1
/
5

人材エージェントの営業さんが語る!コーボーの魅力ベスト3

こんにちは、株式会社コーボー人事の梁瀬です。

本日のテーマは、「人材エージェントの営業さんが語る!コーボーの魅力ベスト3」です。

以前の記事「コーボーのDNA策定とその想い」でもあったように、コーボーでは、DNA策定後、本格的に人材関連サービスを使用した採用活動をスタート致しました。

今回、採用活動当初から、お付き合いをさせて頂いている大手人材エージェントのMさんにインタビューさせて頂きました。

梁瀬:

今回、このような企画にご賛同頂き、ありがとうございました!
Mさんとは、弊社が採用活動を始めた時から、懇意にして頂き、採用難易度の高い、Webマーケター職の採用活動にて良いご縁を作って頂きました。その節は、本当にありがとうございます。
今でもその方は活躍して下さっていますよ!

Mさん:

こちらこそありがとうございました!
入社された方が活躍されている話を聞くと本当に元気が出ます。

梁瀬:

さて、私も元人材系企業出身のため、採用活動を始めるにあたって、複数のエージェントさんとお取引をさせて頂きましたが、Mさんはその中でも弊社のことを熱心に知ろうとしてくださり、寄り添って頂いていて。お付き合いいただいているエージェントさんの中で、弊社のことを一番知っていただいている営業の方だと思っております。

法人営業担当として数多くのIT・Web業界のお客様を担当されているMさんに是非、公正・公平・客観的な目線で「コーボーの魅力ベスト3」をお教えいただきたいんです!笑。

第三者かつ、多くの企業様をご担当のMさんだからこそ、真実味があると思っています!よろしくお願いします。

Mさん:

そのようにおっしゃって頂いて光栄です。ありがとうございます!
そうですね。コーボー社の魅力を3つあげさせて頂くと「関わる人を大切にする想い」「会社の想い・仕組み・実績のやりきり力」「複数事業の面白み」だと思っています。


(仕事の話もそうですが、プライベートの話も色々とさせていただいています)

コーボー社に関わる人全てを大切にする

Mさん:

一つ目は「関わる人を大切にする想い」です。
社員の方々に対する想いは、働く環境や福利厚生の手厚さを見ても感じられるのですが、今回は「採用」という側面で感じたことをお話させてください。

コーボー社と関わっていく中で、私たちエージェントにも、また面接をして頂く候補者の方にも、すごく丁寧だなぁというのは当初から強く感じていました。その中でも、「何か少しでも候補者様にとってプラスの場、有意義な場にできないか」という想いを持って毎回面接をして頂いていることが本当にすごいなぁと思ったんです。

例えば、最終面接のフェーズでは必ず、"コーボー社でどんなキャリアを描いていけるのか" "今までの経験やスキルをどう活かしていけるか" "どんな成長をして欲しいと思っているか"などを個人の希望も踏まえてきちんと考えた上で最終面接に臨み、伝え、すり合わせをしてくれます。
また、面接では社風や仕事をする上でのマインドなど、スキル部分ではないソフトな面もきちんと加味して、会社にフィットするかどうかを丁寧に質問を通して確認頂けるのも、コーボー社らしく素敵なところだと思いました。

ちなみに、私への対応でも、例えばお見送り連絡も、その理由を事細かに頂いていて。良い意味で、「お見送りの理由でこんなに丁寧な会社みたことない」って思いました。笑。「こういうところは良いと感じた」というポジティブな部分はもちろん、「こういう質問に対してこういう答えがコーボー社のこういうところとマッチしないと感じた」とか「こういうスキルはこういう企業のほうが活かせるのではないかと感じた」など、その方のこれからの転職活動にも役立つようなフィードバックをいただけて、営業担当としても候補者様としてもお見送り理由に納得感が感じられるとても丁寧な文面を毎回頂いていましたよね。

その他にも、事前に私にも面接の意図や目的、面接の中で想定している質問内容を共有いただけたり、もちろん面接の際には候補者様にも目的を伝えてから面接をして下さったりなど場が有意義になるような取組みをたくさんして頂いており、私の出る幕がないのではとも思いましたよ。

往々にして、コーボー社のように「関わる人を大切にする想い」を持った企業様は採用成功しているケースが多いと感じます。

このような想いを持っていることも、Webマーケターという一般的には採用難易度の高い職種での採用成功につながった要因だと思っています!


会社の想いを制度で形にし、ぶれずにそれをやりきる

Mさん:

二つ目は「会社の想い・仕組み・実績のやりきり力」です。
様々な企業様の採用を支援させて頂く中で、いつも会社の想いや制度のことなどをヒアリングします。
コーボー社から話を聞いたとき、前述の通り、「働きやすさを重視している企業様なんだなぁ。福利厚生などの制度も充実しているなぁ。」という印象を持ちました。
それ自体は他の企業様でも珍しいことではないのですが、コーボー社のすごいところは会社の想いを制度で形にし、かつそれをやりきっているところ。
ぶれずに、やりきれている企業様はすごいなと思います。

例えば、「時短の制度」!コーボー社では時短勤務も、梁瀬様含めて活用されています。
また、ただ、活用されているだけではなく、人事は梁瀬様一人なので、"退勤後は誰が代理対応をする" "最終面接は日中帯で設定する"など、採用の仕方・体制も含めて考えて運用していますよね。
活用するだけではなく、更に上の「気持ちよく活用し続けられる」ように、仕組みも含めて考えていらっしゃるからこそ、担当の私もやりとりでやりづらさなど感じたこともありませんし、そこがコーボー社のすごさだなぁと感じています。

その他にも、空気清浄機などのオフィス家電もいいものを取り揃えていたりなど、人事が掲げておられる「快適でご機嫌な環境」の実現も体言されています。
これは私の勝手なイメージなのですが、そのようにオフィスも心地よい環境だと会社とプライベートの境界がいい意味で薄くなっていって会社でもリラックスできているんじゃないかなとイメージしています。

このように、会社の想いと行動が一貫し、それをやりきっている部分はコーボー社のとても魅力的な面だと思います。


(学生時代ダンスをされていて、今でも土日はダンスを踊っているMさん。ワンポーズ。笑)

自身の経験の幅と深さ両方を追うことが出来る事業体制

Mさん:

最後、三つ目は「複数事業の面白み」です。
コーボー社では、マーケティング、クリエイティブ、自社メディア、HRと事業の幅が広く、それは会社の安定性や面白みにつながっていると思っています。

これは、私個人の話なのですが、学生時代生物を学んでおりまして。笑。そういう観点で見ると、生物の進化にはDNAの多様化が必要なんですよね。
DNAが多様になるからこそ、変化にも対応できるんです。
それが会社にも通じるところがあると思っていて、色々な事業があると会社としても外部環境の変化が起きても対応が出来たり、社内での意見の幅が広がったり想像力も豊かになり、刺激が多い環境になると思うんです。

それは結果として個人の成長にもつながると思っています。極論、他部門への異動で全く違うキャリアも描くことが出来ると思うので社内にいてもより多くの刺激や成長が期待出来るのではないかなと思います。

複数事業を展開するコーボー社で働くことで、自身の経験の幅と深さ両方を追うことが出来るのは、個人の成長をより加速する要因となり、魅力的な部分だと思います。


梁瀬:

ありがとうございます!
弊社や私にとっては当たり前のことだと思っていたことが、お褒めいただけるなんてなんだか恐縮ですが。。。
まだまだ規模も大きくなく、知名度も高くない企業ですが、私自身も人事として自信をもって「素敵な会社です!」と言い切れるので、Mさんにもそのように弊社の魅力を感じて頂き、とても嬉しいです。

これからも引き続き、頼りにさせて頂ければと思います。
何卒よろしくお願い致します!

過去のフィード

フリーランスから法人へ。cooboo社の創業ヒストリー

なぜ時短人事をコーボー唯一の人事として採用したのか

コーボーのDNA策定とその想い

受託開発⇒インハウス⇒やっぱり、受託開発!10年以上Webディレクターとして歩んできた、私の過去・現在・未来

株式会社コーボー's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more