世界最大のビジネス誌「Forbes」が8月3日に発表した「アジアの売上10億ドル以下の優良企業200社」(Asia’s 200 Best Under A Billion)に、ディップが選出。

同調査の選考対象となっているのはアジア太平洋地域で年間500 万ドルから10億ドル(日本円にすると約6億円~1,200億円)の売上を計上している上場企業17,000社、この中から過去3年間にわたり堅実な収益性、成長性を維持した企業200社が選出されました。

日本からはコロプラ、朝日インテックなどたったの13社が選出

→その他日本企業で選出されたのは朝日インテック/コロプラ/フィックスターズ/ジャパンマテリアル/リニカル/M&Aキャピタルパートナーズ/モノタロウ/ペプチドリーム/SFPダイニング/新報国製鉄/サンフロンティア不動産/ダブル・スコープの12社

200社リストはこちら(英語サイト)
http://www.forbes.com/asia200/list/#search:Japan

Page top icon