1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

「熱狂的なファンをつくる」をミッションに、既存の外食産業にイノベーションを起こすことを目指した今までにない全く新しい形の組織です。 東京都内に14店舗展開するカスタムサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」では、スタッフが人にしかできない行動により多くの時間を使えるように機械的な作業をデジタル化することに加え、お客様をオンライン化することでパーソナライズされた顧客体験を提供可能とするなど、既存の飲食店のあり方をテクノロジーを通じて再定義してきました。 既に「CRISP SALAD WORKS」の60%以上の注文がモバイルオーダーやセルフレジなどのデジタルチャネルで発生しており、お客様のニーズが多様化する中でデータやテクノロジーへの戦略的投資が顧客体験の向上につながっています。 SaaS事業であるモバイルオーダー運用ソリューション「PLATFORM」では、モバイルオーダーやキャッシュレス化による顧客体験の向上だけでなく、外食事業者のオペレーション効率化やLTV(Life Time Value)可視化を通じたデータドリブンな経営を支援する等、レストランテクノロジー業界をリードしています。 会社説明資料 - http://bit.ly/2PD5lxV CRISP SALAD WORKS - https://www.crisp.co.jp/ PLATFORM - https://pltfrm.jp/

なぜやるのか

代表取締役社長・宮野浩史
完全キャッシュレス店舗(広尾店)
私たちはいわゆるITベンチャーでもなければ、今までの形の外食企業でもありません。 飲食業界で働く人の多くが、そこでしか体験できない特別な魅力や楽しさを感じる一方で、生産性の低さ・人不足・働き方など構造的な課題を抱える業界の将来に希望を持てなくなっているように感じます。 そんな時だからこそ、誰かが問題を解決してくれるのを待つのではなく、飲食店の未来は自分たちで切り開いていこう。 私たちはそう考えて「フード x テクノロジー」という答えに辿り着きました。

どうやっているのか

店舗風景
社内風景
私たちは、あくまでも外食事業者として本質である商品や接客・店舗・パートナーへの愛をもちながら、テクノロジーに本気で投資ができる会社です。 急成長中のカスタムサラダ専門店 CRISP SALAD WORKS は創業5年で麻布十番、六本木ヒルズ、麻布十番など東京都内を中心に14店舗を展開し、今後もオンラインとオフラインの融合された全く新しい価値をもつ店舗の出店を計画中です。 また、働く仲間がより快適にクリエイティブな仕事ができるよう福利厚生や社内人事制度などこだわりを持って設計しています。 ■定期レビュー マネージャーとメンバーが1対1で向き合う時間を定期的にもち、働き方やキャリアプランを一緒に考えていきます。 ■ サラダ補助 CRISP SALAD WORKS 各店で商品全て半額で購入できます! ■ 書籍費フリー 自身の業務に必要な書籍は自由に購入できます。 ■ 選べるツール PCはお好きなものをお選びいただけます(オフィス職)。 ■ 懇親会 定期的に全員集合してリフレッシュの交流会を実施。美味しいご飯とリラックスの時間はみんなのお楽しみ。