創業したのです。 私たちは、さまざまな情報がネット上を駆け巡る社会の中で、情報の“見える化”を起点に、付加価値(プラスアルファ)を提供するサービスの創造に取り組んできました。 情報の裏側に潜む意味を抽出することにより人々に気づきを与え、その意味を考えていただく。これにより企業、ひいては世の中に少しでも貢献していきたい。これが、私たちの基本スタンスです。

どうやっているのか

毎年行っている社員旅行。行先は当日までシークレットで、2019年は石垣島に行ってきました!
新卒からの提案もあり、チーム内で白熱した議論が展開されます。
プラスアルファ・コンサルティングでは「新卒だから」「今までこうだったから」という固定概念なく、誰にでもチャンスを与えてくれる会社です。 1年目でも新規事業を提案したり、やってみたい研究をプレゼンして実機能化までチャレンジしたり。 自らの成長と会社の成長をリンクさせ、若手でもたくさんのチャンスがあります。 社長室などを設けず、1フロアに全員がいるオフィスなので、上司も役員も社長でも、いつでも気軽に「ちょっといいですか」と話しかけ、相談をすることができます。 【私たちの特徴やキャラクター】 ・総勢180名ほど、男女比は男性6割です。 ・事業部門職種はほぼ3等分ずつ。コンサルがちょっと多く、営業、エンジニア+コーポレート部門です。 ・まじめで熱い社員が多く、議論の場ではみんなで活発にワイワイとコミュニケーションをとります。 【仕事の進め方やカルチャー】 月に1回全体会議を開き、各グループの発表や戦略、1カ月間の進捗などを全員で情報共有します。 また、戦略会議を4月と10月の2回、4日間にわたって行います。どの事業部が参加してもよく、経営陣の方針発表や代表自ら立案した戦略などに質疑応答の時間が設けられています。 戦略会議ではその年のキーワードが出ます。たとえば「差別化」などのキーワードが出た年は、それを会話に混ぜて、戦略を進める上での目線合わせに使います。 大阪、福岡にある支社とはテレビ会議をつないで定例会議などに参加してもらったり、案件によっては他拠点同士で一緒にやることも。 場所・職種・役職に関わらず、私たちは成長し続ける鍵である「PACサイクル」を常に高速で回転させ続けています! https://www.wantedly.com/companies/company_809731/post_articles/245193