1
/
5

【社員インタビュー】慶応法学部から大企業へ入った若手社員がCrevoで営業マネージャーになるまで

こんにちは!採用担当の大久保です。

今回は、社員にインタビューし、どのような経緯でCrevoに入社したのか聞いてみました。

第1回目では、営業マネージャーをしている工藤さんに、会社に入社する前・入社した後・これからのことについて話を伺いました。

・どんな学生時代でしたか?

もともと高校では理系だったんですが、弁論大会に参加したことをきっかけに、もっといろんな道があるのではないかと感じました。青森から上京して慶應義塾大学の法学部に入学しました。

大学時代は、社交ダンス部に入っていました。運動を何かしたいと思っていて、その中でも大学生活が終わっても続けられることをしたいと思っていたんです。

就職活動を始めた大学三年生のときは、ちょうど東日本大震災の翌年でした。ベンチャー企業を志望していたのですが、ベンチャーから大企業への転職は難しいと考え、まずは大企業へ入ろうと思いました。

高校で理系だったこともあり、医療機器メーカーの大手に就職しました。

・大企業で働いていたときのこと

勤務地は金沢で、ルートセールスをしていました。

当時23歳で、ベンチャーで新しいものを生み出したいと思っていたこともあり、葛藤はありました。転職を決意したのは、営業のスキルが違うと思ったことが決め手だと思います。もともとベンチャー企業で働きたかったということもありますし、もししんどかったとしても今だったら体力的にもなんとかなるかなと思って(笑)、転職することを決めました。

・ベンチャー企業への転職



起業も考えたのですが、まずは会社員としてちゃんとやっていけるスキルを身につけようと思いました。Crevoはたまたま見つけたのですが、Crevoのおこなっていた、クラウドソーシングという新しい仕組みに興味がありました

他社からも内定をもらっていたのですが、Crevoは世界のクリエイターと繋がれるということ、そして営業第一号だったというのが入社の決め手でした。

ベンチャー企業で一人目の営業をすることはすごく大変だし苦労するだろうなと思いました。

みんなそういう泥臭いことってしたくないじゃないですか。だからそれをすることに価値があると思ったんです。

・Crevoに入社してから

いまは問い合わせも多いので反響型営業がメインです。具体的には、問い合わせをいただいたらCrevoのサービスを紹介し、課題をヒアリングします。受注したら、社内のメンバーと連携し、サービスをお客様に提供します。

マネジメントも主な仕事となり、メンバーの目標設定や管理もしています。

主な1日の流れとしては、こんな感じでしょうか。

10:00-出社

10:00-13:00 社内MTG

13:00-14:00 昼食

14:00-18:00 お客様先へ(2,3件訪問)

18:00-20:00 見積もり作成・社内MTG

お客様先では、具体的な要望を深堀してヒアリングをしたりしています。

・仕事のやりがいはなんですか?

筋さえ通っていれば自分の裁量で仕事を進められるところです。提案も受け入れてもらえやすく、新しい取り組みもしやすいです。

会社としても、これからも新しいサービスを出していくので、その中に自分の意見が取り入れてもらえるのは嬉しいです。

全体のスピードが早いこともあり、自身も業界経験が少ないので、どんどん知識のアップグレードをしていかないといけないなと思っています。

・一緒に働きたいのはこんな人!

ベンチャーはどこもそうかもしれませんが、何もない状況でも楽しめたり、用意されたものでは満足しない人は楽しめると思います。何もない状況から何かを作り出す、というのが仕事なので。

また、仕事でもプライペードでもなんでもいいので、こだわりを持っている人も向いていると思います。何かを極めるというタフさが必要かなと感じます。

Crevoの社員も、組織に頼らず生きていけるようなスキルの高い人が多いと思っています。それでもCrevoで何かやろう!いいものを作ろう!と集まっているので、周りのことを考えて動ける人が多いですね。

・最後に、Crevoでこれからやりたいことはなんですか?

新しいサービスを作ったり、他社との協業など、新しいことをどんどんしていきたいです。いま、国外・国内と国と国の間には境界があると思うのですが、今後は新しい技術などの発展でどんどんなくなっていくと思っているので、自分たちで業界をリードしていきたいです。



インタビューを終えて

ベンチャー企業に興味はあるけれども、いまのキャリアも捨てがたい・・そう思っている人もいるのではないでしょうか?まさに同じような状況だった工藤さんが、どのようなきっかけでCrevoに入社されたのかはとても興味がありました。

お話を聞いて、このような考えを持っていたらベンチャー企業で活躍できるのではないかと感じました。

それは、

・新しい環境に飛び込めるチャレンジングな姿勢

・初めてすることが大変でも、その過程を楽しめる思考

です。

工藤さんは、まさに動画のクラウドソーシングという新しいビジネス環境にタイミングよく飛び込んできてくれ、現在はマネージャーとして活躍しています。

そしてただいま、工藤さんのいる営業チームでは新たにメンバーを募集しています!!

興味のある方は募集ページをご覧くださいね。


プランニングセールス
挑戦も発言も自由!クリエイティブに興味があるプランニングセールス募集!
「動画新時代のクリエイター経済圏をつくる。」 Crevo(クレボ)株式会社は動画制作プラットフォームを提供し累計7,000人以上のクリエイターを支援しています。 ■「Crevo Jobs」 国内最大級の動画クリエイターのネットワークを活用し、金額や用途に合わせた最適なクリエイティブの動画制作の細かな要件にフィットするプロクリエイターを企業とマッチングするサービス Crevo Jobs:https://jobs.crevo.jp/ ■「Crevo Base」 制作管理に必要なすべての機能を備えた、クリエイティブ制作を効率化するための制作管理ツール Crevo Base:https://base.crevo.jp/ ■「Crevo Partners」 プロ動画クリエイターの中からニーズや予算に合わせて依頼できるクリエイター派遣サービス Crevo partners:https://partners.crevo.jp/ 当社は2012年に創業。最初は世界のクリエイターにグラフィックデザインを依頼できるクラウドソーシングサービス「designclue」という事業からスタートしました。ビジュアルデザインは、ノンバーバル(言語以外のコミュニケーション手法)であり、言葉ができなくても世界とつながりやすい。デザインを通して、世界とつながるきっかけづくりを行なっていました。 その後自社でPR動画をつくろうとしたところ、いくつかの企業からの料金の内訳が不明瞭でかつ高額だったため制作を断念。中小企業やベンチャーこそ、自社やサービスをPRするための動画を作る必要性が高いのに、様々な理由によりつくることができない。その不を解消するために、誰でも気軽に、質にこだわった動画をつくれるサービスをリリース。加えて世界中に張り巡らされたクリエイターネットワークをそのまま活用し、世界100ヶ国、6,000名以上のクリエイターの中から案件ごとに最適なチームをマッチングするというシステムを構築。その結果、いまや取引企業数は約1000社に増え、多くの方に利用いただけるサービスへと成長しました。 提供する動画制作クリエイタープラットフォームには、累計7,000名以上の経験豊富なクリエイターが在籍しています。この国内最大級の動画クリエイターのネットワークを活用し、動画クリエイティブ制作の細かな要件にフィットするプロクリエイターと企業をマッチングし、迅速な体制構築をアシストする「Crevo Jobs」や、クリエイティブ制作を効率化するための制作管理ツール「Crevo Base」)などを運営しています。Crevoは今後の動画広告市場の成長や5G(第5世代移動通信システム)の到来を受け、各社との事業連携も視野に入れ、さらなる事業の拡大に向けた取り組みを行っていきます。
Crevo株式会社



営業アシスタント・営業事務
クリエイティブな環境で働きたい営業アシスタントWANTED!
「動画新時代のクリエイター経済圏をつくる。」 Crevo(クレボ)株式会社は動画制作プラットフォームを提供し累計7,000人以上のクリエイターを支援しています。 ■「Crevo Jobs」 国内最大級の動画クリエイターのネットワークを活用し、金額や用途に合わせた最適なクリエイティブの動画制作の細かな要件にフィットするプロクリエイターを企業とマッチングするサービス Crevo Jobs:https://jobs.crevo.jp/ ■「Crevo Base」 制作管理に必要なすべての機能を備えた、クリエイティブ制作を効率化するための制作管理ツール Crevo Base:https://base.crevo.jp/ ■「Crevo Partners」 プロ動画クリエイターの中からニーズや予算に合わせて依頼できるクリエイター派遣サービス Crevo partners:https://partners.crevo.jp/ 当社は2012年に創業。最初は世界のクリエイターにグラフィックデザインを依頼できるクラウドソーシングサービス「designclue」という事業からスタートしました。ビジュアルデザインは、ノンバーバル(言語以外のコミュニケーション手法)であり、言葉ができなくても世界とつながりやすい。デザインを通して、世界とつながるきっかけづくりを行なっていました。 その後自社でPR動画をつくろうとしたところ、いくつかの企業からの料金の内訳が不明瞭でかつ高額だったため制作を断念。中小企業やベンチャーこそ、自社やサービスをPRするための動画を作る必要性が高いのに、様々な理由によりつくることができない。その不を解消するために、誰でも気軽に、質にこだわった動画をつくれるサービスをリリース。加えて世界中に張り巡らされたクリエイターネットワークをそのまま活用し、世界100ヶ国、6,000名以上のクリエイターの中から案件ごとに最適なチームをマッチングするというシステムを構築。その結果、いまや取引企業数は約1000社に増え、多くの方に利用いただけるサービスへと成長しました。 提供する動画制作クリエイタープラットフォームには、累計7,000名以上の経験豊富なクリエイターが在籍しています。この国内最大級の動画クリエイターのネットワークを活用し、動画クリエイティブ制作の細かな要件にフィットするプロクリエイターと企業をマッチングし、迅速な体制構築をアシストする「Crevo Jobs」や、クリエイティブ制作を効率化するための制作管理ツール「Crevo Base」)などを運営しています。Crevoは今後の動画広告市場の成長や5G(第5世代移動通信システム)の到来を受け、各社との事業連携も視野に入れ、さらなる事業の拡大に向けた取り組みを行っていきます。
Crevo株式会社
Crevo株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング