夏休みは17日間!? 長期休暇の背景にあった、営業企画メンバーの狙いとは……

こんにちは。KAKEHASHI広報の高橋です。KAKEHASHIで最長の17日間休暇を取得したてんてんさんに、お話を伺いたいと思います。

KAKEHASHIにジョインしたのは昨年でしたっけ?

そうですね。2017年10月に入社したので、もう少しで1年です。薬局向けに「Musubi」の提案を行うパートナーチームの立ち上げから参加し、現在は営業の管理や効率化の業務を担当しています。

前職も医療業界だったのですか?

以前は介護業界の情報ビジネスに携わっていました。もともとITが好きで、ITをソリューションとして業界に変革を起こしたいという思いがあったので、KAKEHASHIはまさに理想の職場です!

ご自身の理想の職場で働けるなんて、ステキですね!


今回の長期休暇、取得するのにハードルはありませんでしたか?

数ヶ月前からチームに相談させてもらっていましたし、メンバーのフォローのおかげで問題なく取得できました。

実は、そもそも今回の休暇には、業務的な課題解決の狙いもありまして……。

業務的な課題解決の狙いとは?

普段の業務のなかに、自分が唯一の担当者となってしまっているものが複数あり、リスク分散や情報連携の観点からも、早急に改善しなければと考えていたんです。

そんな中で、ちょうど新たな管理システムを導入し、属人性を解消していこうという流れになりました。

そこで、このシステムがある程度機能し始めたタイミングで長期休暇をとり、私が不在の場合でも適切に業務が回るかどうか、実践的に試してみようと。

なるほど! 休暇をとることで、社内のメンバーがシステムを利用せざるを得ない状況をあえて作ったわけですね(笑)。

はい、目の前に担当者がいると甘えてしまうこともありますので(笑)。システムの使い方の説明や実際の運用検証を何度も行ったうえで、「よろしく!」と旅立ちました。

結果はいかがでした?

私の想像以上にシステム活用が進み、うまく回っていたようです! メンバーの皆さんには本当に感謝しています。

これで担当業務の一部をシステムに移管できたので、私自身は異なるポイントでまた価値を出せるよう、新たに提案しているところです。

業務内容が、休暇を経てバージョンアップしたわけですね!

そうなんです! 今回のシステム化によって、もともと描いていたIT活用のイメージに大幅に近づいたので、この勢いをさらに強めていきたいと思っています。

休暇中のお話を伺うつもりが、こんな展開になるとは……(笑)。貴重なお話を伺えて感謝です!

こちらこそ、ありがとうございました!


これからもKAKEHASHIメンバーのインタビューをお送りしますので、お楽しみに!


ファーマシストパートナー
数字ではなくファンをつくる、医療業界を変革するスタートアップ営業
◆いままでにないコンセプトのクラウド型電子薬歴「Musubi」 電子薬歴は、薬剤師が常時使用するコア業務システムです。薬剤師は、患者との会話の内容、症状の変化、副作用の有無などについて、患者ごとに記録しています。薬剤師は電子薬歴を使い、その記録を残すと同時に、過去の処方履歴を確認したり、薬の安全性のチェックなどを行います。 Musubiは従来の記録を残すだけの仕組みと異なり、薬剤師がより良い指導ができるようサポートする仕組みです。 薬剤師は患者と一緒にMusubiの画面を見ながら服薬指導を行います。その内容は自動で薬歴のドラフトとしてクラウド上に残るため、薬剤師はコミュニケーションと薬歴記入を同時に行うことができます。また、Musubiは患者の疾患・年齢・性別・アレルギー・生活習慣・検査値、さらには季節や、 過去処方や過去薬歴を参照して、ひとりひとりの患者に最適な指導内容を薬剤師に提示します。Musubiは、現場の薬剤師が目指す理想のコミュニケーションを形にする強力な支援ツールとなります。 ◆ミッションは「医療と明るい未来を繋ぐカケハシ」「医療と患者さんを繋ぐカケハシ」 現場課題を深く分析し、ウェブの技術・考え方を組み合わせることで、今までと全く異なる医療システムを提供します。イノベーティブな調剤薬局向けシステムを提供することを起点として、医療機関間の連携、医療費の増大、医療の質の不透明性などといった医療的課題の解決に向けて事業を展開していきます。 いままで参入障壁が大きくスタートアップでは入りにくかった医療の世界。その医療の課題に正面から向き合うスタートアップです。
株式会社カケハシ
株式会社カケハシ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings