CRE-CO所属エンジニアの宮野と申します。
顧客から提示される要件を満たすだけのエンジニアではなく、顧客ビジネス(サービス)を理解し、顧客に最適なシステムを提案、リードできるエンジニアになるべく
7/8(金)に当社イベントスペースにて開催されたに参加しました。

◆開催イベント
【eLV勉強会】サービスの独自価値を創造するための第一歩を踏みだそう
~ビジネスモデルキャンバスの中央にある『Value Proposition』について考える~

https://learningvesper.doorkeeper.jp/events/47933

※今回は、POStudy (プロダクトオーナーシップ勉強会)殿をお迎えしての企画です。
※講師:グロースエクスパートナーズ(株) 関満徳さん

◆内容
(1) Value Proposition Canvas とは?
(2) Value Proposition Canvas 演習(実際に書いてみる)
(3) 隣席の方から総評をもらう
(4) Value Proposition Canvas 演習(総評を元に再度書いてみる)
(5) 振り返り

◆Value Proposition Canvasについて
・ビジネスモデルキャンバスの様々な技法(フレームワーク)の中の1つ
・顧客Business(サービス)を理解し、顧客目線で顧客に最適なシステムを提案する為のもの
・勉強資料を読むだけでは実践するにはかなり難しく、訓練を重ねていかないと習得することは出来ない
・どの業界においても活用/使用することが出来るものである
・顧客のことを正しく理解し頭の中を整理して的確に書き出すというトレーニングになる

◆参加した感想
コンサルティングをする上で必要となるスキルであることをものすごく実感しました。
顧客への提案はこれまでも経験がありましたが、今回のような整理の仕方はしたことが無かったので実習においてはどう書けばいいのかという戸惑いからのスタートでしたが、隣席の方が以前も勉強されていた方だったので、書いた内容に対してコメント等をいただいた際にようやく書き方や考え方を少し理解出来ました。
理解するまで遅いよと自ら思ってしまいましたが…。
IT技術の勉強会と違い、普段あまり使わない脳の部分をフル稼働させたような感じだったのでものすごく疲れましたが、勉強してよかったと思える内容でした。
コンサルティングに携わらない方でも顧客と間接的にでも接する方はどの分野の方でも1度は勉強してみる価値がある内容だと思いました。
このような勉強会が自社で受講出来るというのはイイです。
また、いろんな仕事をされている方と出会える場なので、それだけでもメリットは大きいと思いますね。

4b01ec63 a3e1 45c1 9cf6 08af65a20283

Page top icon