1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

Indeedは世界60ヶ国以上で求人検索エンジンサービスを展開しています。 「We Help People Get Jobs(人々の仕事探しのお手伝いをする)」というミッションを掲げ、 「Job Seeker First(すべては求職者のために)」というコンセプトのもと、仕事探しや採用に関わる様々な課題をテクノロジーの活用でより良いものに進化させることを目指しています。 2012年10月より株式会社リクルートホールディングスの子会社となり(100%出資) 2013年に日本法人を設立致しました。現在はリクルートホールディングスのHRテクノロジーSBUを牽引する事業のひとつです。 Indeedのオフィスでは、社員は毎日この目標に向かって取り組み、実例やデータを活用しながら採用プロセスの改善を図っています。社員同士が活発にコラボレーションできる職場環境を大切にしながら、求職者に最高のサービスを提供できるよう励んでいます。 日本では東京・大阪にオフィスを構え、事業を加速させると共に日本でより多くの求職者の仕事探しをサポートしています。

なぜやるのか

転職活動や、バイト探しの際、求人サイトやフリーペーパーを見ても「自分が求めている仕事がなかなか見つからない。」と思った事はありませんか? Indeedではこれらの問題と真剣に向き合い、「求職者にとって最も便利なサービス」とは何かを追求しています。

どうやっているのか

Indeedは、インターネット上に散らばっている求人情報を、一つのサイトに集約するアグリゲーション技術によって求職プロセスの効率化を実現しています。 テクノロジーを活用してより簡単に最適な仕事や人材が出会えるようにするという目標のもと、今では60を超える国でサービスを展開しながら、さらなる進化に向けた取り組みを進めています。 事業も規模も今まさに拡大しているIndeed Japanでは、変化は当たり前。 そのような環境の中では、”主体的に考えて行動する”というマインドが求められます。