【社員インタビュー】自社アドテク製品開発に関わっている私が、大切にしていること

今回は、新卒でプログラム未経験で入社し、自社の広告配信システム「admage®」の開発を行っている笹原 有紗さんにインタビューしました。入社を決めた理由は何だったのか、働く上で大切にしていることやこれからどのような仕事をしていきたいのかを詳しくお伺いしました。

一次請けでお客様と伴走したい!

-笹原さんは新卒で当社に入社をしていますが、なぜ当社を選んだのですか?

私は最初からエンジニアになりたいと思って、エンジニア職に絞って就職活動をしていました。
SIerでいくつか内定をいただいたのですが、ディマージシェアの説明会で一次請けと二次請けの会社の違いを知って、私は一次請けで仕事がしたいと強く思うようになりました。
元々内定をもらったところはよくよく聞いてみると、二次請けやSESの会社だったので、迷わずディマージシェアの選考に進みました。

ディマージシェアは文系でもしっかりした研修制度で一人前になれるとのことだったので、私は趣味でホームページを作るなどプログラミングに触れる程度でしたが、受け入れていただいたことにを嬉しく思っています。

-実際に入社してみてどうですか?

「お客さんに近い位置で、お客さんと直接対峙したい」という理由で一次請けができるディマージシェアを選んだのですが、実際にかなりお客様に近い位置で仕事ができていると思います。
毎日お客様と電話やチャットをしながら、どうやってお客様の要望を実現しようか考える日々です。

-具体的にどのような仕事をされているのですか?

私は大きく2つの業務を受け持っています。
1つは「admage®」という広告配信システムを導入いただいている既存顧客からの問い合わせ対応です。
要望を聞いたり、使い方の質問に答えたりしており、お客様がどのようなことも求めているのか、困っているのかがすごくよくわかるのでとても勉強になっています。
その際にサーバーを触ることもあるので、エンジニアとして幅広い経験ができています。

もう1つは、カスタマイズして導入する際の開発業務です。
私は未経験で入社したということもあり、まだ0から作り上げた経験はないのですが、設計書に基づいて開発しながら、お客様の追加要望も反映させつつ、開発を行っています。

相手以上に相手のことを考える!

-お客様と仕事をする上で、どのようなことを大切にしていますか?

当社の強みは、技術力の高さとともに、すべてのエンジニアがお客様に真摯に向き合っているところだと思っています。
私もこの強みはしっかりとお客様に伝えていきたいと思っており、以下の3つは常に意識をしています。
1.クイックレスポンスをすること
2.お客様がシステムを運用するところまで先読みして提案すること
3.お客様の理解度に合わせた説明をすること

相手以上に相手のことを考えて仕事をしています。

-これからどのようなことをやっていきたいですか?

まだまだ未熟なので、やりたいことだらけです。
これからは要件定義の段階からお客様のニーズを引き出して、より高いレベルでそのニーズを実現させていきたいです。
私はチームで何か1つのことを成し遂げることが好きなので、私自身はもちろんですがチーム全体のレベルを上げていきたいと思っています。

また、私はWebデザインにも興味があったので、ワーキンググループ*で取り組んでいるデザインの研究はこれからも続けていきたいです。

*ワーキンググループ:業務に関係なくテーマ別に興味を持った人が集まって研究する社内の取り組み

意見を出し合って期待以上の成果を出す!

-ディマージシェアではどんな人が活躍していますか?

自分の意見をしっかり言える人が活躍していると思います。
チーム全員で意見を出し合って1つのものを作り上げたときに、良いものが出来上がると思っているので受け身ではない方が良いですね。
しっかりと周囲の意見を取り入れながら仕事を進めてくれる人が多いので、若手・ベテラン関わらず実際に意見が言える風土はありますよ。

-どんな人と一緒に働きたいですか?

お客様にとにかく寄り添ってあげられる人と、一緒に働きたいです。
「こんな資料を作ったらお客様も理解しやすいかな」「ここまで事前に調べたら意思決定しやすいかな」というように、お客様のことを想像して行動することを楽しめる人がいてくれたら嬉しいです。
それがお客様の期待を越えていたら・・・と考えると、わくわくしちゃいますね。

-ありがとうございました。

株式会社ディマージシェア's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more