【プレスリリース】
JELLYFISH、奥多摩町の『旧古里中学校校舎等活用事業』における事業者に決定 ~人と産業の活気あふれる新たな町づくりの構想が奥多摩町の将来展望に合致~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本、ベトナム、フィリピン、インドネシアの 4ヶ国で教育事業、留学事業、人材紹介事業を展開する株式会社JELLYFISH (本社:東京都品川区、代表取締役:田中 翔)は、文部科学省の『~未来につなごう~「みんなの廃校」プロジェクト』で東京都西多摩郡奥多摩町(河村 文夫町長)が募集した『旧古里中学校校舎等活用事業』における事業者として2016年7月採用されました。
決定を受け、奥多摩に外国人留学生のための日本語学校を2017年10月に開校することを計画しています。同社は海外現地法人と連携のうえ、国内外での日本語学校運営ノウハウを活かし、かつ奥多摩の地ならではの魅力を活かすプロジェクトとして、長期的な地方創生を町と共に推進してまいります。
JELLYFISHグループは、"Expand your horizons"(日本語で「視野を広げる」)を理念として掲げています。この理念の目指すところである、「世界中の "人" に対して教育や仕事を通して自己実現をするための機会を創出すること」が叶う最高の事業として、本取り組みを長期的事業計画と目しています。奥多摩日本語学校計画は、歴史に磨かれた文化の薫り高い奥多摩の地が抱える、現代社会ならではの人口減少問題や他課題に対して、町の魅力を活かしながら新たな視野を導入することで活性を促していくものです。
【奥多摩町による旧古里中学校校舎等活用事業について】
2015年3月に閉校となった旧古里中学校の土地と建物の活用事業を実施する事業者を募集。事業期間は10年以上とし、全域が秩父多摩甲斐国立公園に指定されている自然公園地域でもある土地、建物が地域の教育、文化、生活の中核的な役割を担う公共施設であったことを踏まえ、地域の活性化と振興、発展に貢献できる事業を求めたもの。
==========================================
留学生・学校関係者およびIT企業関係者の定住による若年人口の増加
雇用創出や国際交流事業による地域コミュニティの活性化を担う
==========================================
【今後のスケジュール】
2016年6月~:契約締結・設備、施設工事準備等
同年10月~:IT開発拠点内装工事着手、関係各省との連絡、寮の内装工事
2017年1月~:教員、社宅借り上げ、IT開発スタート
同年3月~:ビザ申請研修、第一期学生面接・入学試験、留学生ビザ甲府・入国準備
同年10月:開校予定
【旧古里中学校について】
奥多摩町立古里中学校は、奥多摩町立の公立中学校で2015年4月から奥多摩町立氷川中学校と奥多摩町立古里中学校が合併し、奥多摩町立奥多摩中学校が新設されたことから、2015年3月末をもって廃校となりました。
(旧古里中学校 概要)
名称 : 奥多摩町立古里中学校
設置者 : 奥多摩町
所在地 : 〒198-0102 東京都西多摩郡奥多摩町川井594
設立年月日 : 1947年4月1日
閉校年月日 : 2015年3月31日
■奥多摩町 概要
町名 : 東京都西多摩郡奥多摩町
役場所在地:東京都西多摩郡奥多摩町氷川215-6
人口: 5,343人(平成28年6月1日現在)
面積: 225.53km2
町HP : http://www.town.okutama.tokyo.jp/

Page top icon