フューチャーコンビニエンスチャレンジに参加してきました。接客部門2位獲得!

こんにちは!佐藤です。

ワールドロボットサミット内で開催されていた、FCSC(WRS Future Convenience Store Challenge )にコネクテッドロボティクスと、東京農工大の学生との共同チームで参加してきました。

  • 会期: 2018年10月17日~21日
  • 会場: 東京ビッグサイト 東ホール

概要・詳細は下記をご覧ください。


弊社エンジニアと、東京農工大と共同研究を行っている水内研究室のメンバーを中心に参加してきました。

下記、3種類の業務の自動化を対象としたロボット技術コンテストです

陳列・廃棄
デイリー品(弁当、おにぎりなど)を陳列したり廃棄品を探し出す
接客
ロボット技術を用いた近未来の接客をデモンストレーションする
清掃
トイレ空間内の便器、床を清掃する

今回の競技会には、弊社から3種類すべてに参加しました。

10月18日(金)接客タスク/10月19日(土)清掃タスク/10月20日(日)陳列・廃棄タスクと3日連続で競技に参加してきたので、その様子をレポートしたいと思います。

接客タスクについてのデモ時間は20分、プレゼンテーションは英語と決まっていました。

さすがワールドロボットサミット!海外からも競技会に参加するために様々なチームが来ていました。


競技開始が16:30~で直前の作戦会議の様子。競技時間は20分ですが、スタートされてから会場へロボットを設置しなければなりません。アームロボットを活用しているため、位置決めを行い、ロボットが問題なく動くかの確認もしなければなりません。

試合直前のピリピリとした様子が伝わってきました。

コンビニでもよく見かける、保温器ですが、自動で銀色のプレートが動いてロボットが取り出しやすい仕掛けになっています。

競技スタート!

チームメンバーが位置の調整や配置をセットし、デモスタートです。

20分間の間にプレゼンテーション(説明)とデモを交互に行います。

今回行ったデモは、

1.揚げ上がった「唐揚げ」をアームロボットを活用して、保温器に乗せる。その際に保温器の銀色のトレーは自動で引き出される。

2.お客様がタブレットを使って注文する。

3.小さいアームロボットが、「パック」を吸着で持ち上げ1枚取り出す。

4.保温器の銀色のトレーが出て来て、アームロボットで「唐揚げ」持ち上げ、「パック」に乗せる。

5.小さいアームロットがお客様の方に、パックに入った唐揚げを押し出し、顧客は受け取り自分でパックを閉じる。

下記に公式動画を参照してください。「6:52:00」あたりを再生して頂けますとご確認頂けます。

デモの予定は再度、弊社で編集してYoutubeにアップする予定です。

2位獲得!賞金100万円。

何とこのデモを通して数あるチームの中から2位という表彰を頂きました。

2位の賞金は100万円でした。皆様、ご声援ありがとうございました!


メインスポンサーは、セブンイレブンさんでした。

競技会会場の様子。


次回は、「清掃タスク」の競技についてレポートさせて頂きます。


#採用強化 #ロボット #ロボットエンジニア #ソフトウェアエンジニア #人工知能 #ディープラーニング #画像認識

【職種】
画像解析エンジニア
https://www.wantedly.com/projects/207630

メカトロニクスエンジニア
https://www.wantedly.com/projects/184368

総務・経理
https://www.wantedly.com/projects/177607

FBページ
https://www.facebook.com/connected.robotics.inc/

Twitter
https://twitter.com/CROctoChef

コネクテッドロボティクス株式会社's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon