1
/
5

2019世界ラベルコンテスト Best of the Best 受賞報告

2020年7月30日に世界ラベルコンテストで世界一となるベストオブザベストの受賞を久留米市の大久保市長に報告しました。

 同席してもらったのは、このラベルのブランドオーナーである合資会社若竹屋酒造場の14代目の林田浩暢社長、このラベルの技術面の企画および陣頭指揮を執った弊社の米倉春美課長代理。

初挑戦から7年(かな?)いつかは獲りたいと思っていた賞ですが、思ったよりも早く受賞することができました。シカゴでの表彰式はコロナ禍でキャンセルとなりましたが、大変誇らしく思います。

この賞はデザインというよりもラベル印刷の技術を競う大会で、世界の6地域より選ばれたラベルの中から厳正な審査を経て、真の世界一「ベストオブザベスト」が決まります。

米倉と社内委員会の「新技術開発委員会」に完全に任せっきりで、実は私はノータッチなのですが、市長への報告ということで私が行くことに。行ってみたら複数の新聞社やTV局まで来ていて、びっくりでした。緊張して言葉の出ない私を、マスコミ慣れされた若竹屋の林田社長が優しくフォローしてくれました。感謝感謝です。このお酒も限定酒なのですが、受賞ニュースを機会に250本以上売れたとお聞きし、少しは若竹屋様に貢献できたようで、嬉しかったです。ここでも販売しています。

https://www.otoriyose.site/shopdetail/000000000523/home_meihin_osake/page1/recommend/

株式会社 丸信's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more