1
/
5

【人事インタビュー】DYMは今が「入りどき」! 自分は勿論、会社も圧倒的スピードで成長しているとう実感が欲しいなら、今DYMで働くことが面白い!

設立から20年弱で約170億円の売上規模まで駆け上がってきたDYM。その成長の原動力は何と言っても「人」。営業としての活躍が社長の目に留まり、人事採用から会社の成長を任されたのが今回お話をお伺いした塩田さん。DYMで働くことの面白さと、入社すべき理由について、語ってもらいました。

塩田さん、本日はよろしくお願いいたします。

塩田:よろしくお願いいたします。私は今DYMで人事部課長代理として勤務しております、塩田友孝と申します。今は中途採用全般に関わる仕事をしています。

ありがとうございます。早速ではありますが、塩田さんがDYMに入社された経緯についてお伺いして良いですか?

塩田:はい。大学卒業後、前職の会社に営業として入社しました。そこではとにかく必死に頑張り続けていたこともあり、トップセールスとして社長賞をはじめ、いくつかの賞をいただくこともできました。そしてDYMとの出会いは、その前職で働いていた際に私の出向先だったこと。当時DYMはWEBマーケティングの会社として、かなり秀でていると評判で、前職の会社から「DYMに行って学んで来い」と私は送り出されました。出向当初の私は「WEBマーケティングのノウハウや営業力を学んだらすぐに戻ろう」と思っていたのですが、働いているうちにDYMの魅力にひかれていきました。何にひかれたのかというとまずは人です。とにかく若くてエネルギッシュな社員がとても多く、しかもまじめで優秀な社員が多いと感じました。では何が優秀かというと、論理的思考力がとても高いという点がまずあげられます。お客さまへの提案内容がかなり深く考えた上で作りこまれており、先の先まで読んだ提案になっていました。なので、提案も自信をもって行うことができ、受注精度も高かった。まずはここに感銘を受けました。

なるほど、営業として成功を収めていたといっても過言ではない塩田さんから見ても優秀な人材がいると感じられたのですね?

塩田:はい、とても良い驚きでした。社員同士の普段の会話でも前職にはない面白さがあったり、あとは絶対ネガティブなことを言わない。常に前を向いて「どうすればできるのか」を考える建設的な意見交換が多いんですね。お客さまには一部上場企業もあり、そこの役職者に提案するケースも多くあります。それでもまったくひるまずに自分の考えを提案できるのは、普段からしっかりと自分の意見をもって、その意見をどうすれば実現できるのかを考え続けているからなのだと思います。あとは全力で仕事と向き合う気の強さにも驚きと感銘を受けました。

まさに成長の原動力が見えてくるお話ですね。DYMはいわゆるベンチャー企業であると思いますが、社長さんとの距離感などはいかがですか?

塩田:実はDYMに転職をしたいと思った理由のうち、大きかったのが社長の存在なんです。社長の人柄と経営者としての素養に強くひかれました。まずは当然ではありますが、非常に論理性が高い。ベンチャーというと勢いで進むというイメージがどうしても出てきますが、弊社の社長は何かを進めるときに、自社の強みや誰に任せれば良いのかまで考えて、さらに本当に成功するまでの道筋を考え続ける戦略家です。私はこれをとても頼もしく感じて、「この社長のもとで仕事をしたい」と思いました。また、人柄という面では軸の強さや社員へのコミットという面が際立っていると思います。DYMでは3カ月に一度表彰式があるのですが、ここで全社員へ発信する内容が一切ブレないのです。当然外部環境によるブラッシュアップはありますが、会社のビジョンとして掲げている「世界で一番社会を変える会社を創る」ということへのアプローチは絶対に変わりません。また社長がよく言うのが「同級生の誰よりもいい生活をさせるぞ、出世をさせるぞ」というもの。荒唐無稽と思われてしまうかもしれませんが、実際に多くの社員がこれを実現できています。なので社長を信じて皆がついていく。とても良い流れができており、これが会社成長の一つの大きな理由になっていると思います。

とても魅力的な社長さんですね。社員さんがうらやましい!ところで塩田さんの転職はスムーズに進んだのですか?

塩田:そうですね。前職の上長にお願いをして円満に転職をすることができました。「頑張ってこい」と気持ちよく送り出していただいて、今も本当に感謝をしています。前職も今の会社にも恵まれたなと思っています。




塩田さんご自身は、DYMに転職された後、どのようなキャリアを歩んでこられたのですか?

塩田:転職直後はWEB広告やマーケティングに関わる業務を行っていました。それこそ上場企業を相手に仕事をする機会もたくさんあり、知識的にもスキル的にも大きく成長することができました。特に注力していたのがWEB広告との関わりが薄かったお客さまに対して、WEB広告の良さや仕組みを伝えることで、その会社のWEB広告関連の業務すべてをDYMに任せてもらえるスキーム作りです。WEB広告を扱う会社はDYM以外にもたくさんありますが、自分に任せてもらえるように、とにかくお客さまのご要望に応じて素早いレスポンスを意識して、なおかつ誠実に向き合うことで、信頼関係を築いていきました。これによって深くお付き合いいただけるお客さまもできて、時には夕食をご一緒させていただくなど、人としての良いお付き合いもできるようになっていきました。ある案件では、新商品のリリースに関するWEB広告一式を全部お任せいただけるなど、非常に大きな受注を経験することができ、自分にとっても会社にとっても大きな成功の一つとすることができました。

それは素晴らしいですね!仕事がどんどん楽しくなりますね!

塩田:転職した意味があったと思いましたね。そして、WEB広告の仕事が軌道に乗ってきたところで、健診クリニックに関する事業部へ異動することになりました。

え!そんなに活躍していたのに異動になったのですか!?

塩田:会社が渋谷に健診クリニックをつくったのですが、これを軌道に乗せるためにメンバーが選抜されて、集められたのです。

じゃあ抜擢されたってことですね!すごい!

塩田:いえいえそんな!ミッションはシンプルで、健診センターを法人に活用いただけるように営業をかけること、新規開拓営業ですね。それこそアポ取りから飛び込みまで、できることは何でもやりました。その一方で異動当初は「健診」という言葉の意味すらあやふやなメンバーもいて、かなり大変な状況でした。それでもとても優秀なマネージャー陣がそろっていたことと、そのマネージャー陣が明確な戦略を立ててくれていたおかげで業務はどんどん軌道に乗っていき、比較的早めに黒字化することに成功しました。私は今でもこのときの上司のマネジメントを覚えており、自分でも実践するように心がけています。具体的には「決して感情的にならない」「数字管理を厳格に行う」「まず自分が誰よりもやる」ということです。特に「まず自分が誰よりもやる」ということは大切で、上司が動いていれば、部下は「自分たちだってやるぞ」という気持ちになり、全体が活性化することになります。またときには人間らしく寄り添うことも大切であることを学びました。DYMの社内には、このときにお世話になったようなマネージャーがたくさんおり、これはきっと社風なんだろうなと思っています。

実際この部署にいるときにマネージャーに昇進させていただいたのですが、マネジメントでは、自分の上司に学んだことを実践していました。そのおかげもあってか、自分の課は毎回予算を達成することができて、自分も部下も良い評価をいただくことができました。

そして今の部署、人事に異動になるんですね?それまで現場での営業一筋だった塩田さんだったと思うのですが、驚きはありましたか?

塩田:多少は驚きましたが、総合職採用だったので「わかりました」とすぐに受け入れられました。また、後で聞いた話なのですが、人事採用部門を拡大するにあたって、社長が私を指名してくれたらしいのです。これはとてもうれしかったですね。異動を告げられたときは、クリニックが好きだったので少し寂しさを感じたり、人事の仕事が自分にできるのかと少し不安に思ったりもしましたが、全部吹っ飛ぶくらいのうれしさでした。

塩田さんでも不安に思うことがあるんですね。

塩田:学生時代に就職活動をしていたときから、人事は会社の顔だなと思っていたことや、会社の成長に必要な「人」を扱う会社の核であるという責任感、また社内では模範にならないといけないという思いもあり、多少の不安は感じました。もっとも今では杞憂だったなと思っていますが。

今の人事という立場で考えたとき、どのような人がDYMで活躍できる人材であると思いますか?

塩田:まずは周りに流されないで自分の軸をブラさずにやりきれる人、また小さな失敗を気にせず動き続けられる人が活躍できるのかなと思います。少しわがままなくらい自分が思ったことをやり通せる人は、負けず嫌いで突き詰める能力も高いのかなと思います。動き続けられる人という面では、弊社はとにかく行動量が大切な会社なので、いちいち停滞してしまう人には厳しいかもしれません。あとは、素直さも大切かもしれません。素直な人は吸収力が高いので、成長力も高いですね。

ありがとうございます。最後にDYMという会社を、この記事を読んでいる方々にアピールしてください!

塩田:DYMという会社は今もどんどん成長しています。高い目標への挑戦を続けているので「大きい会社をつくりたい」「成長・成功したい」という人にはとても面白い会社だと思います。挑戦することにワクワクできる人には絶対オススメの会社で、今は本当に入りどきの会社だと思いますよ!



株式会社DYMでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社DYMからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?