Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

TOEIC対策アプリabceed
500KOBEのDemo dayでピッチをしている様子です。
我々は「学習効率を最大化する」をモットーにしたアプリ「abceed(エービーシード)」を軸に事業を運営しております。abceedは良質な教材を使ったスマホ学習により、スキマ時間で大幅なTOEICのスコアアップに貢献します。 先日約1億円の資金調達を行い、TechCrunchにも掲載されました。 https://jp.techcrunch.com/2018/10/15/abceed-globee-fundraising/ 上記記事にも記載がありますが、今まで収集した億単位の学習データを元に、豊富な教材の中から一人ひとりに合った問題をレコメンドするエンジンを現在開発中です。TOEICだけでなく、英検、英語教材、語学教材全般に展開し、日本中、世界中の学習者に最も利用されるサービスを目指します。 ユーザー数は40万人を超え、月間のアクティブユーザー数もTOEIC受験者の2人に1人が利用する規模にまで成長しております。 また電子版教材の販売数も順調に伸びてきており、タイトルあたりの教材販売数は全国の紀伊国屋書店を超える水準にまで達しています。 大学や語学学校と提携した学習管理サービス「abceed classroom」も展開しており、スクールとITを融合させた質の高い学習体験の提供を行なっています。

なぜやるのか

Globeeは、Globalとeducation・entertainmentをかけ合わせた造語です。
自分が最も価値を感じる分野はなんだろう? 自動車、金融、医療、ロボット、不動産、、、、 私が考えた末に出た答えは「教育」でした。 「教育」は人類の未来、人々の成長への投資です。 人が成長する過程はいつ見ても面白い。 その成長を世界で最も後押しする会社を作れたらどんなに良いだろう? そんな思いからGlobeeは生まれました。 世界は急速に変化し、教育に求められるものも日々変化しています。 一方、将来に備えるために行っているはずの教育は、何十年も変わらない情報のインプットに時間をかけ過ぎています。 一度きりの人生、貴重な時間を無駄にしてはいけない。 人々が情報のインプットやテスト対策に割く時間を短縮し、より創造的な活動ができるようなサービスを作りたい。 そんな思いから、最初のステップとして、学習効率を最大化するサービス「abceed」を開発しました。 将来的には、abceedで生み出した余剰時間を用いて、学びと価値創造をつなげるサービスを作っていきたいと考えています。

どうやっているのか

シリコンバレー(500Startups)のメンターも驚きのサービスです!
食費は会社で支給する「ご飯手当」
ソフトバンク出身の2人(代表:幾嶋、CTO:上赤)でこれまでの1年半運営してきました。 幾嶋は経営、教材のライセンス獲得、資金調達、法務、デザイン、編集などのビジネス周り全般を担当し、上赤はアプリ(iOS/Android)、Web、バックエンドなどの開発周り全般を担当しています。 2人とも、東大、慶應を卒業後、ソフトバンクという大企業に就職しましたが、その職を捨てて、この事業にかけました。 世の中には億単位のお金を投資したにも関わらず、ユーザーがつかず、失敗するサービスが多数あります。 一方、限られた少ないリソースで作ったにも関わらず、数十万、数百万人に利用されるサービスもあります。 私達は、情熱の注がれたプロダクトの価値を知っています。 世界中の人々に利用されるサービスを作りたいと本気で思う気持ちは、どんなスキルにも勝る最も重要な要素だと考えています。

Page top icon