1
/
5

<案件紹介>ハンズオンコンサルティングの真髄~Part.2~

こんにちは!エスネットワークスの山本です!前回に引き続き案件事例の紹介をいたします。

Part.1では財務コンサルティングから派生したCFOというポジションの幅の広さをご紹介いたしました。

今回は改めて対応領域の「幅の広さ」について具体例を交えてご紹介させていただきます。

案件概要

クライアント:ある地方の有力企業(日本人であれば誰もが知っている有名飲料メーカーです!)

関与期間  :10ヵ月間(平日はずっとクライアント先に常駐です!)

案件受注の経緯:

投資ファンドの出資を受け、完全子会社となった企業への財務経理/生産管理に関するPMIの依頼を受けたことから案件が開始いたしました。コンサルティングの方法としてはクライアントへの完全常駐を行いメンバーは月~金まで毎日クライアントの社員さんとともに仕事をしていました。

ただしこちらの企業より依頼を受けたコンサルティング会社は当社だけではなく大手コンサルティングファームも同じタイミングで依頼を受けていたため提案力、実行力で負けられないという案件でした!


依頼を受けた内容について

当初、依頼をいただいた内容は前回の記事でご紹介させていただいた通り

① 財務経理

② 生産管理

に関するコンサルティングでした。

今回は

③ マーケティング

④ 営業推進

について取り組みを行った施策についてご紹介させていただきます!


マーケティング

クライアントの製品の販売状況に関する市場分析を実施

・プロダクトカテゴリー

・年齢、性別

・ニーズ

・社会的関心   etc…

などなど普段あまり関わることのない業務領域にも挑戦!攻めるべきターゲットやポジショニングを明確化することに取り組みました。調査会社にも協力をお願いし消費者目線での調査も実施。


営業推進

営業施策について様々な角度から検証!

・POSデータの分析

・フレックスタイム制度の導入

・営業行動管理システムの導入  etc…

営業基盤に入り込むコンサルティングを実施しました。営業社員の働き方や売り上げの安定化を実現させるべく着手したため財務コンサルティングとは違うアイデアを求められとても勉強になった案件でした!


ポイント

マーケティングと営業推進を行う中で一番のポイントは、一緒にお仕事をしたクライアントの経営陣のみなさまが日本でトップに君臨するマーケティングのプロや営業施策の権威者と一緒に仕事が出来たことです。もちろん非常にプレッシャーの強い案件ではありましたが、普通であればお会いできない方々と一緒に仕事をさせていただきOJTで新たな領域に飛び込むことができた素晴らしいプロジェクトでした。

また嬉しいことに本プロジェクトに関与していた当社の社員はその日本屈指のトップビジネスマンの方々に

「うちの会社に来い」

「大手のコンサルティングファームよりも良い仕事をするコンサルティングファームと初めて出会いました」

「また一緒に仕事をしましょう」

などお褒めの言葉をたくさんいただきました!

またプロジェクトの終了時には総勢47名の社員のみなさまが送別会にも参加いただきメンバーにとっても非常にやりがいのあった案件だったという話を聞いております。

このように成功に至った理由は泥臭くこだわりを持って相手のことを知ろうとするからこそ相手も応えてくれたのだと思っています。私たちは日々、相手のために仕事をしています。しかしただ単純に自己犠牲だけをしているわけではありません。自分ではない誰かのために仕事をし続けることで自分自身に返ってくるものが大きくなると思っています。

貴方様がもし「熱く」仕事をしたいと思っていらっしゃいましたらぜひ、一度当社にお越しください!

ご応募、心よりお待ちしております。


株式会社エスネットワークス

グローバルヒト本部

山本知尋

エスネットワークス's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more