結婚相談所の店長に、マネジメントの疑問をぶつけてみた。

こんにちは。IBJ広報です。

今日は、IBJ働く人シリーズ第11弾。結婚相談所とパーティー会場が併設する銀座ラウンジの店長・高橋さんをご紹介します!


PROFILE

▼千葉県出身 33歳

▼車のバイヤー、リクルートで広告営業を経験後、フリーへ転身

▼街コン全盛期の2013年にIBJへ入社、結婚相談所のIBJメンバーズ 銀座店の店長職に従事

▼趣味はフットサル、イベントの企画


高橋さんは、自店のスタッフだけでなく多店舗からも信頼の厚い、THE頼れる店長!そこで今回は、高橋店長がマネジメントで大切にされていることについて伺いました。


INTERVIEW

感情に左右されない、苦い経験も全て『想定内』

--- 高橋さんの業務内容を教えてください。

店舗全体で『成婚数』を追っていくための管理やマネジメントをするのが仕事です。店舗には様々なセクションがあり、アドバイザーやカウンセラーがアスリートだとしたら、店長はそのコーチみたいなものですね。アスリートがベストなタイムを出すためにはどうすれば良いのかを一緒に考えたり、その仕掛けを作り実行してみたり。

--- マネジメントで大切にされていることは?

スタッフの長所はとことん伸ばすけれど、短所は埋めなくていいと思っています。その人にとって短所だとしても、他のスタッフの中にはそれを長所とする人もいるだろうから、チーム全体でカバーすればいい。個人で戦っているように見えても、結局はチームプレーが大事ですね。まぁ色々言っていますが、結局のところスタッフが楽しく仕事をしてくれたらいいなと思います。


--- 思うように成果が出ないこともありますよね。そういう時はどのように士気を上げるのですか?

例えば今週全く成果が上がらなかったとして、スタッフも凹んでいる。でも、月や四半期、さらには半期や年間と長い目で考えると、今悩んでいることって本当にちっぽけで。そこで腐るのではなく半年先の未来を見据えて店舗の雰囲気やモチベーションを前向きにコントロールしているつもりです。負け癖がついてしまうと仕事も楽しくなくなるので、それでチャレンジをしなくなるような環境にはしたくないですね。幸い、負ける悔しさを持ってくれるスタッフが沢山いることに私も救われています。

--- 店長としてプレッシャーを感じることはありますか。

最初はありました。今は、たとえ苦い経験をしたとしても”全部が想定内”と思うようにしています。私が焦った態度を見せてしまうとスタッフはもっとプレッシャーに感じてしまうので。店の長がそういう表情をしていたら伝染していくから、あまりに感情的になる人は店長には向いていないと思います。感情に左右されやすい仕事だからこそ、私はどれだけ感情的にならずにマネジメントするのかを意識しています。

--- 感情に左右されやすい仕事?

結婚相談所の仕事はお客様の「心」に寄り添うわけなので、その人が幸せになることをゴールとして苦楽を共にする分、時にはお客様の感情のはけ口となることだってあります。だからこそカウンセラーもアドバイザーも本当にすごい仕事だと思うし尊敬しています。けれどスタッフ一人ひとりに介入しすぎるとその人の成長を妨げてしまうから、あえて放っておくことでスタッフ自身に悩み抜いてもらうことも大切だと思っています。

私自身IBJでの営業経験はありませんが、前に新宿店の副店長だったとき、ベテランのカウンセラーやアドバイザーが他のスタッフに教えていることを”なるほど”と思いながら聞いていたことが今生きていると思いますね。アドバイザーやカウンセラーを経験していない分、お客様目線で見れることも多かったりします。


だれも損をしないやり方を見つけ出す

--- 高橋さんのこれまでの経歴を教えてください。

20代前半の頃は車のバイヤーをしていました。例えば車を売りたいという人がいたとして、その車をオークションに出し希望額より高く売れた場合にfeeが入るような仕事。その時初めて人の間に入る仲介の仕事を経験し、両方から感謝されることにやりがいを感じたんですよね。誰も損をしないようなやり方で、WIN WIN WINみたいな(笑)その後、他の仲介経験もしてみたいという理由でリクルートに転職し、飲食店を中心に広告営業の仕事をしていました。他店に負けない打ち出しを一緒に考えて、それに対して対価をもらうようなコンサルに近い仕事で。その時は、クライアントと一緒に考えて、仲介して、その人達に喜んでもらうことがすごく楽しかった。

--- だから口が上手いんですね!

口が上手いは語弊がありますね(笑)その後リクルートで得たノウハウを活かして、フリーで4年間広告の仲介業をしていました。大きな会社に比べると経営ごっこかなとは思うけれど、地元の千葉で友人と共同経営をしていて。

ある時、飲食店から広告を使ってイベントを告知してほしいという話から、オーガナイザーとして人を集めてほしいと追加依頼されることが多くなっていきました。小さい街だったので、横のつながりで声をかけて集客。多いときで200人位集めたりしていましたね。自分が間に入り人と人を繋げることで新しい何かが生まれることに面白さを感じ、その頃は街コンの全盛期だったので、カップル作るのも楽しそうという理由からIBJに入社を決めました。

--- 人と関わることが好きなんですね。

そうですね。皆でなにか一つのことをやることが好きで。この間も、銀座店に少しでもゆかりがある人を20人くらい集めて、レンタルハウスで秋の食材を使って料理コンペをしてみたり。イベントを企画するのが実は好きだったりします(笑)

--- IBJに入社後はどんな仕事を?

入社後は合コンセッティング業務を担当しました。しかし、セッティングの仕事はネット上でのサポートだったのでお客様と対面する機会がなく、もっと人と関わる仕事がしたいと思ったんですよね。それを勘付かれたのか、3ヵ月で結婚相談所の新宿店副店長へ。当時は自分自身も全く結婚願望がなかったので結婚相談所の仕事が向いているのかも分からなかったですし、何なら成婚よりもカップルを作るほうが楽しいと思っていました。でもある時、私と同じように結婚のイメージが湧かないと言う男性のお客様が話を聞きに来られたことがあって。その方が入会し、半年後にご成婚。成婚退会の際、入会時とは全く違う顔をしていたことを今でも覚えていて、”人ってこんなに早く気持ちが変わるんだ”と感じたんですよね。

男性って時間軸に沿って選択をしていく生き物だから、結婚に対しても、良い人がいたら”この人のために結婚したい”、”この人と幸せになりたい”という感情が芽生えていき結婚へ至ることが多い。それか周りから固められるかのどちらかで(笑)反対に女性は”いつまでにこうなりたい”という具体的な願望があって、それに向かってい今からこうしていこうと逆算するタイプ。だから男性は女性に比べると結婚に対しての具体的なイメージがぼんやりしているんですよね。その意識を変えることが出来るこの仕事に面白みを感じたんです。


全員が平等、真面目な人がバカをみない体制に

--- 銀座店の特徴はありますか?

他の店舗に比べると、”THE銀座”という感じのハイステータスな男性が多いです。銀座店にいらっしゃる男性の特徴として、”時間が無い” ”効率求める”という合理的な考えを持つ方が多いので、感情論というよりは端的に結婚相談所の効率の良さや実績をカジュアルに伝えることを意識したり。反対に女性は、じっくりヒアリングしてあげたほうが良かったり。来店されるお客様の特色をきちんと理解した上で、お客様に応じた対応をスタッフ全員が行っています。

--- IBJメンバーズの成婚率ってどれくらいですか?

成婚率は51%です。単純計算で2人に1人は成婚するイメージですね。うちのスタッフは、人好きや世話好きが本当に多いと感じていて、お客様に寄り添う細やかなサポートがあるから、成婚率が高いのだと自負しています。サポートと一口で言っても、本気でお客様と一緒に悩み、この先の方向性を全員が真剣に考えているからこそ、お客様自身のモチベーションも上がり”カウンセラーのために頑張ろう”と思ってもらえることも。たぶん言葉では説明できない部分が沢山ありますね。

--- スタッフ同士の雰囲気は?

スタッフ同士の仲はすごくいいと思います。私の性格的に”俺が俺が”と前に出るタイプではなく、一歩外から見て”何かあったら言ってね”という感じなので、それが良いのかは分かりませんが、スタッフたちが銀座店の雰囲気を作り上げてくれていると感じます。まだ入社して間もない頃はワンマンで闘志を燃やす時期もありましたが、私はプレイヤーではないから結局何をやるにも空回り。”人の為に自分は何が出来るんだろう”と考えられるようになったのはこの会社に入ってからですね。自分の意識を変えたことで、自然とスタッフから”これを試してみたい”という自発的なアイデアや意見が上がってくることが増えました。

--- どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

2つありますが、1つは自分が頭の中で考えていたこと以上の成果が出たときです。能動的な頭を持っているスタッフに対して、少しヒントを与えたら急激に揮いだしたり、新たな仕掛けを作ってみて”これくらいいけるだろう”と想定したことがドハマりし、想定以上の成果があるとやりがいを感じます。あとは、スタッフが楽しそうに働いてくれていることが嬉しいです。

--- 高橋さんがお仕事で大切にされていることを教えてください。

真面目にやっている人がバカをみるようなやり方は絶対にしないです。ちゃんと筋を通していればいいのですが、フェアじゃないやり方は嫌なので。その人を守る意味でも、やったもん勝ちの体制にしないというのは自分の中でずっと曲げないようにしています。

--- とことん正統派ですね。

そうですね。変化球というよりはストレートな性格です(笑)

--- ここまで一人ひとりと向き合ってくれていたら、店長のために頑張る!と思えそうですね。高橋さん、素敵なお話しをありがとうございました!



#こぼれそうなほど目が大きい高橋さん。インタビュー中この眼力に圧倒されました笑

株式会社IBJ's job postings
41 Likes
41 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more