1
/
5

なにをやっているのか

Dtto アプリ画面
2021 年春、私たちは Dtto (https://www.dtto.com)という名の 、日本の大学生のための新たな SNS サービスを開始しました。「自由な発想と自らの価値観を安心して共有できる場所」を創ることに日々取り組み、「日本最大の大学生ソーシャルメディア」を目指しています。 Dttoは、一日一回に同じ大学の学生でも、他大生でも、趣味を通じての友達を作る「一日一会」機能があり、各テーマに分けられた掲示板で自分の好きなことや興味のあることについて匿名で討論や情報のシェアができたりします。 通っている大学や先輩後輩などの垣根なく、仲間と気軽に楽しく情報交換やオンライン交流が可能となっているプラットフォーム、それが Dtto です。 台湾では Dcard(https://www.dcard.tw)という名で大学生を中心としたたくさんのユーザーに愛されています。 Dcard は台湾国内の SNS ランキングで常にトップ5にランクしており、台湾の人口3分の1が使用している匿名コミュニティです。 毎月のユニークユーザー数は 2,000 万人、毎日何万人ものユーザーが Dcard 上で投稿を読み書きし交流しています。 一人一人が安心して自分のことを語れるプラットフォームの創造に尽力しており、誰もが自由にエピソードを共有できる新世代のコミュニティサービスを提供しています。 【関連記事】 ・日経クロストレンド:https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/casestudy/00012/00617/ ・Diamond Signal:https://signal.diamond.jp/articles/-/728 ・Forbes JAPAN:https://forbesjapan.com/articles/detail/41841/1/1/1

なぜやるのか

コアバリュー
【Our Mission】 ー 全ての人が共感をここで求められる ー 人は誰でも「自分のことを理解して欲しい、知って欲しい」と思っています。 私達は科学技術と人文学を融合させ、すべての人の生活を豊かにし、すべての人が共感でつながるように架け橋を築いていきたいと思います。 【Our Core Value】 私達は生み出した共通の価値観が統一的決定や行動基準となり、議論の共通認識にすることで、目標の実現につながることに期待します。 共通の価値観は既存の従業員だけでなく、これから Dtto に加わる新メンバーにもこの価値観を共有することによって、人材選びや仕事の効率を向上させます。 ⑴ Be Open-minded オープンマインドである   多様なる意見こそ化学反応を起こすことができます。私たちはメンバーそれぞれの考えを尊重し、様々な異なる意見に耳を傾けています。 ⑵ Keep Breaking 革新し続ける   私たちの市場は絶えず変化し続けています。現状に満足せず、常に更なる高みを求め、限界を超え続けていくことでイノベーションを実現することができます。 ⑶ Take Ownership 責任を持つ   自分たちの役割を果たすだけでなく、チームの目標達成のため積極的にサポートしていくことで、ポジティブな影響力が発揮できます。 ⑷ Move Fast 迅速な行動   「巧遅は拙速に如かず」ということわざがあります。私たちは、困難に直面しても躊躇わずチャレンジし続ける姿勢を大切にしています。 ⑸ Focus on Impact 影響力を重視、重要なことに重点を置く   私たちは多角的な視点と思考で優先順位を判断し、顧客ニーズを起点として強いインパクトを与えるということに重点を置いています。

どうやっているのか

オフィス風景
Dtto には無限の成長空間があり、自ら新しいマーケットを開拓し、影響力のある商品を創ることができます。チーム内では、それぞれが得意とする専門分野で潜在能力が十分に発揮できるよう心がけています。 Dtto では、学習に必要なリソースが手に入るため、IT および SNS 業界での深い知識と実践経験を習得することができます。 私たちのチームに才能あるあなたが加わり、共に素晴らしいサービスを創造できることを願っています。 【Dtto チームの紹介】 Dtto は、大学生に匿名のコミュニティ/フォーラムサービスを提供するプラットフォームであり、そのユーザー数は、リリースしてから1年で 30,000 人を超えました。ユーザーが Dtto で安心して話し合ったり共感を求められること期待しています。 よって、日々マーケティング、コミュニティ、プロダクトなどの部署と連携しながら、Dtto のサービスを創り上げていく必要があります。日本チームの一員として、さまざまな分野に向けて、ユーザーに最高の体験を提供します。