1
/
5

圧倒的成長と踊るミラーボール、プランニング事業部・坂本帆奈美さん【メンバーインタビューVol.16 】

こんにちは!新卒インターンの鈴木です。今回はプランニング事業部のファッショニスタ・坂本さんにお話を伺いました。意外なエピソードから生け花まで、多方面に話が展開していき今回も読み応えたっぷりでお届けします!

【ヒトカラメディアで、どんなお仕事をしてますか?】

 プランニング事業部で主にオフィスの内装設計、小さめの坪数なら自らデザインも行いお客さんとお話をしてから入居してもらうまでの一連の流れを受け持っています。他にもPMとしての案件であれば、デザインのコンペを行ったり、デザイナーさんと工事を進めてお客さんに入居してもらうまでが一連の流れですね。

- 具体的には一日の中でどういった作業をしている時間が長いのでしょうか。

 常に同時進行で案件を受け持っているので、脳みそを使い分けて案件ごとにいろんな方と常にやりとりをしている感じですかね。お客さんごとにslackやメッセンジャーなど使うツールも違うので、そうしたやりくりをしていくのがなかなか難しいところです。

【人生のターニングポイントを教えてください!】

1)高校生:パフュームを踊り校内に伝統をつくる

  高校時代に音楽の趣味が合う友人からの一言をきっかけにperfumeのコピーダンスをすることになって、当時別のクラスにかしゆかに似ている女の子がいるとの噂を聞きつけ全くの初対面にも関わらずスカウトをし、コピーダンスのグループを結成したことがあったんです。1,2ヶ月前から毎日朝練習を始めて、学校でのイベントにも参加するなど次第に活動が本格的になりました。部活動でもなく自分たちで自由に始めた活動なのに、後に後輩達にまで伝統のように引き継がれるまでになったのは本当に驚きましたね。何でもないことなのに自分で何かをしようと思ったら、こんなにも人を巻き込めるんだなということを実感する大きな経験になりました。

2)ヒトカラメディアにジョイン

  前職はメーカーの法人営業で自社製品を販売していましたが、ヒトカラメディアにジョインしてからは自ら考えて仕事を納めるということをトータルで見ていく中で、色々な人との関わりがあり人間関係を考えるようになりました。打ち合わせ中にはどの人が決裁者だろうか、例えば返事の仕方一つで相手の受け取り方が全然違ってきてどう伝えたら相手に納得してもらえるのだろうか、など一つ一つの物事についても深く考えることが多くなりましたね。

-  私個人の見解としてほなみさんは人との距離感のつめ方が上手い印象があるのですが、人との接し方など特に意識していることはありますか。

  この前手相占いに行ったのですが、「頑固で真面目だけど繊細」と言われました。今思えば幼い時から親戚との接し方などあれこれ考えていることは多かったかもしれないですね。今プランニングの事業部にいても、それぞれが別の案件を持っていて直接的に深く関わることは少ないですが、メンバー内で落ちているなと感じる人がいれば自然と声をかけたりします。

【あなたの原動力を教えてください!】

・周りをハッピーにすること

  自分自身が盛り上がるよりかは、周りがハッピーになってほしい!という思いが強いです。例えば飲み会の席であれば盛り上げ役に徹するなど。仕事に関してもみんなが動きやすいように黒子になって、どんどんパスを回していくといった持ち回りが多いですかね。最近はもう少し自分にスポットを当てて動いてみても良いかな、と思える余裕も生まれて来ました。

新しいことにチャレンジすること

  飽き性の性格もあってか、最近新しいことをどんどんやっていかないと自分自身が満足出来なくなってきたんですよね。先日「能」についての本を読んだんですが、そこから学んだことは10年間何もしなかった人と10年間努力し続けた人とでは、雲泥の差があるということ。この先の人生を見据えて今どんどんトライしていかないと絶対にもったいないですよね。向上心、大事にしていきたいです。

自分に負けない!

  人間誰しも自分に甘いんです。でもそんな自分が許せない。ただ後悔するよりも今はこれで失敗してしまったけど、ここからどうしていけばリカバリーできる?より良くできる?といったことを先を見て考えること。まだまだやれる、もっと頑張れると常に唱え、圧倒的成長をしてきたいです!



【これからどんなことをやっていきたいですか?】

  自分がプランニング事業部の立ち上げを支えた初期メンバーであることを実感する機会が増えてきて、次のフェーズとしては自身の失敗経験や成功体験を伝え新しく入社するメンバーを育てていくことだと感じています。プライベートで言うと、今年から生け花教室に通い始めました。たまたま申し込みをした教室の先生がとても良い方で、なかなか頻繁に通うことは出来ていませんがこの先も通い続けて免許が取れるよう努力していきたいです。そしてヒトカラメディアのオフィスに生花を置くスペースを置いてもらえないか、実はこっそり交渉中です。


終始話が盛り上がり、コミュニケーション論やミラーボールの話などに脱線もしながらあっという間の1時間でした。個人的にプランニング事業部のお話には強い興味を持っていたので、じっくりお伺いすることが出来て良かったです。貴重なお時間ありがとうございました!

株式会社ヒトカラメディア's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings