1
/
5

11月をもってFerixを離れることになりました。

こんにちは、エスユーエスの近藤です。
2回目の投稿ですがまさかの退場記事です。
山に登ってたのがまるで昨日のことのようです。

というわけで3年半程度お世話になりましたが、2020年11月をもってFerixを離れることになりました。

何故Ferixを離れるのか

内部的な事情は様々あるかとは存じますが、近藤の個人的な感情としては「このままFerixに居続けるのはもったいない」と感じたからです。

エンジニア未経験としてFerixに参画して以来お世辞を抜きにしても素晴らしい経験を積ませていただきました。しかしながらエンジニア未経験で来てしまったからこそ、他と比べてのFerixのいいところを言えない、感じれないということにもどかしさを感じていました。
「まぁ正直他を知らなくてもFerixめちゃくちゃいい会社だと思うし、このままFerixに居続けてもいいか…?」とかなんとかは100回くらいは考えたのですが、エスユーエスの派遣という形態も全然活かせておらず(前の現場は運用系だったのもあり)、「他も経験してみたい」という相談をしていたところ今回の話に至ったわけです。

何かいろいろ上でいいこと言おうとしたけど結果的には「流された」からかも知れない。
マツコデラックスも流されるのも悪くないみたいなこと言ってたような気がするので、自分でもいいんじゃないかと思ってます。わりと今までの人生流されてたような気もするので。こうなる流れにあったという事だと思います。

ちょっと前に同じ会社の岡本さんが めっちゃいい記事 書いてたような気がするけど、近藤はちょっとおふざけよりで行こうかと思います。
実はこの記事も結構流されて書いてます。しかもかなりギリギリで書いてます(執筆日 11/30)
そしてギリギリで書いてるので記事のために撮った画像とか何も用意できてないですね。さっぱりめです。内容は今考えてます。ということで、僕が感じたことを以下流れ&ノリで書きます。

Ferixの仕事について

「挑戦的」の一言に尽きるかと思います。
最初に関わった案件はAWSのEC2でのサーバサイド開発だったのですが、未経験とは言え今まで個人でやってきた開発は全てフロントエンドだったのに、実装をほとんど自分に任されてしまってかなりビビりました。
ただ、ここでビビり切ってめちゃくちゃAWS触りまくったのが功を奏したのか。次の案件また次の案件とAWSを触らせてもらえる機会が多くなり、何度目かの案件では僕が考えたサーバレスアーキテクチャを採用していただいたこともありました。
慣れない、且つすでに取得済みのことじゃなく新しいことを業務で触る、と言うのは大変プレッシャーに感じることもあったけど、これは結果的に自分を大きく成長させる要因になったと思います。

あとはやっぱり、オフィスが私服OKで土足厳禁なのはかなりいいと思う。
前の現場はスーツだったので、身軽な格好で作業するだけでこうもパフォーマンスが上がる(当社比)のかと驚きました。
お客様と直接F2Fでの会議などがある関係でスーツで出勤することも多々ありましたが、その日はあまりパフォーマンスが出てなかった気がします。勿論そういうのも大事ですが、プログラミングはスポーツ(?)なので身軽でできるのがいいと思います。

Ferixの仕事以外について

正直あまりプライベートでの繋がりはない気はします。(たまに登山とかはするけど)
主に特記すべきは以下の2つかなと思いました。

社員旅行

社員旅行です、ノリ的には修学旅行に近いです。
会社行事なんてあまり参加したくないタイプの僕でもノリノリで参加したくなるくらい楽しいです。
というか社員じゃなくても参加できます。懐が広い。
主に関東近郊の温泉地に行きます。自分が参加したのだと伊香保、鴨川、箱根ですね(年1行事なので毎回参加してますね)
一応プランを決めてそれに沿った形で進行するけどこれも割と自由で、任意のタイミングで合流・解散する方がいます。
もちろん酒とボドゲもあります。(そういえば、僕のことをめっちゃ人狼が強い人みたいに、よく新人の方とかに紹介されるんですけど、間違いなく性格悪い印象がつくので勘弁いただきたいです!)
あと終わった後にもテキトーに遊んだりします。鴨川行った時におっさん4人で海で遊んでたのが思い出深いです。

飲み会

飲み会です。通常飲み会でイメージするものは居酒屋チェーンなどに行ってのものだと思うのですが、Ferixスタイルだと会社の会議室で飲みます。(たまには居酒屋行ったりもしますが頻度としては社内のが多かった印象)
社内なのでお酒も食べ物もスーパーとかで買ってきます。あと会議室でやってるので仕事終わらせてからスッと参加してもいいし、ご飯だけ食べて帰ってもいいです。自由参加なので。
諸々含め超自由だと思います。ゲームやってたこともあるし。(宅飲みのよう…)
ただ最近はCOVID-19の流行で新歓迎会などリモート飲み会的なのになることが多く、少し物足りなさげではありました。やっぱ飲み会は直接会うのがいいとは思いますが仕方ないです。

最後に

もうなんか完全に近藤の主観というか感想というか要望ですけど、飲みとか旅行とか登山とか呼んでいただければ行くってくらいいい会社です。
ただ、めちゃくちゃ変化を秘めている会社だとも思うので、何も知らずに3年後くらいにどう変わっているかを見てみたいような気もします。
これからの僕とFerixの付き合い方、何も考えれてないので、とりあえず、「流れ」で行こうと思います。




最後の最後になりましたが、ここまで楽しく仕事ができたこと、いろいろと遊び倒せたことはFerixのメンバーのみなさん(もちろんエスユーエス他協力会社の皆さんも)、また近藤の提案を受け入れていただいたお客様のおかげです。この場を借りてお礼を言わせてください。

ありがとうございました。

株式会社フェリックスでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング