1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

私が圓陣に入社した理由〜Part1【出会い編】

みなさんはじめまして。株式会社圓陣、採用担当の安中彩季 (あんなか さき) です。

第一回目の投稿は、「私が圓陣に入社した理由」についてお話していきたいと思います。

二回に分けてお届けする予定です!今回はそのPart1【出会い編】をお送りします。

就活の軸、進め方

私が就活をスタートさせたのは2019年、大学3年生の夏頃でした。当時は大学でキャリアの授業が始まり、友達との会話にも「就活」という言葉が飛び交うようになったりと、周りの影響から就活を進めていた部分が大きかったと思います。

そんな私の就活の軸は 働く仲間や環境を大切にしている会社で働きたい でした。

具体的には下記のような項目に注目していました。

  • お互いに刺激し合える仲間がいる
  • 一人一人の強みを活かしたチーム感がある
  • 同じ目標(理念)に向かって進んでいける

初めは、マイナビやリクナビに掲載されている募集記事を見て、インターンや説明会に行っていました。しかし、企業に直接伺ってみると募集記事で感じたイメージとかけ離れていることもあり、違和感を感じる場面も少なくありませんでした。自分の理想と異なる企業へ行き長時間話を聴くことは時間のロスであると感じ始め、そこから積極的に合同説明会へ足を運ぶようになりました。『土日は必ず動く!フットワーク軽く!』こんな思いで行っていました。笑

就活生には合同説明会へ行くこと自体「誰でもやってるよ」と思われてしまうかもしれませんが、私にとってはこの方法が一番自分に合っていました。なぜかというと、直接見て気になる企業を発見し、実際に働く社員から直接話を聞き、会社説明会に行く前に会社や社員の雰囲気を知れる、一日に多くの企業を知れる…などが理由です。掲げた軸に向かって就活を進めていくための行動を起こせたことは、私にとって大きな一歩でした。

出会い

私はいつものように合同説明会へ足を運びました。その日参加した合同説明会は規模感がそこまで大きくなかった為、会場を一周することができたのですが…その中でもひときわブースで熱いプレゼンをしている企業がありました。気になって話を聞いてみると、『ひとってワードが沢山出てくるなぁ』そんな第一印象でした。他にも『「こころを、あげる。」理念ってどいうこと?』『様々な事業を行っているんだ、面白そうだなー』というところに興味を持ち、インターンシップへ応募しました。

そしてこのブースで熱いプレゼンをしていたのが、私の今の上司に当たる國崎さん。あの時まさか、一年後に直属の上司になっているとは思ってもみませんでした...!ですが私が圓陣を知るきっかけになった方と、今こうして仕事ができていることは、本当に嬉しいことだなと日々感じています。

インターンシップ

私が参加をした圓陣のインターンシップでは、グループワーク中心のプログラムでした。グループディスカッションのような堅い形式ではなく、問に対してみんなで話し合い、答えを導きだすような『チーム感・達成感』を味わうことができるワークであったと今でも覚えています。また、インターンシップ自体がストーリー仕立てになっており、複数回参加をすることでストーリーが完結できる形になっていました。一つずつこなしていくことで自身のステップアップを感じることができ、とても楽しみながらインターンへ参加をしていました。

現在圓陣の採用担当になり、記事作成の為過去に開催されたインターンシップの写真を何気なく見ていると…当時学生であった私の姿があったのです!まさか写真が残っているとは思わなかったのと、國崎さんに当時の私の印象を教えてもらい、とても恥ずかしくなりました...笑

▲ 見つけた写真です。。一番左が私ですね。ニックネームのプレートも作ったりと楽しくワークをしていました!

選考

圓陣の選考では、複数回の面接に加え「面談」が同時並行で行われました。面談では、自分の過去や現在、そして未来のことなど様々な角度から自分のキャリアについて人事の方と一緒に考え可視化をしました。自分自身のことをアウトプットし、自分がどんな人物であったのか、今後どのような人物になっていきたいのかを考え、さらに他者からの客観的な意見や質問をもらうことで、深く自分と向き合うことができたことを鮮明に覚えています。

私自身この面談を通じて、自分を素直に伝えることができたと感じています。「なんで?」や「どうして?」という質問を多く投げかけてもらい、自分の真の想いや考えを掘り出すことができました。学生であっても誠意をもって真剣に向き合って下さり、圓陣のSTATEMENT「こころを、あげる。」を肌で感じることができた面談でもありました。

面接は一次、二次、最終と全部で三回行いました。最終面接は、圓陣の社長であるいのさんということもり、ガッチガチに緊張していたのを覚えています。。ただ始まってみると、とても話しやすくあっという間に時間が過ぎていました。

内定

そして無事内定を頂くことができました!!(^o^)ヤッターーーーー!!!!!

この内定通知でも「こころを、あげる。」を感じることができたんです!!

内定通知はzoomで行われました。オンライン上ですが直接顔を合わせた状態で合否の結果を聞く、というこれまでの就活で経験したことのない新しい形に正直驚きもありましたが、新鮮さワクワク感がありました。また、zoomを使って結果通知をする理由として「ひと」を大事にする想いが込められていることを知った時は、改めて「こころを、あげる。」という理念を感じました。

ですが...直ぐには内定承諾できずにいた私…。その後なぜ圓陣に入社することを決めたのか...

この続きは「私が圓陣に入社した理由」Part2【決め手編】でお送りします!公開まで今しばらくお待ちください!

株式会社圓陣では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング