ワークショップは段取りが大切

Hamee株式会社のデザイン部の壁面は、ポストイットだらけです。
事業missionの策定、商品ブランディングやプロモーションの目標設定、チームのモチベーションUPなど、様々な課題を部署の垣根を超えたチームでデザイン思考を使ったワークショップで解決策を編出していきます。そこで、解決策の質を高める為に大切になってくるのが事前の段取りです。

街に出かけて観察対象を取材したり、ブレインストーミングでは脳がフル回転してフラフラに疲れるので、糖分を補給するためにチョコレートやラムネなど甘いお菓子を用意したり、ワークショップの流れやワクワク感を壊さないために、ポストイットやマジック、模造紙などの文房具の準備が欠かせません。

参加者全員が発言できるように1人づつ発表してもらう、発言しやすい雰囲気をつくるために否定から入らないようにする、固定観念に捉われないためにぶっ飛んだアイデアを歓迎する、主観を大切にしながら質よりも沢山アイデアを出すことを意識する、問いの設定の仕方、ストーリーを描く時には必ず人間のイラストを入れるといった、事前のルール説明も質の高いアウトプットの為に重要になります。

しばしば、予想とは違う方向に行ったりしながら試行錯誤してますが、全てが実験だと思って日々ワークショップスキルを磨いています。

Hamee株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more