Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(15)

なにをやっているのか

今この求人をご覧のあなた、スマホで見ていますか?それともパソコンからでしょうか。
こうしてWantedlyを見たり、ツイートしたり、ランチのお店を探したり。
スマホにもパソコンにも触らない日って、ありませんよね。

今やインターネットが欠かせない日常になり、同時に毎日インターネット広告に触れる生活となりました。その裏側では、DSP(= demand side platform: ネット広告取引において、広告最適化のために目的に応じた条件を設定し自動買い付けを行うシステム)が動いています。ますますテクノロジーが発展すると、効率化できることは機械にまかせ、人はより価値の高い仕事に集中することができます。

広告を買う、という細かな作業は、機械に任せた方が効率的です。反対に、プランニングやクリエイティブは、我々のようなコンサルタントや広告主様がリソースを移して、ブランドに合った広告キャンペーンやターゲティング、シナリオづくりなどに人の力を注入していける環境を実現したいと思っています。

また、世の中には沢山の価値ある製品やサービスが存在します。しかし、その多くの製品情報が必要とされる人にタイムリーに届けられていません。フルアウトのアドテクノロジーを活用し、必要としている人に、素晴らしい価値ある製品やサービスを届けていきたいです。

フルアウトの広告運営サービスをご利用頂く広告主様のマーケティング戦略の策定、運用業務を担当し、広告主の広告掲載パフォーマンス最大化の実現を行っていただきます。

フルアウトDSPの広告運用、数字分析、レポーティング、コンサルティング、バナー、LP選定、最適入札単価、メディア配信
仕事のやりがい
・最新の広告を様々扱えることで知識や経験を積むことができます。
・広告のコンサルタントとして業務を実行し、広告主様のビジネスパートナーとして信頼を取得しながら仕事をすることができます!
・自分が考えて実行したことがすぐに結果に反映されるため、努力が目に見えやすいことが最大の魅力です。高速でPDCAを行えることで急速な成長につなげることが可能です。
・規模拡大のための手段にほぼ制限がなく、大きな裁量を持って施策を行うことが出来ます。

◆新規事業
本年度はベトナム支社を立ち上げ、東南アジアでアドテク革命を起こします!

なぜやるのか

私たちが共有しているのは、「世界のロールモデルになりたい」というビジョン。

大きく飛翔するフルアウトは、若い力を求めています!

どうやっているのか

今集まっているスタッフは、一人一人バックグラウンドもさまざま。他業種からの転職、元料理人、元デイトレーダー等個性豊かなメンバーが揃っています。

音楽の流れるオフィスで、自由に意見を交わしあい、大きなビジョンに向かって着実に成果を積み重ねていく。
そんな気風が、フルアウトにはあります。
弊社ではほぼ全員が広告・マーケティング業務を未経験からスタートさせています。
そのため、下記においての研修・教育を充実させています!
1、入社後、Webマーケティングの講習実施
2、Webマーケティングのプロフェッショナルを招いて講習会を開催(運用手法、GA分析etc...)
3、体系的な知識をつけるために講習後テストを実施
4、OJTでの広告運用実践
未経験の方でもご心配なくお越しくださいね!!

社長メッセージから、雰囲気が少しでも伝われば幸いです。

-----------------------------------------------------------------------------------
私たちは設立4年目の若い会社ですが、着実に業績を伸ばし、
現在のお取引先は200社以上にものぼります。
それは社員一人ひとりが高い目的意識をもち、
自分の仕事にやりがいと楽しさを感じているからに他なりません。

とかく人間は、自分のプライドを大切にしがちです。
しかし、ビジネスの世界で一番大切なのは、自分の仕事にプライドをもつこと。
学歴や、行動のスマートさや、飛び抜けたセンスなど、
気にする必要はまったくありません。
どんな批評を受けようと、地道な前進をやめない人だけに大きな成果が待っています。

私たちが新たな仲間として迎えたいのは、そういう人間性を備えたみなさん。
なかなかうまくいかなくても、決してあきらめない。
飾りのない言葉を、率直に言いあえる。
等身大の自分を見せてくれるみなさんとの出会いを、楽しみにしています。

代表取締役 金田 和也
-----------------------------------------------------------------------------------

Page top icon