Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

毎月定例の社内共有会「BUILD NOW」
仲が良いから、静かでいられる。集中できる環境です。
【日本とアジア、Borderlessを実現している企業です】  イジゲンBUILDは、お客様からのご相談をもとにITを活用した様々な解決手段をご提供している、大分のシステム開発会社です。親会社であるイジゲン株式会社や、ベトナムのイジゲンVOYAGER株式会社と連携し、「イジゲングループ」として大分を拠点に活動しています。 【引き受けているのは「形にすること」ではなく「良い結果」である】  設計前のビジネスモデルのアイデア出しや企画整理の段階から、お客様と共に「良い結果とは何か?」というゴールを考え、手段を模索して形にしていく・育てていくことを心がけています。大分県において、人間中心設計・UXリサーチや企画整理段階からのお付き合いを得意とするシステム開発会社は、あまり多くないと思います。 【人が減る時代へ。業務効率化・自動化は成長産業です】  少子高齢化は、「人に頼れなくなること」を意味します。人間の柔軟さや個人に蓄積されたノウハウを頼りにしていた様々な仕事は、下降していく人口グラフと共に軒並みピンチに陥っています。  一方で、RPA・AI・IoT・5Gなど、世界は「第四次産業革命」と言われる技術革新の時代に突入しています。イジゲンBUILDは、深刻な地方課題の解決に取り組む各地のリーダー達に深く共感できる立場であり、共感を重視した解決手段を提案・企画・具現化できるのが強みです。  時代の波に挑み、先導すること。私たちの意義は、いつも目の前にあります。 【戻ってきた人、地方に憧れた人、そんな社員が8割です。】  関東から遠い「地方のIT企業」でありながら、自社サービスと受託開発の経験を併せ持つ人材が多いのが、イジゲングループの最大の特徴です。  顧客管理などの業務システム / ECシステム / 物流システム / IoT機器との連携システム/ FinTech系の自社サービスを支えるシステムなど... 2018年11月の分社化以前より、開発や運用に関する数多くの知見を積み重ねてきました。

なぜやるのか

オフィスはビルの最上階にあり、大分駅周辺が一望できます。
仮説形成と演繹と帰納。言語化が仕事の効率を左右します
【共に創る「人にやさしい」イノベーション】  今後、人口減少や高齢化の影響を強く受ける日本の地方都市では、効率化のためのIT活用ニーズが増加する一方、ITリテラシーの問題とも向き合う必要があります。  イジゲンBUILDは、普及までの地域差が激しい「破壊的なイノベーション」では解決できないような地方課題にも積極的に目を向け、「人に寄り添う新しいかたちのイノベーション」の実現をサポートします。 【イジゲングループとは何なのか?】  親会社のイジゲン株式会社は、FinTech/O2O系の自社サービスをVC協力のもと力強く育てていくスタイルです。活動していく中でシステム開発の相談を受けることが多かったため、2018年11月に受託開発事業部を「イジゲンBUILD」として分社化し、ベトナムのホーチミンにある協力会社「イジゲンVOYAGER」と共に「イジゲングループ」として体制を整えました。このことにより、自社サービス・受託開発・オフショア開発というビジネスの枠組みを明確化することができました。  大きな変化の中で、イジゲンBUILDには「自分が出せる良い結果とは何か?」を考えて行動する、自由な文化が芽生えていきました。OKRを軸とした評価基準もあり、自分のスキルを最大限に活かした新しい事業部を立ち上げることも大歓迎です。 【なぜ大分県なのか?】  親会社を創業したグループ会長の出身地で、Uターン後に拠点としていたことがベースになっています。  大分はIT企業同士の距離も近く、県や市の担当者とも気軽に相談や連携ができる「ちょうどいい規模感」と、地域課題への共通認識が魅力です。スケールが大きい企画を形にしていく時の心地よいテンポ感は、大都市にはないグルーヴを生み出せるように思います。 【なぜグループ企業にベトナム?】  少子高齢化を背景とした課題先進国の日本、その最前線にある地方から見た世界は、関東とは違う景色が広がっています。IT業界を支えているエンジニア不足の影響も、関東の比ではありません。  一方、猛烈な勢いで成長し人口が年々増えていくアジア諸国。特に、優秀なITエンジニアを国策として育て、世界に向けて排出し続けているベトナム。  減りゆく日本と、増え続けるベトナム。グループ企業として連携することは、必然とも言える流れでした。  ベトナム国内のトップ大学を卒業した優秀なエンジニアが多数在籍している「イジゲンVOYAGER」には、日本語が堪能なブリッジSEだけでなくBUILDの日本人社員も駐在しており、よくある「ぎこちないオフショア」のような外注体制とは一線を画す業務連携を実現しています。

どうやっているのか

フリーアドレスであり、立つも座るも机ごと移動も自由です。
同じビルの3Fが親会社のイジゲン、8FがイジゲンBUILDです。
【環境優先で、「働いている自分」を継続できます】  イジゲングループは、大分・東京・福岡・ベトナムのホーチミンにオフィスがあり、自宅勤務(テレワーク)の制度などもあるため、物理的な会議室のいらない遠隔会議などは、日常の一部です。つまり、整理も着地もしない無駄な対面の会議はありません。  正社員、契約社員、パート、アルバイト。形態はご相談に応じます。  社内コミュニケーションは主にSlackとZoomを使用しており、お客様の状況に合わせて各種コミュニケーションツールを使い分けています。 【人混みの中のあなたは、本当に理想のあなたですか?】  都会の活気は、日常化すると気疲れしますよね…。人の波に埋もれていくような日々の中、自分が消費しているのかされているのか、分からなくなっていませんか? ・スキルや経験は得られたが、都会に疲れた方 ・今は判断が難しいけれど、将来九州に戻りたい方 ・地方の課題解決に興味がある方 ・子育てや介護の都合で時短勤務したい方 etc…  あなたにとっての「良い結果」とは、何でしょうか?イジゲンBUILDは、多様な働き方を知っている「Borderless」な環境です。今はお仕事がある方も、お時間がある時にお話してみませんか? 【はじめて大分駅に来た人は、「想像より都会…」と驚きがち】  移住を推したいわけではありませんが「地方=不便」と思っている方へ… 弊社オフィスは大分駅から徒歩5分。商店街や飲食店街にも囲まれており、買い物や食事に困ることはありません。栄え方や人口がちょうどいいので、異常なランチ行列に時間を奪われてウンザリするような日々とはお別れできますよ。 【ライフステージの変化で、捨てなきゃいけないスキルはない】  UIJターン、時短勤務、リモート勤務、インターン歓迎します!  場所や時間は自分がコントロールする働き方。温泉でゆっくり、たまに都会で遊ぶ生き方…  新しい事業部を立ち上げる挑戦も大歓迎です。自分が培ってきた経験やスキルで「良い結果」を築いていく姿こそ、イジゲンBUILDの自由な文化を最大限に活かす理想像かも知れません。  仕事をしているフリじゃなく、結果にまっすぐな時代です。 イジゲンBUILDは、生き方にちゃんと向き合うあなたをお待ちしております。

Page top icon