1
/
5

【未経験入社の中途社員が選ぶ】JHSのイケてるポイント3選

こんにちは!
ジョインハンズスポーツ(以下JHS)の早矢仕(はやし)でございます。

突然ですが、今回は私が思う「JHSのイケてるポイント」を紹介することになりました。

Wantedlyのブログは社員持ち回りで更新しておりまして、
3ヶ月に1回くらい?でだいたい当番が回ってきます。

JHSでは当番制のものとして、
 ■Wantedlyブログ更新
 ■Winセッションのスイーツ買ってくる当番(経費精算可!w)
などありまして、新入社員から社長まで平等に当番がまわってきます。

(下の写真は掃除のローテーションとスイーツ当番→次回スイーツ担当は中村氏)



本音を言いますと、
まあまあ忙しいタイミングでこのブログの当番が回ってくると結構ツラいです(笑)

ただしツラいだけではなくて、
「一緒に働く仲間を増やしていこう」という部分でのワクワク感もありますし、
外に向けて自分たちのことを発信するのは、色々な面でとても有意義なことだと思っています。

「イケているポイント」は普段あまり意識していない

さてさて、
このテーマで記事を書くにあたり、
「具体的にうちのどこが魅力なのか」を色々と考えてみたのですが、意外と難しいテーマでして。

日頃忙しく働いているなかで、会社の良いところを常に意識しているかと言うとそういうわけでもないので、意外と記事を書くのに時間がかかってしまいました。

「魅力的なところ」と「イケてないところ」というのは表裏一体だったりして、 人によって感じ方が違ったり、真逆だったり、 あるいは自分自身の忙しさやタイミングによって感じ方が変化したりするものだと思います。

どのように感じていただけるか分かりませんが、
私が働いていて感じる「JHSのイケてるポイント」をランキング形式でご紹介しまーす!

★【JHSのイケてるポイント:第3位】海外研修がスバラシイ



先ほど、表裏一体などとカッコつけて言いましたが、
これに関してはほとんどの方が「イイネw」と言うと思います(笑)
いきなり現金な内容ですが、やはりこれはランクインさせざるを得ないです・・・

以前にUPしたブログにもありますが、
今年の1月に私たちはアメリカ・ロサンゼルスに「ビジネスキャンプ」に行ってきました。


真面目な話をすると、
私をはじめJHSにはスポーツ業界未経験のスタッフも多いです。

本場アメリカのスポーツエンタテイメントを肌で感じることができましたし、
リフレッシュの意味合いでも非常にいい時間が過ごせました。

現実的な話ですが、スポーツ業界・イベント業界では、
「現場続きで休めない」「勉強してる暇がない」なんてことは「あるある」です。

そんな中で、
 ▶まとまった時間で勉強できる機会
 ▶リフレッシュできる時間
を海外研修というかたちで実現しています。(もちろん休めてないぶん代休をとることはできますヨ。)

当たり前ですが海外研修に行くためには、会社にそれなりのお金がないといけないので、
海外研修の「原資」を作るためにも、みんな日々頑張っています(笑)

★【JHSのイケてるポイント:第2位】未経験でも関係ない


これには2つの意味があります。

1つ目は、前述したようにJHSは未経験で入社したスタッフもいます。
むしろ未経験のスタッフのほうが多いですし、私自身も未経験で入社しました。

しかしながら、1年前に未経験で入社したスタッフが「アシスタント→ディレクター」へとステップアップしていたり、クライアントを複数担当するようになったりと、常に成長をしています。

先輩スタッフと一緒になって現場を経験していく中で一歩ずつ成長していますし、
クライアントやパートナーさんとのやりとりを通じて勉強させていただくこと、成長させていただくことも非常に多いです。「自分次第で成長できる環境がある」と思います。

2つ目は、クライアントからしてみると「未経験」は関係ないということです。

「そんなの当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、
私たちの仕事でやや特殊なのは「クライアントのクライアント」とやり取りをするケースが多々あるということです。 

簡単に図にするとこんなかんじです。(伝わらなかったらごめんなさい。)



要するに「スポンサー企業」あるいは「ファン」から見たときに、
私たちJHSは「球団職員・クラブの職員」という見え方になる場合が多々あるということです。

私たちが無責任な仕事をしてしまえば、それは球団やクラブ、リーグの評価を落とすことになります。

チームやリーグからすれば、
JHSにスポンサー企業やお客様の対応を任せている(=お金を払って依頼している)わけで、
そこに未経験だの新卒だのは関係ありません。

シビアに聞こえるかもしれませんが、このような面を私自身は「イケている」と考えています。

それはまあツラいこともありますが(笑)、そのような緊張感のある環境で日々取り組んでいるからこそ、成長を実感できるという面もありますし、クライアント・パートナー問わず多種多様な業界の方たちと接点を持つことができます。

現段階で教育制度が整っているとは言い切れませんが、
未経験の人材、あるいは新卒であっても「私たちの会社で活躍できると確信の持てる人材」ともし出会ったならば、私たちは全力でサポートしたいと考えていますし、その仕組みを皆で作り上げていきたいと考えています。

★【JHSのイケてるポイント:第1位】いろいろなことにチャレンジできる!


いろいろと考えましたが、私にとっては今のところこれが一番です。

スポーツ業界、プロスポーツエンタテイメントを構成する要素は本当に多岐にわたります。
広告、飲食、MD(グッズ)、演出、デザイン、Web・・・・挙げだしたらキリがありません。

ポジティブに「刺激的!」といえばそうですし、
「なんか考えることありすぎてワケわからん・・」となってしまうことも正直あります。

好きなことだけやっていられるわけではないので、
「自分には不向きだな・・」「苦手だなー・・」と思うことに、立ち向かわなければならないシーンも多々あります。

ただ、このような環境で日々仕事をしていると、
なんとなく全体感が見えてきて色々なことが考えられるようになったり、
自分が「おもしろいなー」「楽しいなー」と思えるジャンルのことに出会えて、そこを深掘りしていったり、自分次第で色々な方向に枝葉を伸ばしていける環境だと思っています。

ちなみに私は、モノを作ったりデザインをしたりするのが好きなので、
今やっている仕事を通して、そういう部分も強みにしていきたいと考えています。
それが実現できそうな環境であることが、モチベーションになっているかもしれません。

あらゆる手段を使ってクライアントの課題を解決する

JHSにはコレといったサービス・製品があるわけでもなく、
飛び抜けた技能を持ったハイパー社員がいるわけでもありません。

1位〜3位と順位を付けてご紹介をしましたが、
私たちの根底にある強みは「あらゆる手段を使ってクライアントの課題を解決するというマインド」
にあると考えています。

「海外研修最高(笑)」的なことも序盤で書きましたが、
それも全て根底にあるのは「クライアントの為になにができるか」というマインドの現れだと感じています。

今回ご紹介したものは、あくまで私の主観なので、
他のスタッフが思うイケてるポイントも今後聞いてみたいなと思います。

まとまりが無い文章になってしまいましたが、以上「JHSのイケてるポイント」をご紹介しました。

株式会社ジョインハンズスポーツ's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings