What we do

Kaizen Platformが提供したい価値
Kaizen Platformとは

Kaizen Platformは「UI改善をOpen化するPlatform」を通じてクラウドソーシングの未来を作っていく会社です。 UI改善には以下の4つの課題があります。 1) 開発スケジュール  発注してからリリースまでに数ヶ月かかる 2) 課題の発見  サイトのどこを改善していいかわからない 3) アイデアの枯渇  課題はわかってもアイデアが出てこない  社内だけで考えると顧客目線のアイデアになりづらい 4) 人材確保  サイト改善の担当者がいない  必要なタイミングで適切に担当者をアサインできない UI改善を世界の数千人のGrowth Hackerネットワークに接続することで解決するのが我々の"Kaizen Platform"です。 これまで企業の中に閉じていたUI改善の仕事を、Openに応募を募ることでこれまで企業が解決できなかった課題を解決します。

Why we do

多くの企業様と今まで出会うことができなかった様々な才能を結びつけるべくサービス事例なども積極的にアウトプットしています
マーケティングやネット事業の責任者、リーダーをお招きし、Kaizen Growth Drive 2016 で話をする当社CEOの須藤

〜改善活動のインフラに〜 スマートフォンが生活に浸透し、Webサイトや広告が「ユーザーが企業の情報に出会う重要な場所」に急速に変化してきています。 Webサイトや広告の改善(UI改善)は、リアルの店舗同様に、見た目や使い心地の改善活動を日々細かく積み重ねる必要があるものです。 我々はこれら一連の流れに必要なものを全て提供する「改善活動のインフラに」なりたいと考えております。 全てが自動で機械的に最適化されていくマーケティングオートメーションの未来ではなく、企業と、企業が今まで出会うことができなかった様々な才能を結びつけるインフラとして、働く人と事業の成長のためのプラットフォームを目指しています。

How we do

職種関係なくよいプロダクトをつくるために日々チームでコラボレーションしています

[ミッション] 新しい働き方と雇用の創出 [バリュー] " Kaizen Value " 「自律性」 業務領域の境界を超えることを厭わず、自ら率先して物事を推進しているか 「チームを優先する」 自分の仕事より同僚を助けることを優先する姿勢を持っているか 「質・結果へのこだわり」 人に言いたくなるような仕事が出来ているか? 胸を張れるものづくり、提案ができているか? 「オープン/透明性」 情報や、やっていることを自分だけで独占せずに、確実に人に伝えているか? 「カスタマーフォーカス」 ユーザーからの声に対して真摯に向き合い本質的解決に取り組んでいるか? 「グローバル」 グローバルなコミュニケーションをサポートしているか 私たちのミッションを体現するためには仲間が必要です。 ミッションとバリューに共感いただき、一緒に実現したいと思っていただける方を募集します!

Page top icon