1
/
5

入社2年目にして、中国出張?!しかも、ハーフマラソンに参加?!

こんにちは!東京支社営業部の臺坂(だいさか)です。

先日、私が中国の大連で行われたマラソン大会に参加いたしましたので、その背景と様子をご紹介させていただきます!!

マラソン大会に参加することになったきっかけ

フェンリルには、成都、大連と中国に“飛狼(フェイラン)”という子会社があります。

(※飛狼は、フェンリルの意味でもある“オオカミ”を表しています)

飛狼では、日本のお客様からの案件を担当してもらうこともあり、私が中国での営業も担当させていただくことになりました。

その後、すぐに成都飛狼への出張の機会をいただき、「大連飛狼にも行ってみたいなぁ…」と思っていたその時!

楽しそうな顔をして私のもとにやってきた、CEO牧野から衝撃の一言....

牧野「臺坂さん、大連でハーフマラソン走る?笑」

私「?!」

いやいやいやいや、無理!

20キロなんて走ったことないし、なんなら走るの嫌いだし、サッカー部だった現役時代から体重も増えたし、どう考えても無理だ!走れない!という気持ちでした。

しかしそれよりも、

「もし私がハーフマラソンを走ったら営業としてすごくいいネタになるのでは?」

という営業魂が燃えてしまい、快く引き受けることにしました。笑

大連マラソンまでの道のり

大連ハーフマラソンの参加が決まり、有難いことにお客様や社内のメンバーなどから、たくさんの応援(心配)の言葉をいただきました笑

中でも本当に感謝しているのが、フェンリルマラソン部の皆さんです。

一人で練習したくないなぁ…とそんなことを思っていた矢先、マラソン部の皆さんから、「週1で一緒にマラソンの練習をしよう!」と優しいお誘いを受けました。

マラソン部の皆さんは、同じペースで走ってくれたり、アドバイスをくれたり、ランニングウェアをくれたりと、本当に手厚くサポートしてくださり、 謝謝(シェイシェイ)でした。

そんなこんなでたくさん練習をして、いよいよ中国出張の日となりました。

本番までに20キロ走っておきたかったですが、結局は走ることができずに本番が…ドキドキ…

いざ、大連へ!!

東京から3~4時間ほどのフライトで大連に到着!!

中国独特の空気を胸いっぱいに吸い込んで、ついに来てしまったと実感しました。

正直、その時の気持ちとしては、20キロなんか走ったことがないし、きっと完走は無理だろうなぁと弱気な気持ちでした。


そしていよいよ当日!!天気は、とっても良好!!マラソン日和!!街中も大盛り上がり!!

大連のメンバーもやる気満々で、私も走るのが楽しみになってきました。

ここまできたら、あとは楽しむしかないですからね!


3万人の参加者がいる中で、いざスタートです!

最初の5キロ〜10キロは、練習の成果もあってすごく気持ちよく走ることができました!

中国語で頑張れ!を意味する「加油(ジャヨ)!!」という応援や、カラフルで派手な病院など、中国の様々な文化に触れることができて、参加してよかったなあと本当に思いました。


「きっと完走は無理だろう」とあきらめ半分でスタートしましたが、すごく気持ちが乗ってきた私は、どうしてもこのハーフマラソンを完走したくなりました。

ですが、ラスト5キロくらいから本当にしんどかったのを覚えています。

下半身の痛みがひどくなっていく最中、脱落者専用のお迎えバスが私と同じスピードで横を走っており、これに乗れば楽になる...これに乗ればもう走らなくていいんだ...と甘い誘惑と戦いながらも懸命に走りました。

(迫り来るお迎えのバス)

そして、ゴール!!!

バスの甘い誘惑をなんとか振りきり、3時間15分で完走しました!!!他のメンバーも無事に完走!!!!

スタート前の写真と比べると私だけ、一気に10歳くらい老けた。笑 

ゴールした後にもらったメダルとバナナは、今までもらったどんなメダルとバナナよりも嬉しかったです!!

終わりに

中国担当に任命されてから、中国出張やハーフマラソンの機会をいただいたりなど、毎日いろんな経験ができて、とても充実しています。

またマラソンの機会があれば、今度は自ら進んで応募したいと思っています!!

このような機会をくれたフェンリルにとても感謝しています!!ありがとうございます。

PS:走った後のビールがめちゃめちゃ美味しくて、どハマりしました。(お陰で、全然痩せなかった....。)

(大連に浸る臺坂)

フェンリル's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more