1
/
5

リモートワーク環境を強化中です

コロナウィルスの影響で、スタッフがお子さんの世話をするために在宅した方が良い状況になり、今週から各自在宅でオフィスは空という日が増えています。

もともと在宅勤務のハードルは低かったのですが、改めてこれまでよりも積極的な在宅勤務環境を作ろうと目下色々調査中ということで、今日はそんな内容の日記です。

スタッフだけではなく、僕自身も今週3日目の在宅勤務をしていて、改めて在宅勤務の良さを感じています。まず何よりも通勤時間がないから同じ仕事量でも1日の疲れが少ないし、家族と過ごせる時間が長くなる。これは仕事どうこうということではなく、「人生」のレベルで価値があることだと思っています。どんなに仕事をバリバリこなしていても、家族関係が希薄で、家庭がつまらなければ、人生もつまらないと僕は思っていたのに、この1年間、新入社員を二人迎えたこともあって、在宅時間が減り、家族の中での自分自身の居場所がちょっと小さくなっているのを感じていました。そんな時にこのコロナウィルス騒動がやってきて、久しぶりに在宅メインの働き方を1週間続けてみて、やっぱり在宅勤務をもっと活用しようと思ったわけです。それから、オフィスの部屋より自宅の書斎の方が断然気持ちいいというのも結構大きいです!この書斎はほぼDIYなんですよ!すみません、会社と関係ないただの自慢です(笑)!

ところで、在宅勤務でも、出社勤務と変わらない成果を生み出すためには、いろんなツールを活用する必要がありますけれど、当社はもともとクラウドで全てのデータをシェアしていますし、基幹システムのsalesforceも、社内コミュニケーションツールのslackも、外注管理用のtodoistもクラウドなので、在宅への移行ハードルは無いようなものです。

とはいえ、社員の過半数が在宅勤務メインになると懸念されるのがチームワーク力の低下で、雑談から生まれるアイデアとか、チャットだと時間がかかってしまうまとまった話とか、そもそも誰かと一緒に仕事をしているという連帯感みたいなものが、在宅勤務でも失われないようにしなければならないですから、今のツールをもう少しうまく使いこなすための設定とかリテラシー向上とか、そういうことを進めようとしています。

そして環境をしっかり整えて、社員募集も在宅メインのリモートチームを前提に考えてみようと思いますので、興味のある方はぜひメッセージくださいね!

一般社団法人ユメ・フルサト's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings