東大在学中に22歳で起業、社長を10年してみて分かったこと。そしてfreeeに転職した理由。

プロフィール

1983年富山県生まれ。東京大学法学部卒。在学中にWEBマーケティングの会社を立ち上げる。自社の経営と並行して一般社団法人を設立。運営や経営業務をおこなう。2016年5月、freee株式会社に入社。事業開発部のマネージャーとして従事。


世の中に影響を与え、貢献したいと思って起業した22歳。

私はfreeeに入る前は自分の会社の経営をしていました。会社を立ち上げたのは、21歳のとき。大学生でした。起業のきっかけは、ビジネスコンテストを開催するサークルへ加入したことでしょうか。サークル活動をしているうちに、事業を動かすことに興味を抱いたんです。当時はいわゆるITバブルの時代。堀江貴文さんが近鉄球団やニッポン放送を買収しようとしていた頃です。その姿を見て、世の中に影響を与え、貢献できる事業を動かすのは面白そうだと思っていました。


苦しんだのは、理想と現実のギャップ

事業自体は需要があり着々と拡大しました。しかし、ここで壁にぶつかった。今の事業を続けたとして、起業当初に思い描いていたようなビジョンを実現できるか、不安になってしまったんです。つまり、社会にインパクトを与え、世の中を変えるような事業にはならないんじゃないか、という疑念に悩まされたんですよね。

自分が現状に悩んでいるときでもお客さんはいました。しかし僕のエゴを理由に目の前のお客さんを蔑ろにはできません。ただ事業を続けながらも、自分のやりたい理想の姿と現実のギャップにはひどく苦しみましたね。


感じ始めた経営者として自分に足りないもの

悩みながらも10年ほど経営者という立場にいましたが、やがて自分の経営観や社長像が時代とずれてきている感覚を覚えました。あくまで私の感覚ですが、かつての経営者に求められたのはコミュニケーション能力や商売のセンスです。しかし、現在ではテクノロジーに対する知見や能力が求められるようになった。事実、世の中には自分より年下ながら立派な起業家がたくさん現れていました。このままでは経営者として通用しなくなると思うと、恐れと焦りを感じたのです。

ただ、ずっと悩んでいるだけでは何も変わりません。自分が心から学びたいと思える会社に入ろうと考えるようになりました。その会社で、社会に求められている社長像を確かめたかったのです。


学びが多そうなfreee株式会社に入社した

当然、企業に入ることに抵抗はありました。面接をする側からされる側、給与を支払う側からもらう側になれるのか、という悩みもありました。それでも、プライドや恥をすべて捨てて謙虚で真面目な態度になれそうな会社を探したんです。

そこで興味を抱いたのがfreee株式会社です。世の中のためになる事業をしている。メンバーもめちゃくちゃ優秀な人たち。なにより、もの凄いスピード感で世の中を変えようとしている会社だと思ったんです。

ここなら、僕にとって多くの学びがあり、僕という人材を有効活用してくれそうだと確信しました。そして入社し、現在にいたります。


freeeで現在行っている仕事

現在はfreeeで、全社のPR及びマーケティングの統括をしています。

freeeには、「スモールビジネスに携わる全ての人がクリエイティブな活動にフォーカスできるように」という最高にかっこいいミッションそれを体現するプロダクトが存在しています。そして、それらをいかにマーケットに届け、伝えていくのかということを日々考えていますね。

同時に、個人事業主様向けの事業の責任者も兼任しています。「働き方改革」であったり、シェアリングエコノミーの隆盛によって、これからどんどん副業・複業が当たり前になっていくと思います。そのトレンドにおいて、経理知識のない方であっても簡単にスマホで確定申告ができるfreeeが果たす社会的意義は大きいと考えています。


freee株式会社の好きなところ

freee株式会社という会社を一言で表現するのは難しいですが、特に私が好きな点は、なんといっても「人」の要素です。善い人ばかりで、みなfreeeのミッションに共感し、事業を推進しようと真摯に仕事に向き合っている人ばかりなんです。当り前のように聞こえるかもしれませんが、この特徴は、ほとんどの会社がどんなに求めても得られないとても貴重なもので、ある意味でfreee最大の優位性と言っても言い過ぎではないと思っています。

私自身、freeeのメンバーと一緒に働くことで、多くの刺激を受け続けていますし、そのおかげでこの歳になっても尚、成長し続けていることを実感できています。


今後どんなことをしていきたいのか

もともと自分自身がスモールビジネスの創業者、経営者だったので、スモールビジネスこそが強くてかっこいいという世界観を作っていくことに貢献したいですね。できるなら、それをこれまでなかった新しくてfreeeらしい事業を立ち上げていくことで実現できれば最高だなと思っています。

freee 株式会社's job postings
69 Likes
69 Likes

Weekly ranking

Show other rankings