1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

Keep diving. Keep changing. IBMやLINEで数々のAI事業に携わった後、エクサウィザーズに"ダイブ"した理由

「本気で『ブレインテックをやろう!』と言ってくれた会社はエクサウィザーズしかなかった」

「エクサウィザーズ」で活躍する”ウィザーズたち”を紹介するストーリー。

今回は、物理学を学んだ後に、IBMやLINEでAI事業の立ち上げや開発に携わってきた佐々木レイさんです。現在は、エクサウィザーズでAIプロダクトのマネジメントやブレインテック事業の立ち上げを推進しています。”Life is Diving.”が人生のモットーのレイさんが、エクサウィザーズに「ダイブ」するまでと、これからの挑戦についてうかがいました。

■プロフィール

佐々木 レイ(ささき・れい)

東北大学大学院で素粒子物理学を専攻。CERN研究所に留学。その後、IBMにエンジニアとして入社し、第2世代AIを開発、第3世代AI「Watson」を推進。次にボストン・コンサルティング・グループに移り、戦略コンサルタントとしてクライアントのAIやIoT事業の立ち上げを支援。2017年にLINE株式会社に移り、AI領域の担当として「LINE BRAIN」の事業立ち上げや「CLOVA」の事業開発などに携わる。2020年、エクサウィザーズへ。本田圭佑氏が代表を務めるNowDo株式会社にもパラレルワークとして関わる。


続きはこちら。

ExaWizards Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう