Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

集合写真です。
コンテンツ東京2019に出展しました。
ビデオテクノロジーとビッグデータで企業とクリエイターをエンパワーメントするというミッションのもと、弊社はインターネットを利用した世の中に役立つサービスを自らで創ることを社会的意義として、日々活動しております。 我々は、圧倒的な情報量を有し、イメージ、コンセプト、感情をフワッと伝えることができ、そして記憶に残りやすい動画というコンテンツを軸に、テクノロジーとマーケティングの両方からソリューションを提供しています。 ■クラウド事業  クラウド型動画配信サービス「ミルビィ」 ■マーケティング支援事業  動画アナリティクスサービス「kamui tracker」 ■メディア事業  YouTube上でのメディア運用 サービスについて 〇クラウド型動画配信システム『millvi』 ~国内600社以上導入!多数のサービスと連携実績有り~ 企業の動画活用に必要な機能を完備した、 クラウド型動画配信システム『millvi(ミルビィ)』をメインに、 様々な動画配信ソリューションをご提供しています。 ・簡単操作 Web上の専用管理画面から動画をアップロードするだけで、 誰でも簡単に任意のサイト内でのストリーミング動画配信を実現します。 ・強みと用途 「APIファーストな作り, HTML5対応, 高セキュリティ, カスタムプレイヤー, etc.」を武器に、 ファンクラブサイト構築CMSとの連携、従業員向けトレーニング用動画活用、セミナーのライブ配信、動画投稿キャンペーンサイト立ち上げ等の様々な活用方法がございます。 (連携他社サービス:SPIRAL, eラーニングマネージャーz, LearnO, etc. ) 〇動画アナリティクスサービス「kamui tracker」 ~動画マーケティングをもっと簡単にもっとかしこく~ 上記をコンセプトに、YouTubeなど国内の主要動画プラットフォーム上の膨大なデータを集計し、 様々なデータ指標を見やすいUIで整理した「kamui tracker」を提供。 「HIKAKIN(ヒカキン)」をはじめとする、YouTuber(ユーチューバー)を起用した インフルエンサーマーケティングが増加する一方、企業のマーケティング担当者のなかでは、 「意思決定に必要な根拠データ」「業務効率」を課題として抱えていました。 「kamui tracker」では、2,000万本以上の動画視聴データと、 動画を投稿する11万以上のアカウント(YouTubeチャンネル)データを保有し、 多様な推計データを提供することで、企業のマーケティング担当者の課題を解決しています。 他社で提供する競合サービスも少なく、 スマホゲーム会社・おもちゃメーカー、美容コスメメーカー、広告代理店など 様々な企業にてkamui trackerが導入されており、これからの動画マーケティングのスタンダードを確立すべく、継続的に機能のアップデートを実施しております。 2016年1月 YouTuber向け、無料サービスを提供開始 2017年3月 法人向け有償サービスの提供・販売を開始 2017年7月 LINENEWSトップに「kamui tracker」のデータをもとにしたランキング記事が掲載 2017年11月 無料サービス登録者:2,200以上 有償サービス利用者:100社以上(試用版含む) ■主要取引先 Amazon Web Services、NTTドコモ、NTTPCコミュニケーションズ、エイベックス、アミューズ、エン・ジャパン、キヤノンマーケティングジャパン、ぐるなび、シーエー・モバイル、ソフトバンクテレコム、電通、日産自動車他、ネスレ日本、多数(五十音順・敬称略) ============================== ■エビリー紹介ページ 会社HP http://eviry.com/ Facebookページ http://www.facebook.com/eviry.inc Linkedinページ http://www.linkedin.com/company/2883810?trk=tyah

なぜやるのか

2018年6月25日に新オフィスに移転しました!風通しが良く、自由で働きやすい職場です。
朝会や全体会議の場を設け、チーム一丸となって仕事に臨みます。
【エビリーのミッションステートメント】 「ビデオテクノロジーとビッグデータで企業とクリエイターをエンパワーメントする」  これが、私たちエビリーのミッションステートメントです。 自らサービスを創る事にこだわるのは、目には見えない技術の結晶が自社で蓄積される事により、エビリーを発展させていくための貴重な財産となるから。 その財産を自社で持ち続けている限り、エビリーは今後も発展し続けますし、業界内の競争でも負けることはないと自信を持っています。 国内の動画サービスは2015年が元年と言われるように、スマートフォンに特化したマイクロコンテンツ、教育コンテンツの充実、LIVE配信や動画広告事業など新しい事業が立ち上がることで国内の動画配信システムの市場規模は今後も拡大し続ける事が予想されています。 そんな可能性を秘めたマーケットで、弊社のメインサービスである国内最大級の動画プラットフォーム「millvi」は600社以上のお客様にご利用いただいております。 【エビリーの今後の目標】 エビリーの今後の目標は、今手掛けているサービスを日本で№1にすること。 何百万人何千万人というユーザーに対して、社会的な影響を持つものを、今後も100%自社開発で進めて行きたいと思っています。 また、数年以内には海外、特にアジアへの進出も計画しています。アジアでも、我々が作ったサービスが№1となる日はそう遠くないと確信しています。 もちろん、上場も視野には入れていますが、これは「目標」ではなく自社のサービスを拡大し、世界的なものへと発展させるための1ステップです。 まずは、日本での№1を目指し、社員一丸となって取り組んで行こうと思っています。 ============================== 一緒に日本一を目指し、世界で戦っていける企業を創りましょう!

どうやっているのか

社内イベントの様子
女性も活躍中です!
上記「ミルビィ」と「kamui tracker」の他に新しい事業としてYouTubeのチャンネル運営やYouTuberの支援を行う「メディア事業部」を立ち上げています。 「ミルビィ」「kamui tracker」で得た動画サービスの知見やデータを元に、データドリブンでコンテンツ企画や支援をするという新しい分野です。 次世代のITインフラを創りたい、広めていきたいという熱意を持った方でしたら、エビリーの仕事にやりがいを持っていただけるのではないかと思います。 【今後の事業構想】 今後は「ECサイト事業」と「動画広告事業」も行っていきたいと考えています。 9兆円の市場規模があり、今後も伸びていくであろうECサイトの分野では、今後数年で今までとは違った購買活動がなされると思っています。そこで活躍するのが、自社の動画ビジネスで培ったノウハウなのです。 また、動画広告の事業についても今後確実に伸びてくると予想されるので、広告アドサーバーとの連携機能に特化し、仕組み自体をメディアに展開していけるようなビジネスプランも考えています。 その他にも、millviのログ解析データをつかった動画制作に関する事業など、「動画」を基軸とし、今後もどんどん攻めたサービスを展開していこうと思っています。

Page top icon