製品としてのAIについて考える〜先端技術を扱うセールス/事業開発担当者を目指す人へ〜

ハカルスの染田、菊本です。早速ですが、弊社では、テックセールス担当と事業開発担当を絶賛大募集しています。実際に採用活動をしていると、予想以上に「AI」や「人工知能」、「データ解析」という言葉に興味を持っている方は多いようにお見受けします。しかし、実際に製品として扱うとなると、どういったことができるのか?今日はハカルス の製品について、ちょっとだけお伝えしたいと思います!

AI活用で出てくる「説明責任」とは?

先日このようなニュースが流れていました。

2018年11月27日(火)日経新聞

政府が、AIを活用する際の7原則を発表した、という内容です。

(1) AIは人間の基本的人権を侵さない
(2) AI教育の充実
(3) 個人情報の慎重な管理
(4) AIのセキュリティー確保
(5) 公正な競争環境の維持
(6) 企業に決定過程の説明責任
(7) 国境を越えたデータ利用の環境整備

ニュースの冒頭にあるように、

AIが物事を判断する際、その企業に説明責任を求めるのが柱

であるということです。

そもそも「説明できる」とは?

AI、と呼ばれるものは、領域の総称であり、中でも色々な手法や分野があります。中でも近年注目されてきたのは「ディープラーニング / 深層学習」というものです。この領域は、機械的に物事を判断するためにデータをたくさん読み込ませる必要があります。それにより、人間では見つけることができない規則性や特徴を発見し、アウトプットします。

この手法は、様々な分野で活用可能です。Google社が開発した囲碁をするAI「アルファ碁」も、この技術を使って開発されています。

しかし、欠点があります。それは、

  • たくさんのデータを用いる必要があること
  • たくさんのデータを用いるが故に、それを処理する環境を整えることにコストがかかってしまうこと
  • 人間では扱いきれない量のデータを扱い、入力されたデータに多層の変換を施すことで高度な性能を発揮するといった仕組みのために、「なぜそうなったのか」の説明が難しい

この最後の欠点が、今回の政府の指針の中でもクリアが難しい点なのです。

医療・創薬現場での意思決定に「わからない」は通用しない

ここで、ハカルスのビジネスについて少しだけ紹介します。ハカルスは、医療・創薬・製造業などに向けたAI・データ分析活用を行なっているスタートアップです。

例えば、医療現場での医師の判断をフォローするようなソフトウェアを開発したり…ということができるようになると思っています。

そういったデータをクライアントから収集させてもらうことは難しいのですが、ハカルス の場合は、VCだけでなく、医療・創薬・製造業界の事業会社からの資金調達も行なっており、密接にタッグを組んで、研究開発を進めていく体制を取っています。

しかし、こういった業界と、AIを結びつけ用とした時、そこに立ちはだかるのは「説明責任」です。

例えば、「カメラをかざしたらそこに写る物体が何かを検知する」といったことを実現したい場合があるとします。それを自動車に搭載した場合、最悪「そこに何かがある」ことがわかれば、事故防止のための活用に、道筋が見えてくる気がしますよね。

しかし、医療の現場では違います。例えば、癌の診断。なぜその結果が出たのか、わからない場合、その診断を信じられるでしょうか?「何となく影があったから」というだけでは、医師も、その診断を受ける患者も納得できないものです。

ハカルスが商品としているもの

ハカルスが得意としている技術は「スパースモデリング」と呼ばれている領域です。この領域は、先ほど深層学習で課題となりがちだと紹介した、

  • たくさんのデータを用いる必要があること → 少量のデータでも可能
  • たくさんのデータを用いるが故に、それを処理する環境を整えることにコストがかかってしまうこと → 組み込み機器や FPGA といったエッジデバイスでの環境でも稼働
  • 人間では見つけられない量のデータを扱い、特徴やそれぞれの相関性を見つけ出すため、AIが下した判断に対し、「なぜそうなったのか」の説明が難しい → 説明が得意な技術

この3点が得意な技術です。そのため、医療・創薬・製造業にも応用可能であり、注力しています。

企業が下す決断には必ず「責任」が伴う

そもそも、企業に所属していて、意思決定をする際、「AIがそう言ってるから」だけで稟議が降りることは少ないですよね。AIの活用が当たり前になってくると、説明責任が問われるのは当たり前なのかもしれません。

先端的で、現実的な技術を、一緒に広めませんか?

ハカルスの技術を活用すると、下記のようなことも可能になってきます(あくまで一例です)。

  • 製品ラインの良品・不良品の判別
  • 機械にとりつけたセンサーデータに基づく異常検知や故障原因の解明
  • 様々なバイタルデータと病気リスク・医療費の因果関係の究明

セールス担当としても、顧客に説明しやすい製品が売れます。製品そのものの応用可能性を顧客の声から開発チームと一緒に創り上げることが可能です。

また、事業開発としては、今までこのような先端技術に活用可能性が見出しづらかった業界への展開も一緒に考えていけます。白地がある領域なので、この領域でのご経験がある方は、業界や現場における課題を思い浮かべながら、事業開発に取り組めると思います。

一緒に新しい未来を作っていきませんか?ご応募をお待ちしております!


1人目のAI×テックセールス
インバウンド対応がメイン/医療や産業業界にAIで革新を起こすセールス担当!
ハカルスは人工知能を使ったデータ解析サービスを提供する京都発のベンチャー企業です。 わたしたちのAIは「人と共生する知能」を目指しています。 ハカルスの人工知能「HACARUS-X」は、現在の主流であるディープラーニングとは異なる手法(スパースモデリング)を採用することで、「軽量で」「安全で」「人間が理解可能な」ソリューションを提供しています。医療分野・産業分野が、わたしたちが注力している分野になります。 ハカルスの提供するサービスについての詳しい情報はこちらのブログも併せてご覧ください。 『製品としてのAIについて考える〜先端技術を扱うセールス/事業開発担当者を目指す人へ〜』 https://www.wantedly.com/companies/hacarus/post_articles/131448 ⚫️ハカルスの技術ができること --- 産業分野でのAIソリューション 産業分野では、生産ラインにおける廃棄を最小限に減らすため、欠陥を直ちに検知し、改善することが求められます。ハカルスのAIソリューションを導入することで、原因の特定を早くし、欠陥を最小限にとどめるための対応を可能にしています。 すでに、太陽光パネルのホットスポット検知や、建物のメンテナンスなどの事例があります。 ・事例:ドローン画像を用いた建造物のヒビ割れ検知の実例(株式会社アイ・ロボティクス) https://hacarus.com/ja/ai-solutions/case-study-irobotics/?ctxt=solutions --- AIベースの画像・動画解析 大規模商業施設など、人が多い場所に置いて、来客数や顧客の行動を細かく観察し、データを取るのは難しいことです。ハカルスが提供する画像・動画解析技術を使うことで、細かな人間の行動を検知し、来客数や未来の訪問者数の予測を行うことができます。この技術を応用することで、設備監視、侵入検知、不具合検知など、幅広い応用の可能性があります。 デモを用意していますので、気になる方は、ぜひ面談の際などにお見せします! --- 臨床研究・診断・治療支援AIソリューション ヘルスケアにまつわる分野は、ハカルスが創業当初から関わってきた得意分野です。ハカルスが得意な「少量データから」分析が可能な技術を用いて、血圧、心拍数、活動レベルから、脳のCTやMRIに及ぶデータを活用し、診断の支援に役立てることができます。現在、大手の国際的製薬会社と共同での実証実験のプロジェクトを進めています。 --- 組み込み・FPGA低消費電力AIソリューション ハカルスのAIソリューションの特徴は、低コンピューティングリソース・低消費電力でも作動が可能なことです。この特徴から、FPGAチップを使用して、カメラ、ルータ、産業機器などのデバイスに簡単に組み込むための開発を進めています。また、組み込み機器への導入も進めており、現在はルータの製造企業との共同開発を行っています。
株式会社ハカルス
先端技術領域でのテックセールス
先端技術は医療・産業領域にどう役立つか?市場を創り出すテックセールス@東京
ハカルスは人工知能を使ったデータ解析サービスを提供する京都発のベンチャー企業です。 わたしたちのAIは「人と共生する知能」を目指しています。 ハカルスの人工知能「HACARUS-X」は、現在の主流であるディープラーニングとは異なる手法(スパースモデリング)を採用することで、「軽量で」「安全で」「人間が理解可能な」ソリューションを提供しています。医療分野・産業分野が、わたしたちが注力している分野になります。 ハカルスの提供するサービスについての詳しい情報はこちらのブログも併せてご覧ください。 『製品としてのAIについて考える〜先端技術を扱うセールス/事業開発担当者を目指す人へ〜』 https://www.wantedly.com/companies/hacarus/post_articles/131448 ⚫️ハカルスの技術ができること --- 産業分野でのAIソリューション 産業分野では、生産ラインにおける廃棄を最小限に減らすため、欠陥を直ちに検知し、改善することが求められます。ハカルスのAIソリューションを導入することで、原因の特定を早くし、欠陥を最小限にとどめるための対応を可能にしています。 すでに、太陽光パネルのホットスポット検知や、建物のメンテナンスなどの事例があります。 ・事例:ドローン画像を用いた建造物のヒビ割れ検知の実例(株式会社アイ・ロボティクス) https://hacarus.com/ja/ai-solutions/case-study-irobotics/?ctxt=solutions --- AIベースの画像・動画解析 大規模商業施設など、人が多い場所に置いて、来客数や顧客の行動を細かく観察し、データを取るのは難しいことです。ハカルスが提供する画像・動画解析技術を使うことで、細かな人間の行動を検知し、来客数や未来の訪問者数の予測を行うことができます。この技術を応用することで、設備監視、侵入検知、不具合検知など、幅広い応用の可能性があります。 デモを用意していますので、気になる方は、ぜひ面談の際などにお見せします! --- 臨床研究・診断・治療支援AIソリューション ヘルスケアにまつわる分野は、ハカルスが創業当初から関わってきた得意分野です。ハカルスが得意な「少量データから」分析が可能な技術を用いて、血圧、心拍数、活動レベルから、脳のCTやMRIに及ぶデータを活用し、診断の支援に役立てることができます。現在、大手の国際的製薬会社と共同での実証実験のプロジェクトを進めています。 --- 組み込み・FPGA低消費電力AIソリューション ハカルスのAIソリューションの特徴は、低コンピューティングリソース・低消費電力でも作動が可能なことです。この特徴から、FPGAチップを使用して、カメラ、ルータ、産業機器などのデバイスに簡単に組み込むための開発を進めています。また、組み込み機器への導入も進めており、現在はルータの製造企業との共同開発を行っています。
株式会社ハカルス
ビジネス開発/アライアンス担当
産業×AIでイノベーションを起こすきっかけを発掘するビジネス開発担当@京都
ハカルスは人工知能を使ったデータ解析サービスを提供する京都発のベンチャー企業です。 わたしたちのAIは「人と共生する知能」を目指しています。 ハカルスの人工知能「HACARUS-X」は、現在の主流であるディープラーニングとは異なる手法(スパースモデリング)を採用することで、「軽量で」「安全で」「人間が理解可能な」ソリューションを提供しています。医療分野・産業分野が、わたしたちが注力している分野になります。 --- 産業分野でのAIソリューション 産業分野では、生産ラインにおける廃棄を最小限に減らすため、欠陥を直ちに検知し、改善することが求められます。ハカルスのAIソリューションを導入することで、原因の特定を早くし、欠陥を最小限にとどめるための対応を可能にしています。 すでに、太陽光パネルのホットスポット検知や、建物のメンテナンスなどの事例があります。 ・事例:ドローン画像を用いた建造物のヒビ割れ検知の実例(株式会社アイ・ロボティクス) https://hacarus.com/ja/ai-solutions/case-study-irobotics/?ctxt=solutions --- AIベースの画像・動画解析 大規模商業施設など、人が多い場所に置いて、来客数や顧客の行動を細かく観察し、データを取るのは難しいことです。ハカルスが提供する画像・動画解析技術を使うことで、細かな人間の行動を検知し、来客数や未来の訪問者数の予測を行うことができます。この技術を応用することで、設備監視、侵入検知、不具合検知など、幅広い応用の可能性があります。 デモを用意していますので、気になる方は、ぜひ面談の際などにお見せします! --- 臨床研究・診断・治療支援AIソリューション ヘルスケアにまつわる分野は、ハカルスが創業当初から関わってきた得意分野です。ハカルスが得意な「少量データから」分析が可能な技術を用いて、血圧、心拍数、活動レベルから、脳のCTやMRIに及ぶデータを活用し、診断の支援に役立てることができます。現在、大手の国際的製薬会社と共同での実証実験のプロジェクトを進めています。 --- 組み込み・FPGA低消費電力AIソリューション ハカルスのAIソリューションの特徴は、低コンピューティングリソース・低消費電力でも作動が可能なことです。この特徴から、FPGAチップを使用して、カメラ、ルータ、産業機器などのデバイスに簡単に組み込むための開発を進めています。また、組み込み機器への導入も進めており、現在はルータの製造企業との共同開発を行っています。
株式会社ハカルス
ビジネス開発/アライアンス担当
医療業界にAIの力で事業革新をもたらしたいビジネス開発担当を求む!@京都
ハカルスは人工知能を使ったデータ解析サービスを提供する京都発のベンチャー企業です。 わたしたちのAIは「人と共生する知能」を目指しています。 ハカルスの人工知能「HACARUS-X」は、現在の主流であるディープラーニングとは異なる手法(スパースモデリング)を採用することで、「軽量で」「安全で」「人間が理解可能な」ソリューションを提供しています。医療分野・産業分野が、わたしたちが注力している分野になります。 --- 産業分野でのAIソリューション 産業分野では、生産ラインにおける廃棄を最小限に減らすため、欠陥を直ちに検知し、改善することが求められます。ハカルスのAIソリューションを導入することで、原因の特定を早くし、欠陥を最小限にとどめるための対応を可能にしています。 すでに、太陽光パネルのホットスポット検知や、建物のメンテナンスなどの事例があります。 ・事例:ドローン画像を用いた建造物のヒビ割れ検知の実例(株式会社アイ・ロボティクス) https://hacarus.com/ja/ai-solutions/case-study-irobotics/?ctxt=solutions --- AIベースの画像・動画解析 大規模商業施設など、人が多い場所に置いて、来客数や顧客の行動を細かく観察し、データを取るのは難しいことです。ハカルスが提供する画像・動画解析技術を使うことで、細かな人間の行動を検知し、来客数や未来の訪問者数の予測を行うことができます。この技術を応用することで、設備監視、侵入検知、不具合検知など、幅広い応用の可能性があります。 デモを用意していますので、気になる方は、ぜひ面談の際などにお見せします! --- 臨床研究・診断・治療支援AIソリューション ヘルスケアにまつわる分野は、ハカルスが創業当初から関わってきた得意分野です。ハカルスが得意な「少量データから」分析が可能な技術を用いて、血圧、心拍数、活動レベルから、脳のCTやMRIに及ぶデータを活用し、診断の支援に役立てることができます。現在、大手の国際的製薬会社と共同での実証実験のプロジェクトを進めています。 --- 組み込み・FPGA低消費電力AIソリューション ハカルスのAIソリューションの特徴は、低コンピューティングリソース・低消費電力でも作動が可能なことです。この特徴から、FPGAチップを使用して、カメラ、ルータ、産業機器などのデバイスに簡単に組み込むための開発を進めています。また、組み込み機器への導入も進めており、現在はルータの製造企業との共同開発を行っています。
株式会社ハカルス
株式会社ハカルス's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more