推しの一冊!技術書ビブリオバトル

こんにちは、ぬまっちです。

誰だ?って思われた方がほとんどだと思います。
4月からエンジニアとしてJX通信社に入社したばかりなので正確には初めまして、でした。

では、改めて自己紹介を。
仙台出身のAndroidエンジニア / 開沼 達也と申します。NewsDigest開発担当として4月からジョインしました。以後よろしくお願いします。

転職前からAndroidエンジニアでしたが、4年ほど前に新聞記者のインターンを経験した事があったので、もともと報道に対しては想いがありました。報道とテクノロジーの交差点であるJX通信社の門戸を叩くのは自然な事だったのかもしれません。

今日は入社後初のエンジニアブログとして、先日社内で企画したビブリオバトルについて語りたいと思います。

ビブリオバトル、開催

ビブリオバトルって知ってますか?
平たく言うと自分の好きな本をプレゼンしあって、一番読みたくなるプレゼンした人が一等賞になるやつです。
5月末、弊社では有志エンジニアが技術書を紹介し合ってビブリオバトルを開催したので紹介させてください。

開催、ルール決めには下記サイトを参考にさせていただきました。

開催の機運

弊社では月に1度エンジニアが勉強会を主催する文化があります。
幹事は持ち回りでやっており、5月は自分に担当が回ってきました。

勉強会のテーマは基本的に自由で、LT会の時もあればもくもく会が開催される事もあります。
入社後初の勉強会幹事...ここは一発独創的なやつを企画したくなりますよね。

エンジニアはみんなバイブルを持っている

さすがにみんなは言い過ぎました。
ですが、技術者って最初は本で勉強する人が多いはず。
大体の情報はネットで探しますが、まだまだ書籍だって現役です。

で、読んでるうちに「これは、すげぇ!」って感銘を受ける瞬間があるんですよね。
そんな技術書がエンジニアにとってのバイブルになっていくんだと思います。

人に勧めたくなる心理

最近、「推し」って言葉をよく聞きます。
好きな映画やドラマ、音楽って他の人にもオススメしたくなりますよね。

推しの技術書バイブルにも同じ事が言えるんじゃないかと思うんです。
エンジニアがビブリオバトルで技術書をプレゼンする。聞いたことがないし、楽しそうだ。

技術書 × ビブリオバトル と閃いた瞬間です。

ルール

基本的に公式サイトに記載されたルールに乗っ取りました。

1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる
2.順番に一人5分間で本を紹介する
3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う
4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行う
5.最多票を集めたものを『チャンプ本』とする

ただし、本来のビブリオバトルでは資料を用意せず紹介本と口だけでプレゼンするのですが、
技術書では伝わりにくいと考えたのでレジュメやパワポの準備もOKとしました。

そして開催の日になります。
2週間前からばんばん社内で告知していったところ
自分を含めて10名のエンジニアが参加していただけました!

発表された本一覧

1.ヘルシープログラマ

2.集合知プログラミング

3.ノンデザイナーズ・デザインブック

4.Patterns of Enterprise Application Architecture

エンタープライズアプリケーションアーキテクチャパターン | 翔泳社
エンタープライズアプリケーション開発は、多くの新しい技術の出現から利益を得てきました。Javaと.NETのようなマルチレイヤをなすオブジェクト指向のプラットフォームは、今では一般的になっています。これらの新しいツールや技術は、強力なアプリケーションを構築することができます。しかし、これらの実装は容易ではありません。 オブジェクト開発を経験した技術者が、アーキテクチャを理解しないまま開発を行うために、エンタープライズアプリケーション開発では共通の失敗がしばしば生じます。本書は、エンタープライズアプリケーショ
https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798105536

5.大事なことに集中する[Deep Work]

6.超高速グラフ列挙アルゴリズム

7.データ解析のための統計モデリング入門

8.リーダブルコード

9.大きめのAndroidアプリでの設計を考えてみる

10.Electronではじめるアプリ開発

開催してみて

社内では発表会やLTでの登壇経験のある方もいらっしゃいましたが、
流石に本の紹介には慣れておらず、戸惑っていました。

それにしても紹介された技術書ですが、かなりバラエティに富んだラインナップになったと思いました。
健康的にエンジニアリングをする為の本や、アルゴリズム、統計の本。
設計の本の他に集中して没頭する為の技法に関した本など…

気軽に参加して欲しかったので、事前に紹介する技術書のエントリーとかはしませんでした。
なので1,2冊は被りもあるかな、と思っていたのですが当日蓋を開けてみれば誰も被らず。すごい。

また、プレゼンの仕方にも個性があって、トークだけで盛り上げる人もいればレジュメを準備した方もいましたが、動画をプレゼンに組み込んできた猛者まで現れました...!

超高速グラフ列挙アルゴリズムのプレゼンでは組み合わせ爆発の話で有名な動画が紹介された
(もちろん制限時間は守っていただきました)

結果は...!

ノンデザイナーズ・デザインブック
のプレゼンテーションが5票獲得で、見事1位に輝きました!
非デザイナー職に向けて、デザインの基本原則を解説してくれる本書のプレゼンが、エンジニアの心に突き刺さったみたいです。

プレゼンターのNさんから、優勝者コメントをいただきました。
「人に対して説明するときに、言葉がうまくまとまらなかったり、途中で本題からずれることがあって苦手意識がありましたが、今回の件で少し自信がつきました!」

弊社ではこんな面白い企画、やってます

以上、弊社で史上初のビブリオバトルを企画した話を書かせて頂きました。
勉強会は毎月開催されるので、次はどんな勉強会が開催されるのか、今から楽しみです!

こんな一風変わった企画でも乗ってくれるエンジニアがいるJX通信社、一度遊びに来てみませんか?

JX通信社では一緒に働く仲間を募集しています

Anonymous
F0cbdf3a fdf0 4a6e 9bc6 a22b42f16081?1524458527
10458875 329161530564204 1998249492209876100 n
Picture?height=40&width=40
Picture?1523336618
Picture?height=40&width=40
15 Likes
Anonymous
F0cbdf3a fdf0 4a6e 9bc6 a22b42f16081?1524458527
10458875 329161530564204 1998249492209876100 n
Picture?height=40&width=40
Picture?1523336618
Picture?height=40&width=40
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon