私が“本気”になれる場所 ~苦手と向き合い成長した3年~


名 前:中澤 佳子
あだ名:うーちゃん
入社年:2016年4月
好きなアーティスト:L'Arc〜en〜Ciel


頑張れる場所を探していた就活時代

私は就職活動の時、地方の採用イベントでベンチャー企業を紹介してくれるエージェントに出会ったことで、ベンチャー企業を強く意識するようになりました。ですが、実際オフィスに行くと、どの企業もエネルギッシュでキラキラしていて、押せ押せ!みたいな雰囲気が前面に出ていて「ついていけない」という不安を感じるようになりました。

ただ、それまでの自分は「頑張る」という事ができていなくて、コンプレックスを持っていました。なので「社会人になったら今までよりちょっと頑張りたい」という気持ちがあったので、あえてベンチャー企業で検討を進めていました。

そんな中、イノベーションの人事担当は私がどうなりたいのかを考えてくれて、こういう点では○○の会社が良い、こういう点では難しいよ、と私の立場になって考えてくれ、応援してくれている感覚がありました。現在のバリューにもあるように、「頑張るひとがかっこいい」を後押しするような企業文化が当時からあったんだと思います。

その後の内定者との研修も雰囲気がよく、そこで接する社員の雰囲気も自分に合っていると感じたためイノベーションに決めました。


既存・新規どちらも経験して営業を通じて「寄りそう」ことを覚えた

入社後、マーケティングオートメーションの事業部でインサイドセールス、フィールドセールスを経験し、2年目からメディアの事業部に異動になりました。事業戦略の上で新規営業も経験はしましたが、ベースはずっと既存営業です。ここでも、コンプレックス克服のためにあえて苦手意識のあるセールスという職種を選びました。

既存営業に求められることは、いかにクライアントに寄り添うことが出来るかです。
例えば、クライアントが「自社メディアに製品を掲載する」ということより、「マーケティング施策の一つとして、メディアをどう活用するか」、あるいは、メディアに限らずどういった施策(手法)で営業・マーケティング活動を行って行くべきかを一緒に考えます。クライアントの課題と、自社で提供できるサービスの価値をお互いに握り合いながら、ゴールをどう設定するのか、どうやって向かうかを提案する面白さがあります。担当者の目標だけでなく、その企業の目標を一緒に達成するためにはどうするか、伴走します。

そのため、ご提案に対してお断りされるケースもあります。そんな時にも売りたいサービスをごり押しするのではなく、他の角度からの提案(時には他社のサービスなども含む、サービスや手法、ツールなどのご紹介)でゴールを一緒に模索することが必要となります。

また、私は自社の持つサービスはタイミングや状況が合えば必ずお客様の役に立てると考えています。こんな自社サービスへの自信・愛もセールスをする上では大切ですね。



一つ一つを積み重ねて 誠実であること

セールスの仕事の面白さであり、難しい点は、正解がないところです。
テレアポも商談も、そのあとのクロージングやフォローも、結局は人と人とのやり取りなので、お客様と信頼関係をどう築くかが重要です。

信頼関係がないと担当者は心を開いてくれません。そうなると課題を聞き出すことは出来ないですし、悩みの本質を聞くことが出来ません。信頼を積み上げていくのは難しくもあり、面白い部分でもあります。

私は、信頼関係を築くのに特別な事をする必要はないと思っています。例えば、メールは24時間以内に返信するとか、商談後の御礼メールは1時間以内にするとか。そういった日常的な些細なことの積み重ねから生まれるものだと思っています。

私がセールスという仕事をするうえで大切にしているモットーは「誠実である」ことです。
クライアントを軸に考える、誠実な営業ありたいです。もちろん利益あっての会社なので、自分の目標達成やサービスの売り上げを意識してしまい、数字しか見えなくなりそうなときもあります。そんな時に、グループマネージャーやチームリーダーに相談すると、必ず「それってお客様のためになってるんだっけ?」という言葉が返ってきます。

その言葉を受けて、私は自分の大切にしたいと思っているところに立ち戻ることができ、自分の軸を再認識することができます。


そしてVPの受賞へ

2019年2QでVP賞を受賞できたことはすごく嬉しかったです。

私は学生時代、何事にも本気になれなかった自分を変えたくて本気になれる場所を選びました。そして、せっかく頑張るなら自分を追い込もうと、苦手意識のある営業という職種にしたんです。

人ってなかなか簡単には変われません。「もっとできる」と、周りから期待され、自分も自覚はあるものの、まだどこか本気になれていない自分がずっといて。「本気にさえなれば、いつでも目標達成できるし。」という逃げ道を作ったまま、ここまで来たのも事実です。100%の力を投入せずに本当にこのままでいいのか?と思いながら、本気になれない自分と向き合うことをずっと避けてきました。

ですが、今年4月に上司・チームメンバーとの面談で、全く本気で頑張れていない自分を見つめ直す機会がありました。その面談では、私がどうなりたいのか、仕事でどうしていきたいのか、一緒に寄り添い考えてくれて、これまで逃げてきた自分と向き合うきっかけをくれました。成長させてくれたことに本当に感謝しています。

このような賞は、受賞して終わりではなく、今後もずっと同じクオリティ、そしてそれ以上の成果を出し続けることができて、初めて本当の意味での受賞だと思うんです。上司から「もっとできる!」と期待をしていただいている分、自分と向き合い、期待に応えることができるよう成長していきたいと思います。そして、ただのセールス担当ではなく、これからも自分にしかできない価値を提供することで、クライアントを支援するパートナーでありたいと思います。


成長を見守ってくれる家族のような会社

イノベーションは一言で表すと、「人が温かい」。
就活時の印象と3年勤めた今の印象は変わらないです。イノベーションの社員は、相互理解と他者支援の思いが強いです。人によって好き嫌いが分かれると思うのですが、社員同士の仲が良く、お互いを理解する姿勢が強い。そして悩んでいる人がいたら手を差し伸べずにはいられない、そんな人たちです。私にとって、それはとても有難く、自分のことを見てくれる人がいる場所なんだと、とても安心します。これまで、多くの社員に支えられてきた分、今度は自分がこの温かい雰囲気を作る存在になりたいと思います。

株式会社イノベーション's job postings
26 Likes
26 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more