Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

私たちは、メンバー各々の特性を活かした柔軟性の高いプロジェクト運用を得意とし、企画提案からサービスデザイン、システム開発、運用マネジメントまで一貫したスピードと品質を提供しています。

なぜやるのか

「エンジニア、デザイナーが輝ける環境を創ることが、クライアントの満足と会社の成長に繋がっていく」 学生時代から、規模も事業形態も様々なウェブ制作の現場で働いてきた代表が、制作者の目線で作ったのが、株式会社ENO。 数々の現場やプロジェクトを、いろんな立ち場で経験してきたからこそ感じた「働き方」への想いをENOに詰め込み、起業しました。 「いいシゴトは新しいシゴトを連れてくる」 弊社には、営業職がいません。 ENOでは、クライアントと作り手が直接やりとりをしてプロジェクトを進めていきます。 受け身ではなく、提案もできる状態で仕事ができることで、やりがいや自己実現につながっていくと考えています。 そうしてできあがったものは、クライアントの期待に応えることができる。 そして次へと繋がっていきます。 「まだまだたくさんつくりたい」 クライアントがそれぞれの業界での最先端であるような面白い、役立つシステムやサービスを提供していきたい。 それが会社にとっての社会貢献であると考えています。

どうやっているのか

▼ ENOのススメ 営業職をおかず、エンジニア、デザイナーが中心となってディレクションしていくことで、クオリティーを高めることに注力しています。 クライアントとのやりとりからプロジェクト全体ができあがり、スケジュールや作業内容が決まります。 社内のミーティングでお互いのやりたいことや仕事量、スケジュールを見て誰が何をするか判断し、作業を進めます。 質を高めることが、クライアントの期待を上回るだけでなく、社員の成長と自己実現につながっていき、そしてその仕事が新たな仕事を呼んでくる、このサイクルが会社を育ててきました。これからもそうして皆が満足できる仕事を続けていきます。 ▼言葉通りのアットホーム感 一緒に働くメンバーは、忙しい中でもコミュニケーションをとることを忘れません。 机に向かいながらも会話する光景を多く見かけます。 一日に一度は、ここは家でしょうか?という光景も目にします。 (ここは実際に入って確かめてください。) ミーティングもこまめに行なっており、お互いの状況やプロジェクト進捗はしっかりと把握し、フォローも都度行なっています。 プライベートを充実させることも大事にしています。