Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

Staple (ステイプル)
Staple Reader (交通系ICカードを直接読み取り)
ビジネスを強くする21世紀型のクラウド経費精算サービス「Staple (ステイプル)」を開発・提供してます。 Staple (ステイプル) は、スマートフォン・交通系ICカードを使った従業員の経費申請と上長の承認から、経理部門の事務処理までをクラウドで一元管理し、経費精算の手間を1/10に削減します。これまでの紙・表計算ソフトをベースにした20世紀型の経費精算システムとは違い、エンドユーザーファーストのスマートフォン/AIに最適化したプロダクトデザインにより、個人と中小企業における「働き方改革」を推進します。 従業員の多様化するワークスタイルに合わせ、外出先や公共交通機関での移動中はスマートフォン、オフィスやカフェではPC/Macの広い画面とマルチデバイスでの最適化を行いました。場所やデバイスだけではなく、さらに従業員の役割 (一般ユーザー、マネージャー、経理担当、経営者) による適材適所の「ヒト」を中心にしたデザインを実現しました。また、独自開発した交通系ICカード読取サービス「Stapleリーダー」や他社API連携を組み合わせる「Stapleコネクト」により自動化を進め、入力作業が従来システムより10倍早くなりました。管理側でも自動会計仕訳や自動振込による効率化、ダッシュボード機能によるキャッシュフローの早期見える化が可能となりました。さらに、AI (人工知能) やチャットボットの活用を積極的に進め、生産性と迅速な意思決定を支援します。 Staple (ステイプル) はその先進的なコンセプトが認められ、2017年度「グッドデザイン賞」を受賞しました。 https://staple.jp

なぜやるのか

日本の少子高齢化を考えると、国内99.7% (381万事業者、3,361万従業員) を占める中小企業全体の生産性向上は必須であり、国として取り組む重要な社会的課題です。 弊社のミッションはホワイトカラーの「生産性革命」であり、その中で特に経費精算は「非効率の塊」と捉え、自分たちがテクノロジーとデザインの力でそれを解決できる一番近いポジションにいると考えています。この経費精算を変革することで、企業活動の主役である従業員の「働き方の改革」とキャッシュフロー経営による「経営の健全化」を同時に実現し、グルーバル競争力を中小企業全体で高めることができます。 それだけでなく、一般社団法人Fintech協会での非営利活動を通して、2020年に向けペーパーレスとキャッシュレス化を中長期的に進めています。

どうやっているのか

弊社の価値観
大手町FINOLAB
ミッションは「Power to the Crowds」、既存の枠組みにとらわれない、新しい発想で世界を変革する「個」を応援することです。 「個」の意味するところは広く、弊社スタッフも含まれます。クラウドキャストという社名に込められた企業理念をベースに自宅勤務、週休3日、クリエイティブ休暇などこれまでの雇用や待遇の常識にとらわれない働き方を追求します。弊社自身が男女、国籍に関係なく働きやすい会社を目指し、事業を通して女性の社会進出や起業家をサポートします。 製品開発はグローバル規模で場所や時間、国籍に関係なく行われています。各々が好きな場所をオフィス代わりにして仕事をしています。できるひとにTOEICのスコアや報告書などは必要ありません。 1000名のサラリーマン技術者よりも少数精鋭の数10名のチームの方がいいソフトウェアが作れることを知っています。少さなチームを保つことで、全体の管理コストやオフィスなどにかかる固定費を抑え、大きな仕事をすることで利益体質にできればもっと人材やお客様、そして社会に還元できます。

Page top icon